する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2020 4/19 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「食のワーク⑧」

こんにちは、高原館のくさむらです。

食に専念をする具体的な方法四つ目は…
五感を使って食べてみる、でした。

今回は、ちいさなおにぎりを五感を使って食べてみる、実践編です。

まずは準備の確認からです。

・小さなお皿に小さなおにぎりを乗せます。
※大きさはお寿司のシャリ程度です。
・お箸を用意します。
・お茶やお水も用意しておくと良いかもしれません。

食前の準備をして、準備が整ったら、下記の順番で進めて行きます。

このシャリほどの小さなおにぎり、実は二口分です。
まずはお箸で二等分してください。

1.白米の粒の弾力をお箸で感じてみる
2.白米を観察してみる
3.白米の香りを嗅いでみる
4.白米を口に入れて50回噛んでみる

このような流れでじっくり白米と向き合い、感じて行きます。

1から4の項目、もう少し詳しく解説して行きます。

1.白米の粒の弾力をお箸で感じてみる
お米粒を一粒お箸で掴み、少し力を加えて弾力を感じてみてください。
どんな感触でしょうか。
意外とやわらかいプニプニした感じ?
意外とかたいグニグニした感じ?

2.白米を観察してみる
そのお米粒をよく観察してみてください。
白米は外側の皮や胚芽部分が取り除いてあるので、
ちょっとへこんでいる箇所があります。
見つかりましたでしょうか。
お米の丸みはどうですか?
お米のツヤはどうですか?
興味深くお米粒を観察してみてください。

3番目、4番目はまた次回に続きます…。
(なかなか食べるところまで行かなくてごめんなさい〜)

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 4/19

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑦」


(この冬使っていた腹巻が毛玉だらけになってしまったので・・・)


(適当な大きさに切り、床を拭いて捨てました)

こんにちは、高原館のくさむらです。

傷みの大きな洋服を捨てて、好みではない洋服を売る(引き取ってもらう)。
※この他に「寄付」をするというとても良い方法がある事を、
ゲストさんから教えて頂きました!

ここまでくると、大量にあった洋服は、だいぶ少なくなっているはずです。
洋服ダンスの引き出しは開閉楽々になっているはず。

これで洋服の断捨離は終了でもいいと思います。

捨てる、売る・引き取ってもらう、寄付をする。
これらの苦労を経験すると、それからの買い物が変わります。

洋服を買う時に、断捨離で得た罪悪感や苦労を思い出して、
これは本当に必要なのかな?と考えるようになります。

安いからとりあえず買っておこ〜♪という買い方がグンと減ります。

安いけどこれを買って着なかったら、また洋服ダンスに眠ることになるなぁ、
そうしたらせっかく開閉が楽になった引き出しがまたパンパンになっちゃう…。
捨てるのも辛いし、売るのも面倒だし、あげても喜ばれないかぁ…。
う〜ん、残念だけど、やめておこう。

わたしはこんな思考回路に変わってきました。

一度辛い思いをして、そのあとスッキリ感を味わうと、買い方が変わってくる。
買い方が変わると、余計な出費もなくなり、洋服のリバウンドもなくなる。
そんな風に良い循環が生まれるなと思います。

断捨離は楽々、楽しく出来るかというと、それは少し難しいのかもしれません。
でも、辛いな、苦しいなと最初に感じることが、むしろ大切なんだということに、
ブログを書いていて気づきました。

買うのは楽しいことです。
捨てたり手放すのは苦しいことです。

捨てることや手放すことの苦労を体験しないと、
買う楽しみからはなかなか抜け出せません。

買い物をするときに、その後を想像できるようになると、
欲しい!という衝動だけで買わなくなります(買えなくなります)。

断捨離をはじめると、苦しいこと、悩ましいこともありますが、
その先には必ず軽やかな生活が待っているなぁと思います^ ^

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る