する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2009 9/28 (月曜日)

豊葦原の千五百秋の瑞穂の国

こんにちは、こはりです。

先日ゲストのみなさんとドライブに行きました。

近くにある山神社の周辺はのどかな田園風景が広がります。

黄金色に輝く稲穂。

「やっぱり日本はお米の国だな~」

090927_1439~002.jpg

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2009 9/23 (水曜日)

病気が治るとき

こんにちは、こはりです。
今日は健康と病気のお話。

ヨギ沖正弘は『病気を治すという消極的な考え方を脱し、健康をつくるという積極的な考え方に立って生活することが治病法の原理、原則といえるのではないだろうか。こうした理由によって、私は人間には健康法があれば十分、治病法はいらないとさえ考えているのである。』と言っている。

ヨガでは奇異とも思えるポーズをとることがある。

そこには病気を治そうという、患部をかばいだてしたり、またはやみくもに排除したりする消極的な発想はなく、心や体の無理や無駄を発見し、偏りなく存分に使いきろうとするきわめて積極的な考えがある。

健康の大前提ともいえる安らかな眠りが得られ、また新鮮な朝が迎えられるのも、呼吸、食事、排泄、睡眠、エネルギー消費、力学的ひずみ、精神、に無理や無駄がないときなのだろう。

また沖は『「健康」と「自然」とは同義語であって、文化生活の中にいかにして自然な状態をつくりだすかの工夫が健康法である。』と言っている。

無理や無駄が強いられる現代生活において、ほったらかしはむしろ不自然を助長することになるため、ある程度の意図的な働きかけが心身に必要になる。

その具体的な方策が、肉体的なアーサナであり、精神的な瞑想となるのだろう。

そして次第にそれが不可分であることに気がついてくる。

心身はそれぞれが影響し合っていて分かつことができない。

食事だけに偏っても、運動だけに偏っても、それは片手落ち。

肉体も精神も含めた生活全般が文字通り「生を活かす」方向に舵を切ったとき、おのずと宿痾の治癒が訪れるのだろう。

それは言わずもがな、治病に汲々とする小我な生き方ではなく、自然すなわち調和と共生のうちに今を生ききった延長線上にあるのではないだろうか。

病気が治ることよりも大切なこと、それに気がついたとき、神さまはご褒美をくれるのかもしれない。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2009 9/8 (火曜日)

プチ断食とヨガ・瞑想リトリート

こんにちは、こはりです。

高原館のある大室高原は朝晩だいぶ涼しくなってきました。

朝早く起きて行う瞑想は格別です。

呼吸法で肺の中の空気を全部入れ替えてから、静かに座ります。

肌に触れる清澄な風。

からだの境界がなくなって自然に抱かれているような安心感があります。

瞑想を終えてあお向けに寝ころぶ。

青い空に浮かぶ白い雲。

時間がゆっくりと流れていきます。

さて、高原館でも「プチ断食とヨガ・瞑想リトリート」を行うことになりました。

大上段から何かを教えるというスタンスではなく、ゲストの皆さんと大好きなヨガを通して一緒に気持ちよく過ごせたらいいなと思っています。

今回はプチ断食ですので、心身を浄化する玄米菜食や、特別メニューのベジカレーをいただきながら、より生活になじんだヨガを楽しめたらと思います。

「良いものは完全に吸収し、悪いものはすべて出し切る」そんないきいきとした身体を作るのがヨガでもあります。

食事を含めた生活全般をヨガ的、総合的に見つめなおす機会にできればいいですね。

ごいっしょにいかがですか?

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る