する贅沢から、しない贅沢へ

2006 11/27 (月曜日)

身土不二

断食後の食事はどうしたらいいですか?
よくゲストの方に質問されます。

私は簡単にこう考えます。

「身土不二(しんどふじ)」

「体と気候風土は一体である」という意味です。

つまり、地元で取れた旬のめぐみを食べましょうということ。

暑い夏はトマト、スイカ、きゅうりなど体を冷やすといわれている食べ物が多く、

寒い冬は根菜類、大根、ごぼう、里芋など体を温める食べ物が多く取れます。

その時期に採れたものが体に良いのです。

最近の研究で冬の旬に取れたほうれん草は、夏場のハウスのほうれん草に比べ
3~8倍のビタミンが含まれていることが解りました。

しかもその土地で取れたもの。

日本人は日本で取れたものを食べなければいけません。

今年の野菜は暖冬の影響で育ちが良すぎて白菜、大根などは処分させられています。

かたや海外では食料困難で困っている子供たちが沢山いる。

食物自給率の下がっている国がよその国の食物を荒らし、自分の国の野菜は廃棄処分。

非常に酷い状況です。

何とかならないのでしょうか。

野菜を作るようになって農家の大変さを身にしみています。

日本人は日本の物を食べる。

この当たり前のことが人を健康に、そして世界中を豊かにします。

みなさん頑張って自分のため、農家の方々のため、世界のために
野菜を食べようではありませんか。


NEC_0157.JPG

木の上にリスがいました。
木の実の生るこの時期はリス達は嬉しそうですね。

TWITTER

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る