する贅沢から、しない贅沢へ

2006 5/24 (水曜日)

高原館での出来事

「先生、緊急の患者です」

びっくりして向かうとそこには小鳥の赤ちゃんが

おそらく「ひよどり」の赤ちゃんです。

スタッフが外で作業をしているとき偶然発見したそうです。

こんなとき、高原館ではスタッフ全員で緊急会議

飛ぶ練習をしているときに落ちたんじゃないか
右足を骨折しているんじゃない?
親と喧嘩して逃げてきた?

色々な憶測が飛び交います。

とりあえず名前はオスなら「サブ」、メスなら「ピーコ」と決まりました。

しかしながら、おかゆや水を与えても食べてくれません。

断食施設だから?
そんなのんきなことは言っていられません。

地元出身のスタッフが

「私の旦那は骨折した鹿を治したことがあるよ」
「知り合いに動物博士がいるから電話で聞いてみようか」

実に頼もしいです。

結局、スタッフの高橋さんの知り合いに詳しい方がいるということで
診てもらうことになりました。

これが東京の真ん中での出来事だったらどうでしょうか?
見てみぬふりをしていた?
考えさせられます。

伊豆の片田舎の出来事でした。

NEC_0291.JPG

サブです。
早く元気になってね。

TWITTER

“高原館での出来事” へのコメントが 2 件あります。

  1. 158号

    心がほんわかしました。
    サブくん、はやく元気になるといいですね。

  2. 高原の住人

    158号さんへ
    書き込みありがとうございます。
    つい先日は鳩が窓ガラスに激突。
    しばらく気を失ってました。
    高原館は色々なお客さんが来ます。
    ここにいると野鳥も動物も虫達までみんな友達なれますね。 

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 30,240円

  • 基本プラン

    3泊4日 45,360円

料金には、消費税(8%)、入湯税、宿泊、食事、面談、 検査、施術、岩盤浴、ヨガ、講座が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る