する贅沢から、しない贅沢へ

スタッフ日記

2020 7/10 (金曜日)

高原館のゆるゆる日記「『やすらげる場所』という軸」


(調理チーフが朝4時に森から摘んできたお花です♪)

こんにちは、高原館のくさむらです。

高原館が先週より再開しました!

日程やプログラムの変更があり、
ど緊張で始まりました。

ゲスト皆さんに助けていただきながら、
再会第一週目を終えホッとしています。

今週はリピーターのゲストさんが
多く来てくださっています。

「GWに予約入れていたんだけど来られなくなって、
やっと来ることが出来たよ~!」

という声を聞いて、
わたしも一緒に嬉しい気持ちになります。

新しい日程、新しいプログラム。
とても緊張して気が張っていましたが、
ゲストさんの笑顔を拝見すると、
気持ちが緩みます。

変わったところもありますが、
高原館の緑に囲まれた大広間の心地良さや、
丁寧に作ったお料理の数々、
清潔な館内、
変わらないところもたくさんあります。

「やすらげる場所」

この軸はぶらさずに、
皆さんのお越しをお待ちしてます^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 7/7 (火曜日)

気づくこと

毎日Facebookに投稿している、
朝ヨガに燃えている大沢です。

高原館が3ヶ月ぶりに再開した週に、
リピーターの方が「気づく」ことについて、
Facebookに投稿してくれました。

「考えて気づくんじゃなく、なんだかフッと
「あ、そーゆーことね」って感じで、ポンと出てくる」

この文章に、とっても共感しました。

がんばって、
自分の思い通りにしようとするのではなく、
フッと湧いてくる気づきの方が本音よね。

Tさん、今回もありがとう!

毎週、ゲストのみなさんから、
大切な気づきをいただいています。

高原館利用 50代 女性

コロナ&梅雨でなんだかスッキリしない中
先週木曜から3泊4日の伊豆高原やすらぎの里で
デトックス&リフレッシュしてきました。

やすらぎの里には、6年前に1週間コースで、
お世話になって以来のお久しぶりだし、
ここ高原館は今回が初めて。

ファスティングだけなら自宅でも出来るけど、
この環境はここならではのもの。

特に今はマスク必須の都市部にいると、
マスクしないで木々の中を
歩く気持ち良さはたまらないですね〜。

スーハースーハーしまくりでした(笑)

お散歩中はもちろんだけど、
館内にいても、
鶯やら色々な鳥たちの鳴き声が聴こえて、
朝は鳥の声で目覚める感じ。

広間の窓から外を見ているとリスもいるし、
ゆっくりのんびり穏やかに時間が流れていきます。

今回わたしはコロナ自粛中に乱れた、
食生活改善のために断食コースにしたんだけど、
ファスティングが面白いのは
いつもその時々で気づけることがあるから。

食の偏り、身体の偏り、考え方の偏り、
なんでもそうだけどまずは「気づく」ことが大事。

これ不思議なのが、
考えて考えて考えて気づくんじゃなく、
なんだかフッと「あ、そーゆーことね」って感じで、
ポンと出てくるとこ。
(あくまでもわたしの場合です)

身体はともかく、
頭の中がスッキリして
今回の収穫も大きかったです。

大沢先生、館長のくさむらさん
スタッフのみなさん
心地好い時間をありがとうございました。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 6/27 (土曜日)

「サウナサウナサウナサウナサウナ・・・」

スタッフのくさむらです。
昨日退勤しようとしたら、
養生館はるか先生の机がこんなことになっていて、
思わず吹き出してしまいました。
お買い物があったので、すぐ帰りたかったのですが、
この光景、撮影せずにはいられませんでした。

はるか先生がネームランドで
「サウナサウナサウナサウナサウナサウナサウナ・・・」
と、もくもく打ち込んでいる姿が想像できます。
きっとはるか先生の頭の中も
「サウナサウナサウナサウナサウナサウナサウナ・・・」。

ということで、養生館のサウナはじまりました~!

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 6/21 (日曜日)

高原館再開に向けて~チームやすらぎの里~

今日は高原館再開に向けて、
スタッフ皆が館内や庭のお手入れをしてくれました。


厨房スタッフTさん、寄せ植えを作ってくれました。
うわぁ、可愛い・・・!


厨房スタッフSさん、細かいところまでお庭の手入れをしてれています。
Sさん今日もピンク色が良くお似合いです!


厨房スタッフSさん、素手で岩を引っこ抜こうとしています。
彼にしかできない力技です!


厨房スタッフMさん、小柄な体で重い機械を使って頑張ってくれています。
小柄ですが筋肉もりもりな女性です!


修繕&厨房スタッフKさん、色々な道具を駆使して修繕してくれています。
はしごを抱える姿が似合い過ぎです!


なんとスタッフのご家族まで協力してくださいました。
とっても丁寧な仕事をしてくださり感謝です。


朝8時から夕方5時まで外で頑張ったスタッフ。


最後に皆で「やったぞーーーーー!!!!」
一番遅く来た右から二番目のMさんが一番やったぞ感が出ていると、
皆から総ツッコミを入れられていて笑えました。

でも実はわたし、最後のこの写真は、
撮りながらちょっと泣きそうになりました。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 5/5 (火曜日)

やすらぎ日記「『断捨離』をしてみる⑲」


(このような状態だとお掃除もラクラクです)

こんにちは、スタッフのくさむらです。

私服の制服化をするために、
いろんなことを考えて、試してきました。

今日は私服の制服化をするときの
コツを紹介します。

1、お店をしぼる
買うお店をひとつにしぼると、
それだけで勝手に選択肢が狭まるので、
選びやすくなります。

2、専門店があるお店で買う
お気に入りのブランドがあっても、
専門店がないと、セレクトショップの一部に
置いあるだけになります。
そうなると、セレクトショップが
そのブランドの取り扱いをやめたときに
困ってしまいます。
専門店があるとその心配がないです。

3、定番品を選ぶ
ブランドの中で
アイコンになるような商品があります。
例えばコンバースのスニーカーといえば
オールスター。
オールスターのスニーカーが
世の中から無くなる確率はかなり低いです。
そのように、ブランドの中で
アイコンになっているような
超定番品を選ぶのが良いと思います。
流行りのものだと、買い換えるとき、
その品物が廃盤になっていることがあります。
そうなるとまた新たに
制服の考え直しが必要になってきます。
定番品なら安心です。

一度しっかり制服化してしまうと、
買い物が本当に楽になります。
洋服がくたびれてきたら、
同じものを買うだけです。
サイズもわかっていますから、
オンラインストアでの購入もできます。

そもそも私服の制服化をしたいと思う方が
どれだけいるのかはわかりませんが^^;
参考になれば幸いです。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る