する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2007 8/11 (土曜日)

夕凪の街、桜の国

こんにちは磯崎です。

8月6日は幼少の頃、広島で育った私にとって特別な一日です。

遠足で行った平和記念資料館の展示物を見たときの衝撃は、
いまでも忘れることができません。

今回は最近読んだ本の中でおススメの一冊を紹介します。

『夕凪の街、桜の国』(こうの史代著)というマンガです。

映画化され公開されているところもあるので、
知ってる人が多いかも知れません。

3部構成になっていて、

第1部夕凪の街は、

昭和30年、原爆が落とされて10年後の広島が舞台です。

主人公平野皆実は、昭和20年8月6日「水をください、助けてください」

という悲鳴を聞きながらも、その人たちを救えなかったことに罪悪感を持ち、

自分だけ生きていていいのか、人生を楽しんで良いのかと考えています。

恋心をいだく同僚に告白されても、そのことで最初は拒みますが

「生きとってくれてありがとうな」の言葉で心が開かれ、

生きている幸せを再び感じます。

その後は…。

手元にハンカチかティッシュを用意して、読んでみてください

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る