する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2010 5/16 (日曜日)

「生を全うする」ということ

こんにちは、こはりです。
 
病気になってはじめて自分の身体があったことに気づく。

健康であると見失いがちな、この我が身のありがたさ。

つつがなく過ぎていく日々のなんと尊いことか。

症状に一喜一憂させられることが多い。

悪化と思われる経過をたどると、この身体が何者かに侵略されていくような不気味さと恐怖感にさいなまれる。

いつまで続くのだろう?
どこまでひどくなるのだろう?

こうしたネガティブな感情は心身相関の観点から言っても、免疫学的な見地から言っても、有益でないことは最近とみに示唆されている。

理屈ではわかっていても、いざ自分の身に起きたとき、理性的でいられる人はどのくらいいるだろうか。

症状=悪

不快と自覚されるものに対しては当然の反応といえよう。

この自縄自縛の呪縛から解き放たれんとして、掲げられた先人の言葉がある。

「症状即療法」

生命の営みに対して全幅の信頼を置かなければ発せられない言葉だ。

そこに希望はあっても絶望はない。

そもそも生命というものは「生きるエネルギー」そのものといってもいいのではないだろうか。

最後の一滴の枯渇するまで、それは「生き延びようとする力」である。

自殺は人間の所業であって生命の意思ではない。

細胞レベルでのアポトーシスも、より良い生を前提として行われるものだ。

症状によって端的に表される生命のゆらぎ。

それはより良い生のために企図される自然的にして建設的な営みではないだろうかと。

物質至上主義に堕せば、それはニヒリズム以外の何物でもないかもしれない。

しかし、人間には気高い精神がある。

まったく波風の立たない水面に躍動感を見出せないように、そこに生の喜びを感得できるだろうか。

寄せては返す波のリズムがあってこそ生命のダイナミズムを、そしてドラスティックな人生の醍醐味を味わうことができるのではないか。

一度きりの人生、不安、恐怖、悲壮感のうちに生きるか、喜び、希望、充実感のうちに生きるか。

主役は他でもない自分自身である。

見る者を飽きさせる平板なドラマより、拍手喝采の感動巨編を演じきりたい。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2010 5/10 (月曜日)

逆転の発想

こんにちは、こはりです。

ヨガでもっとも格式の高いとされるポーズとして、逆立ち(シルシアーサナ)があります。

インドのガンジーやネルー首相も愛好していたそうです。

地球には重力があるため、老廃物は下半身に溜まり、力なく弱った内臓は下に垂れ下がっていきます。

内臓下垂は特に最下部の骨盤内の臓器を圧迫しうっ血させます。

子宮や卵巣です。

よって婦人科系の失調は内臓下垂と不可分のように思います。

内臓が正常な位置を保つ力を失う素因があります。

糖反射と呼ばれるものです。

砂糖を摂取すると、その数十秒後に胃腸の働きがぴたっと止まってしまう現象のことです。

砂糖が細胞を緩慢にさせ、ゆるみ、たるませる証左といえましょう。

続けて水分を摂取すれば、ゆるんだ胃をさらにたるませる原因になります。

ケーキを食べながらコーヒーを飲む、あまりにもあたりまえの光景ですが、内臓の観点に立てば、いかに不自然な状況を強いられていたかと思い至るのです。

そうした慢性的な食習慣から内臓下垂を呈する人が多くなっているでしょう。

食生活の是正に加え、腰腹力の強化、そして内臓体操ともいえる逆立ちを加えることで万全の内臓下垂対策になるのではないでしょうか。

また逆立ちは脳の血行を促進し神経調整、疲労回復の効果が期待されます。

頭痛、不眠症、消化不良、喘息、肝、脾、腎の疾患、目耳鼻の障害、生殖器異常、神経興奮、肩こり、腹痛、腰痛などに悩む方は実践してみるといいかもしれません。

しかし、やろうと思ってもすぐにできない、熟練を要するのが「ポーズの王様」たるゆえんです。
高度な身体操作を必要とされるため、ある程度の身体の柔軟性と事前のウォーミングアップが必要になります。
また先を急がず少しずつ練習を積み重ねていくことで、不意の転倒を防止できるでしょう。

まずは壁を背に安全な状況で、恐怖心を取り除いていくことからはじめるといいと思います。

ヨガには積極的に身体を開発し、自分の秘められた可能性に気づいていく意義もあります。

ある程度の負荷を自分に与え、それを乗り越えていく適応性を身に着けていくことは、生活万般におけるストレスマネジメントにもつながってくるわけです。

外側からのストレスに対し、いかにそれを解釈し、受容するか。

ヨガによって培われる高度な適応性は、悪しきストレスを悪しきストレスと受け取らず、ゆったりとした呼吸のまま平静な心境で全肯定全活用していくことです。

ヨガをいたずらに苦行とせず、常に日常生活にフィードバックできる方法論として、単なる健康法を超えて実践し続けていきたいものです。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る