する贅沢から、しない贅沢へ

2014 7/20 (日曜日)

生活即療法

糖尿病などの明らかな疾患がある場合においては治療手段として、期間を決めて厳格な糖質制限食を行う意義があるものと思われます。

同時に、特定の疾患がない場合、あるいは症状が軽微な場合、現実生活との折り合いをつけた、より実践的な食事法があってしかるべきでしょう。

人類の歴史を眺めても、これだけ食べ物にあふれた時代はなかったと言えます。

つまり圧倒的に多くの時間を飢餓状態で生き抜いてきた我々の祖先は、自然淘汰が繰り返され、食べ物が少なくても生きられる身体を持ったものが今日まで生き延びてきたということです。

漁撈採集の時代、自然界に存在する小動物、植物、種子、果実など手近な食材をその都度、必要な分だけ食べていたことでしょう。

時代がくだって平安時代になると糖尿病とおぼしき病人の所見が散見されるようになります。

肉体労働を敬遠した富裕層の出現です。

つまり、動いてから食べるという生き物としての自然的な生活を離れて発症したのが、糖尿病であり、各種生活習慣病であるとするならば、本来的には自然なあり方を取り戻すのが王道ではないでしょうか。

従って、糖質制限食は実際効果の高いものですが、食事のみでは片手落ちであって、万事解決と考えるのは早計ということです。

これからの時代を生きる人間として目指すべき理想を掲げずに、大局的な視点を失って目先の方法に走るのは本意ではないということでもあります。

有効な方法を提案しながら、あるべき将来を展望してみたのが、やすらぎの里の「低糖質バランス食」に他なりません。

食事療法となると、往々にして食事の内容ばかりに目が向きがちですが、生活の要素は食事だけではなく、運動習慣や姿勢、体の使い方、休み方、呼吸の仕方、心の状態など多岐にわたっています。

それぞれが連関しながら相補的に体質を作り上げていきます。

たとえば、食物の栄養を完全に吸収するには、内臓機能や呼吸など、こころとからだの状態が健全であることが求められます。

内臓機能は脳や脊髄の中枢神経から支配を受けますが、悪姿勢によって脊柱に歪みがあれば、神経の伝達に障害が生じることになります。

また姿勢の乱れや筋力の低下は、内臓下垂や位置異常を起こし機能低下は避けられません。

呼吸も代謝活動に欠くことはできず、心身の状態に直結する営みです。

食事療法の実践とともに、悪姿勢、不完全呼吸を是正することが求められるということです。

また消化器系は心の状態を直接的に受ける臓器でもあります。

心を整え落ち着けていく工夫も必要になるでしょう。

食事が療法という体裁をとることになると、ある一定の形式というものが便宜上提供されることになります。

ところが、人間ひとりひとりの気質や体質は異なるばかりか、置かれた環境や、生活習慣、また、同じ人でもその日によっても体調は変化します。

各人がその時に必要な栄養の量、内容というものは、一律に規定できるものではありません。

野生動物は本能に従い、自然的に調整していますが、人間は文化的な水準が向上するほどに不自然な生活様式と心身の状態になっています。

やすらぎの里が唱える「バランス」の意味は、人間であっても生き物の基本として本来備わっている感受性を取り戻すために、断食、自然食、心身の調整法、など総合的に取り組むことなのです。

断食は今までの悪習慣を断ち切り、感覚をリセットする効果があります。

自然食は自然的な成分の摂取と自然的な味覚を養うことができます。

同時に、心身のバランスを回復する各種取り組みを行い、現代生活において生じたアンバランスを回復させます。

やすらぎの里で提唱する低糖質バランス食は、食事の内容はもとより、生活全般にわたるバランスを回復することを提案しています。

それは取りも直さず、食事療法の効果を最大限に引き出す方法であり、ひいては、人生の質を大いに向上させる方法でもあるのです。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る