する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2006 7/1 (土曜日)

伊豆の暮らし

これ何だかわかりますか?

NEC_0338.JPG

グミです。

グミって聞くとお菓子の「グミ」しか
思い浮かばない人もいるのではないでしょうか。

この深緑の時期は果実も沢山なるんですよ。
他には山ももやら枇杷やら。

採れた山ももはムースやゼリーにして
ゲストの方にお出ししています。

道端になっているものをそのままもいで食べたりもします。

野性の動物になったように。

小さい頃、人の家のザクロを食べて親に怒られたのを思い出しますね。

懐かしいですな。
自然の果実の収穫。

自然たっぷりの伊豆ならではの楽しみ方です。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2006 6/30 (金曜日)

おやじ

おやじが帰ってきた。
おやじといっても僕の親父ではなくて大沢先生のお父さんです。

高原館の立ち上げの工事の時から何度もお会いしていて

同じ釜の飯を食べたり、一緒に工事をしたり、
時には相談にのってくれたり

息子のようにしてくれます。

そんなお父さんが今回は高原館が一週間休館なので
建物の修理をしに来てくれました。

以前、ブログにも紹介した通りお父さんは大工です。

頼まれごとには嫌な顔をせず、

早寝早起きで黙々と仕事をして、

夕方には美味しいビールを飲んで寝る。

その姿が凄くかっこいいんです。

私の尊敬する人の一人。

私も将来はこのような人になりたいですね。

おやじ、ありがとう。
後は、我々スタッフが頑張ります。

NEC_0379.JPG

ホールから見えるテラスと中庭です。
ここにいると涼しい風と小鳥の鳴き声が体を癒してくれます。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2006 6/27 (火曜日)

連休

久々に連休を頂いたのでカミさんの田舎の愛媛に行きました。
松山から車で四時間、宇和島の先の愛南町というところ。
小さな漁村です。

はっきりいって何もない。
でもまた何もないのがいいんですよね。

家に着くなりすごいおもてなし
初めて目にする四国の名物さわち料理です。

新鮮な貝、刺身からフルーツ、タルトまで
直径60~70cmある大きなお皿に山盛り、てんこ盛り。

大人7人いましたが、食べきれませんでした。
食べきれないくらいのおもてなしをするのが礼儀だそうです。

翌日はみかん畑に行ってみかんの収穫をしたり、川で海老を取ったり。

道で会う人は皆、挨拶をしてくれます。

ドアにも車にも鍵はかけません。

帰りには土産を持ってけ、持ってけと手に持ちきれないほど。

人情溢れる田舎ならではの旅行でした。

放火、生き埋め、最近は嫌なニュースの多いですが、
人も捨てたもんじゃないなぁと感じました。

NEC_0366.JPG

これがさわち料理です。
下にもたくさん詰まっているんですよ。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る