する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2021 5/29 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「感情と思考の見える化」


(「お父さ~~~~ん!!)な、うみさん)

こんにちは、高原館のくさむらです。

書いて頭の中を整理する。
これをもう10年程続けています。
続けている理由は、効果を実感しているからです。
効果が分かっているので困ったときは、
「書きたいなぁ」という気分になります。
書かないと解決しない、解決しにくいことがわかっているし、
書けば解決に向かっていくこともわかっているからです。

書くと言うことは頭の中を整理する、
効果的な手段だと思います。
でも、この方法を人にお勧めするとき、
魅力を伝えるは難しいなぁ・・・と感じていました。

書くことは手間や時間がかかります。
気力体力も必要です。
この大きな壁を超えて実際に書くには、
確実に効果があるんだ、と感じられないと難しい。

どうしたら「書きたい!」という気持ちになれるだろう・・・。

そんなことをぼんやり考えながら、
今日もメモ書きをしていました。

今回のメモ書きでわかったことは、
書くことが「感情や思考の見える化」なんだということです。

みなさん朝起きたら一度は鏡を見ると思います。
寝ぐせが付いていたら、鏡を見ながら髪の毛を整えます。
もし鏡が無かったとしたら。
なんとなくブラシでとかしてみる、
なんとなく手で撫でつけてみるなどをして、
整えると思います。
でも、実際に寝ぐせが直っているかわかりませんから、
寝ぐせのことが気になりながら一日を過ごす事にます。

書かずに考えることは、
鏡を見ないで髪を整えようとしているのと似ているなと思います。
なんとなくは整えられるかもしれないけれど、
実際にどうなっているかわからないし、
「これでいいのかな?」という不安はぬぐい切れません。

顔を鏡に映せば寝ぐせは簡単に把握できるし、
色々な方法で直す事ができます。
寝ぐせが直れば「よし!OK!」と出掛けられます。

書くことは見えなかった自分の感情や思考を、
鏡に映すように見える化するということ。

言葉を通して目で見ることが出来て初めて、
その問題に向き合う事ができ、その先を考える事ができます。

見えない寝ぐせは直しにくいですが、
見える寝ぐせは直せます。

見えない感情や思考はコントロールしにくいですが、
見える感情や思考は格段にコントロールしやすくなります。

自分の姿を鏡に映すくらい、
気軽に気楽に書いていただけたら嬉しいなと思います。

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る