する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2008 11/15 (土曜日)

嬉しいいただきもの

なおです。

7月に3泊で滞在されたTさんから
さつま芋をどっさりいただきました。

Tさんは、ご主人と一緒に畑を借りて
肥料も農薬も使わずにお野菜を作っているそうです。

大小さまざま 形もいろいろ。

自然の中で どんなにのびのびと育ったのだろう。

個性のある 一つひとつの姿。

育つとは 本来こういうことなんだろうな。

これで いいんだろうな。

自然も人も みーんなそのまんまで十分。

先日の月曜日は
お掃除とメンテナンススタッフの青木さんのお誕生日!
ということで いただいたお芋でマフィンを焼いてみました。
マフィン2 

青木さんおめでとう☆

お芋の甘さが活きた 自然のやさしい味になりました。

自然の恵みと Tさんのやさしさ お心遣いに感謝です。

Tさん 本当にありがとうございました。

また畑のお話聞かせてくださいね!

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2008 11/14 (金曜日)

いいとわるい

こんばんは。わだです。

最近、「じぶんの長所と短所言える?」
と聞かれました。

言えませんでした・・・

短所は浮かぶんです。いくらでも。
でも、長所がなかなか・・・。

で、人に聞いたのです。
そうしたら
「長所と短所は紙一重だ」と。

なるほどな~と思いました。

私の長所は好奇心旺盛なところで
短所はあきっぽいところ。
長所もうひとつは素直なところで
短所はすぐ顔に出すぎるところ。

行動力はあるのですが、
行き当たりばったりなので計画性がない。
まるで子供ですね。あはは。

これから就職活動なさる方、どうやら自己分析って
そういうことを考えるよい機会らしいですよ。
就職の先にある、ご自身の人生を見据えて
よりよいご決断をなさってください。

MA320069.jpg

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2008 11/11 (火曜日)

パン作り

なおです。

先日作ったレーズン酵母で パン作りに挑戦です。

本館スタッフのしのちゃんに教わって
今回はベーグルを作ってみました。

発酵した生地を丸めて
真ん中に穴を開けて くるくる。

なんだかとっても楽しい工程。

両面茹でて
オーブントースターで焦げ目をつけました。

レーズン酵母の発酵が足りなかったせいか
とても噛み応えのある 頑丈なパンが焼きあがりました。
みんなの歯が無事だったか ちょっと心配です(笑)。
べーぐる1

でもやっぱり 自分で手をかけたものは美味しく感じますね。
しのちゃん、和田さんいろんなアドバイスをありがとう。

天然酵母って 
今までとても敷居の高い存在でした。
自分にはハードルが高いかなと。
だから気になっていても なかなか出来ずにいました。

でもやってみると 意外と簡単。
しかも楽しかった~♪

パン作りに限らず いろんなこと
自分が考えている程 難しくないのかもしれません。

ふと思ったら
とりあえずやってみたら
意外な結果が待っているのかもしれない。
そう思います。

いろんなことに 挑戦してみよう☆
まずは レーズン酵母作りに再チャレンジです!

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2008 11/10 (月曜日)

味覚と食育

こはりです。

日本には世界に誇る食文化があります。
それはおいしさだけにとどまらず健康面、美意識をも含み込むものです。

今や世界の共通語となった「UMAMI」
昆布からグルタミン酸を発見した東京帝国大学教授の池田菊苗博士によって命名されたものです。

日本では古くから経験的、文化的に認められてきた「うま味」ですが、欧米にはない概念であったため4基本味「塩味、苦味、酸味、甘味」から構成された複合的な味質であるとみなされてきました。

ところが鰹節からイノシン酸、しいたけからグアニル酸、貝類からコハク酸などのうま味成分が日本人によって次々に発見されると、基本味の一員として世界的に認知されるようになりました。

そのうま味は素材の味を引き出すという繊細な日本の食文化を端的に表すキーワードでもあります。

過度な調味料、化学的な添加物でごまかされた食品が氾濫している現代において、味覚が狂ってしまうのも無理からぬことかもしれません。

だからこそ断食でリセットされた味覚で、自然に由来した伝統的なうま味を見きわめることは、今後の食生活を改善する上でも有意義であると考えます。

最近の生理学では味質における生物学的意義が注目されています。
糖が引き起こす甘味には生きていくために必要なエネルギーを得ることができる食物であることを知らせる性質があるように、グルタミン酸やイノシン酸などが引き起こすうま味には体を作るために必要なアミノ酸や核酸がその食品に含まれていることを知らせる性質があるとのことです。

おいしいもの=体に良いもの、という本来のあり方に立ち返っていくことで、食はさらに魅力を増していくことでしょう。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る