する贅沢から、しない贅沢へ

2020 4/28 (火曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑬」


(インナーはユ〇クロのメンズカシミヤセーターXSサイズを着ています。
ヒートテックより断然暖かいし、一度買えば2、3年着られます。)

こんにちは、高原館のくさむらです。

前回は「洋服の質を高めてみる」というお話でした。
今回は「洋服の質を高めたら幸福度が上がった」というお話です。

カットソー以外に、デニムやコートも、
今まで着ていたものより質の良いものへ変えていきました。

コートなどアウター類は、丈夫で長く使えるものだと、安くはありません。
でも、バスクシャツの経験から、初期投資が大きくても、
長く着られるものなら、高い買い物にはならないことがわかっていました。
冠婚葬祭にも使えて、普段も着られそうな黒いコート。
それまで着ていたコートは、とりあえずこれでいいか、
という気持ちで適当に買った2、3万円のものでした。
買い換えたコートは、少しグレードアップさせて、
7万円程度のものを買ったと思います。
わたしは高級ブランド品にあまり興味がないので、
その場合には、これくらいの値段で、
作りのしっかりしたコートが買えると思います。

持っている洋服の質を上げると、
毎日服を着るたび、気持ちいいなぁ〜、と感じるようになりました。
厳選した中から更に厳選した洋服なので、毎日見ているのに毎回、
やっぱいいなぁ〜、と思えます。
洋服選びは楽だし、毎日好きな洋服を着られるし、
丈夫なので傷みもあまり気にしなくていいし。

洋服の質を上げたことによって、
毎日の「気分」まで変わって来ました。
日々最高のお気に入りを着ると、幸福度が上がることを感じました。

いいことばかりで、やっと洋服断捨離は終わり…、と思いきや。
わたしとしては、ここからが本当の戦いでした。
戦いとは言っても、それは大変楽しい戦いのはじまりでした。

この時期に、人間と欲は切り離せないのだなぁ、
ということも改めて感じました。
もっと欲しい!は、わかりやすい欲ですが、
わたしのようにもっと減らしたい!というのも同じ欲です。
それに気付いたわたしは、
「このまま減らし続けていいのかな?」と不安になりました。
でもこのチャレンジが楽しく感じていたので、
自分が満足するまでやってみよう、と決めました。

わたしの生活を話すとよく、
「執着がないんですね」「欲がないんですね」と言われます。
いえいえ、欲の塊です。
もっと軽やかになりたい!という欲です。
でもわたしのこの欲が、これから片付けをし始める方々の参考になり得る。
そんなことがわかってきたので、それならこの欲も悪くはないか、
と今は諦めています。
わたしはもの減らし変態なので、
参考になりそうなところだけうまく使っていただければ幸いです。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る