する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2010 11/30 (火曜日)

症状即療法

こんにちは、こはりです。

ホリスティック医学の台頭は、現在の諸相が「こうすれば、こうなる」という単純で部分的な発想では立ち行かなくなってきたことを意味しているように思います。

人は心身に不調を感じたり、病気になったりすると、これを治したいと様々な養生法や治療法を求めます。

「あの薬を飲んで病気が治った」
「あの治療法を受けて健康になった」

実際に症状が消失することもあるでしょう。

一方で、「あの人には効果があったが、この人には効かない」「一時的に改善したが、また再発した」など根本的な改善がみられず、あらゆる治療法や治療家を求めてさまよい歩くこともあるでしょう。

しかし、仮にも“ホリスティック”な方法であるならば、「こうすればこうなる」という単純な図式化は、患者にとってのみならず施術者にとっても労して功なしといった結果に終わりかねないでしょう。

ひとつの治療法にとらわれたり、特定の治療家に盲目的に依存することは、真の健康を遠ざけるもの以外の何ものでもないからです。

現代医学の補完、代替を標榜し、担いうる方法には、ホリスティックな、つまり全体的、有機的、相補的な観点で理解することを大切にする姿勢がなくてはならないでしょう。

こころ、からだ、霊性、運動、食事、環境、時間、季節、遺伝など、
意識化される、またはされない様々な要素が複雑に絡み合って存在し影響を与えているとするならば、これからの時代は「生活の中で総合的にバランスをとっていくあり方」換言すれば「生命が輝く生き方」が模索されます。

結局のところ東洋哲学においても、効果や結果を期待して行うことが、必ずしも生命を力づけ、今を輝かせるものにはならないと教えているのではないでしょうか。

「ただひたすらに」「無心に」没入したとき、いつの間にか結果が達成されているという境地に、東洋哲学が到達した極意があるように思います。

治病法や健康法においても同じことが言えるでしょう。

東洋医学には「症状即療法」という考え方があります。

症状は体が治そうとする働きそのものだということです。

例えば発熱。

外部から侵入してきたウイルスや細菌に対抗するため、免疫機構や体内酵素が十全に発揮できる体温に高めていくのです。

痛みや腫れも、患部に血液が集まってくる反応であって、細胞に修復成分や新鮮な酸素を供給する必要から行われる自然な働きといえます。

以上、西洋医学的にも納得のいく説明のつく、そうした反応は、体が持つ自然治癒力をさらに後押しし力づける働きです。

ゆえに、体に表れた症状を敵対視し、それを排除しようと努めるのは、かえって治癒を遅らせ、場合によっては不可逆的なダメージを負いかねないのは容易に理解されることでしょう。

「症状即療法」の真意が分かれば、その症状を助ける工夫を、不断に行われる生活の中でしていくことが、最も効率的で本質的であるということに気づかれるでしょう。

さらに病を学びとして、それを契機に心身の進化向上に結びつけたならば、より高次の「症状即療法」が達成されることになります。

そのためにも、病を自分の問題として受け止め、いたずらに他物に頼ることをやめることです。

西洋医学でも認めるように、治すのは自然治癒力であって、自分の力以外の何物でもないのですから、責任主体を自分に設定し、生活していくことが第一義になるでしょう。

先日、肩こりがひどく、頭痛や倦怠感もあるという方の身体に触れる機会がありました。

責任ある職に就く、働き盛りの人です。

おっしゃる通り、首肩の緊張は強く、背中の上部は亀のように盛り上がっていました。

それは肉体労働による単純な筋肉疲労といった類ではなく、神経的な緊張を表しているように思えました。

こった部分をいくらもみほぐしたところで、一時的に爽快感があっても、またすぐにコリを感じるでしょう。

それは単細胞生物のアメーバが捕食するために触手を伸ばしたまま、その形状を維持しているのに似て、責任を持って仕事に当たり、過酷な人間関係にも弱いところを見せず、時に敵対的な相手に対抗しようとする姿勢を、そのまま表し続けているいるように思えました。

つまり、気持ちがある部分に集中しとどまったままでいるということです。

往々にして、治療家は「治療」と称して、凝った部分をもみほぐすという手法がとられるが、果たしてそれが治療に値する方法でしょうか。

この場合、「心構え」が変わらない限り、「身構え」つまり肉体の状況は変わらないのではないかと思うのです。

人為的な刺激で一時的な変化があっても、また体は心を如実に映し出すでしょう。

なぜなら明確な理由あって、そこに「こだわっている」のであり、いくら他者が物理的に介在したところで、本人の意思とは無関係だからです。

ゆえに筋肉を対象として、それをただもみほぐせばよいといった単純なものではないでしょう。

もっと言えば、凝りは目の敵にするべき悪ではないということです。

こうして身構えなければ生きてゆけなかったのです。

そうやってバランスをとってこの人は生きてきた。

その人の生き様を、人となりを、物語っているに過ぎないのです。

これからもこうして生きていくのかもしれません。

「それでもその生き方を選びますか?」

症状が投げかけるメッセージがそこにあります。

こだわり、とらわれ、執着。

そうさせる何か。

症状として表れた「凝り」

その蔭に「満たされないもの」があって、せきたてられるようにして走り続け、不安を隠すように歯を食いしばり、頑張って生きてきたのではないでしょうか。

むしろ、こちらのほうが根本的な問題のように思います。

これはもはや肉体の問題を超えているでしょう。

なおも身体接触、すなわち「ふれあい」に、その治療機序を求めるならば、本人の満たされない部分を気づかせるような、むしろ力なく弱った部分に対する手当てが有効ではないでしょうか。

それでこそ、二人の人間が支えあう形で行われる治療の形態として、原初的にして本質的なあり方でしょう。

その手はこだわりや緊張で張り詰めた局所をさぐり暴き立てるような、我を押し付けるやり方では、かえって逆効果でしょう。

「治してやる」などという倣岸不遜な態度も、軽率で不誠実な自己顕示欲の表れでしかないでしょう。

一人の人間として、肌を通して心に寄り添わせていただく。

体表上の筋肉レベルでの一時的な変化を治療目的とせず、結果もそこに求めず、ただ無心に寄り添うことに、東洋医学の真理があるように思います。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2010 11/29 (月曜日)

かぼちゃのムースのレシピ

かおりです。

今日も良いお天気

空気はひんやりしていますが、陽にあたるとぽかぽかしてきます。

今日はかぼちゃのムースをお出ししました。

目がさめるようなきれいな黄色をしています。

食べるとかぼちゃの甘みがふんわり口のなかに広がって、なんとも幸せな気分

になれますよ???

かぼちゃのムース

かぼムース.JPG

<材料>(小さなココット皿8個分)

かぼちゃ…200グラム(ゆでて皮をむいた状態です。
            ゆでる前(皮付き)だと350グラムくらいです)

豆乳…250cc

コーボン…大さじ1~2(かぼちゃの甘みをみながら調整します。
            コーボンははちみつやメープルシロップで代用
            できます。)

ゼラチン…1,5本(1本5グラムです)

<作り方>
1.かぼちゃをやわらかくなるまでゆで、皮をむく。

2、豆乳と1を入れてミキサーにかける。

3、コーボンで甘みをつけ、とかしたゼラチンを入れてよく混ぜて
 器に入れて冷蔵庫で冷やす。

お出しする前に、てんさい糖で作ったシロップをかけています。

てんさい糖:水=2:1の割合で、鍋に入れてとろみがつくまで煮立たせます

簡単にメープルシロップやはちみつでもおいしそうです

手作りのお菓子を食べると、工場で作られたお菓子にはない「ほわ~っとした幸せ」を

感じます??

作っている人のうきうき感や、手から伝わる人のぬくもりがそう感じさせているのでしょうか

毎日がんばっている自分へのごほうび、また、ご家族やお知り合いのために愛情こもった

かぼちゃのムースをぜひ作ってみてくださいね?

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2010 11/26 (金曜日)

富士を望んで

こんにちは、こはりです。

思い立って白隠禅師ゆかりの松蔭寺に行ってきた。

沼津の二つ先の小さな駅を降りて、歩いて10分くらいだろうか。

白隠さんと親しみを込めて呼ばれるお坊さんは、日本の臨済禅の中興の祖といわれ、仏法以外にも書画や詩文にも才能を遺憾なく発揮したとされている。

まぎれもないカリスマである。

当時、師に教えを乞うため参集した人々は数百人。

要請あって全国にも説法してまわったとされている。

志ある人々の精神的支柱として存在していた白隠さん。

片田舎ながら一大拠点として存在していた松蔭寺。

僕がそこに訪れた理由。

それは白隠さんが、日本の健康法、養生法のカリスマとしても君臨しているからだ。

当時のあらゆる医業で治せなかった自身の禅病を、主に内観法と軟酥の法で治した経験を、庶民に向けた養生法として体系化した。

今なお語り継がれるそれらの方法は、現在の医学に照らしても理に適い、また予防医学的にも、さらにその先進性を見直されていくだろう。

その白隠さんの活躍した本拠地を、一度は見てみたいという好奇心から訪れたというわけだ。

何の変哲もない小さな寺であった。

皮肉にも並び建つクリニックが目新しいビルで圧倒していた。

地元にも今や威光は薄れ、根付いていないことが見て取れた。

そこで得たインスピレーション。

「場所には意味がない」

「教えの内容こそが大切である」

「真理は受け継がれる」

「カリスマは一代限りである」

カリスマや聖人が、かつて活躍していた場所は往々にして聖域化され崇拝の対象とされる。

そして、その権威にすがり、盲目的にありがたがる人も出てくる。

まったく意味がない。

白隠さんも、きっとそれをまったく望んでいないのだろうと思う。

沼津の至近、三島には、かつて沖ヨガの本拠地があった。

最盛期は相当の活気を呈していたと推察される。

今は道場としてのかつての活動はしていないようだ。

カリスマ亡き後、言い方は悪いかもしれないが、名所旧跡としてあるだけで、その内実は当時とイコールではない。

寺はその当時の様式を残しているが、それ以上の価値はないだろう。

歴史を経た文化財としての価値はあっても、見方を変えればガラクタにもなりうる。

大事なのは物質ではなく、色褪せない教えであり、不変の真理だ。

その場で、教えを忠実に継承している人もあるだろう。

尊いと思う。

一方で、あらゆる道、流派の始祖となる人、カリスマとなる人は、決して従来の道を完全に踏襲しているわけではない。

歴史を見れば明らか、自らの才能で咀嚼、吸収し、そこにオリジナルの要素が加わり、再編または昇華させるところにカリスマたる所以がある。

つまり教えは、黙っていても資質のある人の琴線に触れ、場所を離れても、形を変えても、受け継がれるということだ。

もっと言えば、波長が同調した者だけが、その教えに触れることができるということでもある。

考えてみればあたりまえのことだ。

その土地に産まれたからといって、その影響を受けるとも限らない。

ゆえに資質をそなえ、教えに触れることが大切であり、真理を求め、それを実践することがもっと大切になる。

そして、そこから権威を離れ、自らの内から産まれ出たものに忠実であること。

「信じるな、疑うな、確かめよ」

改めて沖先生の教えが心に響いた。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2010 11/22 (月曜日)

きんぴらサラダのレシピ

かおりです。

今月から始まった「酵素断食コース」

私も見習って、朝食は酵素を意識したものにしています。

りんごやみかん、柿などの果物やお味噌汁、納豆、お漬物などです

忙しい朝に手軽に食べられるし、食べものそれ自体に酵素が含まれているので

消化にかける体の負担が軽くなります。

お昼前におなかがすいて、お昼ごはんがいつもより何倍もおいしく感じられます?

さて、今回は「きんぴらサラダ」の作り方をご紹介します。

れんこんやごぼうなどの根菜をきんぴらにして、大根と水菜を和えて

いただきます。

シャキシャキの食感で、食べごたえ充分のサラダです。

きんぴらサラダ(3人分)

きんぴらさらだ.JPG

<材料>
・れんこん…100グラム(うすいいちょう切り)

・ごぼう…1/2本(千切り)

・人参…1/4本(千切り)

・しめじ…1/2パック(ほぐしておく)

・大根…100グラム(千切り)

・水菜…1束(5cmに切る)

~合わせ調味料~

しょうゆ、酒、みりん…各大さじ1.5

水…大さじ4

<作り方>

1、フライパンに油をひき、れんこん、ごぼう、人参、しめじを炒める。

2、しんなりしたら、合わせ調味料を入れて弱火にしてフタをする。

3、3分たったらフタをとり、火を強めて水気がとぶまで炒める。

4、ボールに入れて粗熱をとり、大根と水菜を混ぜてできあがり!

食べものにふくまれる酵素の助けをかりるのも良いですが、よくかんで

いただくことによって、だ液に含まれる消化酵素「アミラーゼ」も

消化に大活躍してくれます。

ゆっくりとお食事を味わい楽しむことは、精神面でも身体面でも良いこと

なんですね

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2010 11/22

かぼちゃの種を食べたのは?

かおりです。

11月のデザートは「かぼちゃのムース」

かぼちゃの種を飾ろうと思い、ザルに入れて干しておきました。

しかし次の日、ザルがひっくり返されて食べかけの種が散乱しているのを発見?a

見たところ、多分トリがつついたのではないかと思われます??

1.JPG

そして、よく見ると…

2.JPG

アリが種を食べています?
この時期にアリを見るのも珍しいし、かぼちゃの種を食べる光景も初めてみました。

いつもなら捨ててしまうかぼちゃの種。

ただ外に置いておくだけで、トリとアリの食べものとして、そして最後には土になる、

本来、無駄がない自然のサイクルを人間が壊してしまっているんだなと気づかされた

一件でした。

TWITTER

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る