する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2006 11/2 (木曜日)

メタボリック同好会

先週のゲストは約半数が男性。

こんな週はなかなかありません。
普段は男性は2割くらいでしょうか。

本館のリピーターの方が友人を誘って来られたためです。

高原館では入所時に男性のウエストを計測しているのですが
全員が85cm以上。

まさにメタボリックな一週間でした。

他のゲストの方が「メタボリック同好会の方達ですか?」
と真剣に質問をしていたのには私も笑えました。

中には「お酒を抜くためにきた」
こんな方もいました。

そうですよね。
私も東京に住んでいるときは付き合いで美味しくないお酒をよく飲んでいました。

そんな方々の一週間の休肝日
体にとっても貴重な一週間になるはずです。

断食明けは少量のアルコールで酔ってしまいます。
それが体には適量なんです。

とはいえ、わかっちゃいるけど・・・・・
というのが人間。

付き合いとなればもっと断れません。

これから年末にかけて、不摂生な日々を過ごす方も多いでしょう。

そんな方のメンテナンスとして利用してもらうのも
高原館の活用方法一つなのかなと思いました。


NEC_0004.JPG

家でも頑張っているよーとゲストの方からの手紙
私たちも励みになります。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2006 10/31 (火曜日)

上を向いて・・・・・

普段何げなく通っている道路、

ふと空を見上げると広大な山の景色が

「そうだ、自然の素晴らしい場所で働いたんだ」

こう思いました。

仕事がだんだん忙しくなると周りを見る余裕がなくなってきます。

皆にはやすらぎ、やすらぎといっていて
自分は目の前の道路しか見ていませんでした。

お恥ずかしい。

何かにつまずいた時、行き詰ったときは
視点を変えるといいといいます。

考え方、心の視点ではなく実際の自分の視点を変えてみましょう。

さあ、朝早く会社にいって机の上に立ってみてください。

同じ景色でも別の所にいるような感じがしてくるはずです。

足を大きく開いて、股から顔を出してください。

異次元の世界が出てきます。

人間は時として客観的に自分をみるという動作が必要ではないでしょうか。

頑張れば頑張るほど視野が狭くなってきてしまいます。

頑張りすぎた時、上を向いてみましょう。

自分を見つめなおすこんな作業をしてみてはいかがですか。

雄大な山のように、澄み切った青空のように、広大な大海のように・・・・・

こんな心を常に持ちたいですね。


NEC_0567.JPG

二週間前に植えたにんにくがすくすく育っています。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る