する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2018 4/30 (月曜日)

4月20日~ ゲストの皆さんの声

4月20日から3泊4日
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「健康の元は食」 70代男性

改めて健康の元は食にありを実感しました。
欲望の赴くままに飲んだり食べたりしない事。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「空腹でも大丈夫」 50代女性

生きててよかった(笑)
人と触れ合う楽しさ。場を共有できる連帯感。
シンプルな食事を通して食生活を見直そうと思いました。
伊豆って素敵なところで予想以上に自分が求めていた
環境に近い場所でした。

空腹でも大丈夫
本当はそんなに食べなくても満足できる自分を発見!
本当に必要な物、質の良い物に意識を向けられそうです。
日常に戻ってどこまで食事を見直せるかわかりませんが
でもここで感じたことは活かしていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心の休養」 40代女性

何よりも心の休養ができたことに感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「丁寧に生活したい」 40代女性

毎日丁寧に生活しなければと思いました。
自分の心も相手の心も大事にしながら
仕事も丁寧に続けていきたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「心がけひとつで変わる」 30代女性

普段の生活ではすべて実行できないかもしれないですが
心がけひとつで体調も気持ちも大きく変わるのかもしれないと思いました。
もっと筋力をつけよう!と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食は自分の体と向き合う事」 30代女性

身体に良いもの悪いもの、良いこと悪いことを改めて
感じる事ができました。
断食は自分の体と向き合うことだと思います。
これからも自分のリセットをするため、
生活に取り入れてゆきたいです。
そして、またやすらぎの里へ帰って来られるのを
楽しみに日々を過ごしたいと思っております。
有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2018 4/25 (水曜日)

『 やすらぎ通信 』元気の回復法

『 やすらぎ通信 』 第680号 2018.4.25

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝の大雨が、
うそのように晴れ渡り、
真っ青な空が広がっています。

雨上がりだと、
新緑がより鮮やかに見えますね~。

新緑がきらきら輝く伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

ロビーからの眺め

【目次】━━━━━

【1】元気の回復法

【2】やすらぎのレシピ
「グリンピースの翡翠煮」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】元気の回復法
━━━━━━━━━━━

先日「人材活性プロデューサー」の
大谷由里子さんの「プチ断食合宿」がありました。

大谷さんの仲間が15人集まって、
本館を借し切りで「プチ断食」を体験。

みんな忙しい人たちばかりなんですが、
前向きなエネルギーにあふれています。

みんなで楽しく笑って、
やすらぎの里を堪能していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面談でひとりひとりと話をすると、
それぞれに悩みや体調不良を抱えています。

それが大谷さんを囲んで集まると、
楽しいことに意識が向くので、
自然に元気になっている。

元気だから楽しめているんじゃなくて、
楽しんでいるうちに、元気になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな人でも、落ち込んだり、
体調を崩すことはあります。

そこから、いかに回復していくか。

いつも元気に見える人は、
自分の元気の回復法を知っています。

調子が悪くなっても、
これをすれば大丈夫、
ここに行けば大丈夫。

やすらぎの里はそのための場所。

いや~、それにしても、
大谷さんの笑顔は人を元気にさせる。

大谷さんの笑顔を見ているだけで、
僕まで元気をいただきました。

「読むだけでヤル気がみなぎる 元気セラピー」
大谷さんのロングセラーの最新版です。

■ 大谷由里子さんのプロフィール

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

「グリンピースの翡翠煮」

本館キッチンスタッフの小長谷です。
春ならではのグリンピース。
ご飯やポタージュも美味しいけれど、
本日はちょっとお洒落な翡翠煮をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「材料」
グリンピース  好きなだけ
昆布だし    200cc
みりん     大さじ1
白たまり    小さじ2
酒       大さじ1/2
塩       少々
針生姜     少々

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「作り方」
1、グリンピースは茹でておく。
2、調味料を一度沸騰させ、冷ましておく。
3、茹でたグリンピースをつける。
(一晩漬けておくとより美味しいです)

4、グリンピースを器に盛り、
タレに水溶き片栗粉でとろみをつけたあんをかけて、
針生姜をのせて出来上がり!

グリンピースの旨味を引き出した優しいお出汁の味と、
生姜がアクセントになって、とってもお上品なお味です。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は4月11日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

やすらぎの里は「本館」「高原館」
「養生館」と3つあります。

それぞれ特色があり、
その時の気分に合わせてお選びいただけます。

まずは「本館」「高原館」に行ってみてください。
気に入っていただけるはずです。

「養生館」は?
最後で良いです。

怖いもの見たさで良いです。

やすらぎの里の「奥の院」として、
みなさまのお越しをお持ちしています。

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「良いスタート」40代女性

5日間ありがとうございました!
昨夏に続いて2回目です。

素敵な季節の中、おもてなしに囲まれ、
気持ちよく過ごせました。

呼吸の大切さが身に染みました。
習慣にできれば良いなと思います。

新年度、良いスタートができました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生き返った」30代女性

小針先生、養生館のスタッフの皆様、
5日間大変お世話になりました。

おかげさまでゆっくり休むことができて
心身ともに生き返ったことを実感しています。

また最近乱れていた食生活も
リセットすることができました。

日常生活に戻っても
食べる瞑想を意識したいです。

また日常生活に疲れたら
ここに来たいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「目からウロコ」30代女性

3日間ありがとうございました。

食べなくても動けるんだと知り、
今までどれだけ食べ過ぎていたのかがわかりました。

痛みから逃げるのではなく
一度向き合ってみる。

など目からウロコの
ためになる話がたくさん聞けました。

帰ってからもこちらで学んだことを
少しずつ実践していきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「不安もすぐに吹き飛んだ」30代女性

館内では安心して過ごすことができ、
最初の不安もすぐに吹き飛びました。

ここで学んだこと習得したことを
帰ってからも役立てます。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里は講師の方や、
カウンセラー、看護師、介護士の方など、
対人援助の仕事をしている人が、
たくさん来てくれます。

みなさん、自分が元気じゃないと、
人を元気にすることが出来ないことを、
身をもって知っているのでしょう。

そんな人たちと出会えて、
いろんな世界を教えてもらえる。

この仕事をしていて、
本当に良かったと実感します。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2018 4/23 (月曜日)

4月13日~ ゲストの皆さんの声

4月13日から3泊4日
高原館に滞在した皆さんの声です。

IMG_2340
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当に楽しかった」 20代女性

施設の人がみんな優しい。いつも清潔に保って下さっている。
一緒に参加した人もみんな気さくで、仲良くお話ができた。
時間をもてあますかと思いましたが、観光地も沢山あったので色々見て回ることができた。
こんなにゆったり過ごした4日間は初めてな気がします。

本当に楽しかったです!食べないことは辛いだけの時間じゃなく、
次の食事を楽しむための時間なんだなぁと感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「空腹感を感じるのは最大の健康法!」 50代女性

何を食べるかより、どう食べるかが大事。
空腹感を感じるのは最大の健康法!
すばらしい3泊4日でした。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お味噌汁がどんどんと美味しく感じることに感動」 40代女性

いつもいかに自分は無駄を消費して過ごしているのかを実感しました。
余計(余分)なものを食べて、適当に帰るとすぐTVのスイッチを入れ
だらだらとスマホやPCをながめている。
ここの生活ではTVは天気予報を見るくらいしかつけず、余計な間食も取らない。
なるべく無駄をなくす生活を目指そうと思いました。

また、日が経過する毎にお味噌汁がどんどんと美味しく感じることに感動しました。
舌が本来の感覚に戻ると段々と元の感覚に戻ってしまうだろうなとは思いますが、
なるべく維持出来るよう、ここで教えて下さった事を忘れずに努力したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「新しい自分に会えて本当によかった」 20代女性

自分1人で断食をしたら、確実にくじけたと思います。
同じ辛さを味わっている人や、サポートする方々がいて達成できました。
お茶やお水がこんなにもおいしく感じたのは初めてでした。
梅が苦手だったのですが、好きになりました。

新しい発見、新しい自分に会えて本当によかったです。
4日間お世話になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「疲れを感じれないほど、鈍っていた」 40代女性

身体の疲れを感じれないほど、鈍っていたのだと思いました。
リラックスした日々を送り、体重が減っただけでなく、心もすっきりしたように思います。
今の気持ちを今後は自分の身体と向き合いながら、持ち続けていきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大切に」 50代女性

自分を大切にする。

人を大事にする。

1年に1度は来たいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「1人1人が尊重され、信頼されている」 50代女性

来て本当によかった。
また何度でも来たいと思いました。
ありがとうございました。

1人1人が尊重され、信頼されていると感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2018 4/15 (日曜日)

4月6日~ ゲストの皆さんの声

4月6日から3泊4日
高原館に滞在した皆さんの声です。

お互いの事を話す中で、
気づきがあったり、決意ができたりと
ゲスト同士でいろんな交流があった週でした。

IMG_2205

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「すべてをゆるせる余裕が生まれる」 40代女性

久しぶりに断食コースにして、デトックスなどと減る体重は
大差ありませんが、肌とか内臓などの細胞の若返り感は
断食するとすごくちがうなとびっくりしました。

「超断食論」を読んですごく共感しました。
2009か2010に初めてやすらぎの里にきて
当時はせっかくきれいになったからまた体が汚れないように
野菜食べてきれいな水飲んでなど変にストイックになることもあったような・・・
訪れるたびに心身共にゆるみ
全てをゆるせるような余裕が生まれ
今とてもやすらかで元気です。

気持ち良く楽しくが元気につながる生き方を
気楽にしていきたいなと思います。
スタッフの皆様のおかげで今回も快適に過ごせました。
ありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食・運動・休息と向き合う」 50代女性

やっぱり時々環境を変えてリトリートするのは
大切な事だと思いました。
と同時に自分が毎日いる家で
小さなことでも少ない時間でも
食・運動・休息と向き合っていくことが大事だと実感しました。
そしてはじめはちょっとでも気が付いたら
我が家がまるで「やすらぎの里」と思える空間になったらいいな。

もっと動物的なカンを取り戻したい。
自分にとって今何が必要で何が不要なことか
ちゃんと自分に聞いていきたい。
滞在中スタッフの皆様の心遣いに感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「空腹を感じる事の大切さ」 30代女性

空腹を感じる事の大切さを学びました。
あと食材のありがたさを感じました。
定期的に訪れたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「小鳥の声で目覚める」 60代女性

若い人も健康に気を使っているんだなと感心しました。
断食してもこれだけ活動できる事が不思議なくらいです。
夜10時に寝て小鳥の声で目覚める素適な一日です。
もっと毎日の食事を大切にしようと思います。
ゆっくり出来ました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「メリハリのある生活」 60代女性

メリハリのある生活の大切さを感じました。
家でも心がけたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽しいおしゃべりで時間が過ぎた」 60代女性

行こうと決めるまでなかなか決心がつかなかった。
一緒に来てくれた友達と娘に後押ししてもらっての参加でした。
何十回もお腹が空いたなぁと感じる瞬間はありましたが
友との楽しいおしゃべりや皆さんとのお話で
時間はすぎていきました。

毎日の食べ過ぎび生活と薬漬け(糖尿病)の日々なので
とても素晴らしい充実した日々を送れたと思っています。
帰ってからの心がけと強い意志(やせたい)を忘れずに
生活したいです。ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べなくても平気」  40代女性

食べなくても案外平気だと言う事を知れたことがよかったです。
震災を機に食べられなくなるかもという不安が少なからずあったのですが
あまり不安に思い過ぎなくても良いんだと自信がつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「適度な食事量」 40代女性

体がとても軽くなりました。
普段食後にお腹がはっていましたが
それもなく適度な食事量がわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の身体に向き合う」 50代女性

自分の身体に真に向き合わないといけないと感じました。
お世話になりありがとうございました。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2018 4/10 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』 脳の霧

『 やすらぎ通信 』 第680号 2018.4.10

~ 断食の専門家が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は穏やかに晴れ渡り、
気持ちのいい空が広がっています。

桜が終わるのと入れ替わるように、
木々の芽が吹きだして、
一面が淡い新緑に包まれています。

今朝はみんなと一緒に「池の里」に、
散歩に行ってきましたが、
朝日に照らされて、新緑が輝いていました。

鮮やかな新緑がまぶしい伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

緑の中の散歩

【目次】━━━━━

【1】脳の霧

【2】やすらぎのレシピ
「豆腐ハンバーグ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

━━━━━━━━━━━
【1】脳の霧
━━━━━━━━━━━

この頃、集中力が低下して、
仕事が思うように進まない。

いつも疲れを感じていて、
やる気がまったく起こらない。

頭に雲がかかったように、
もやもやしてスッキリしない。

いつも自分が霧の中にいるようで、
自分のことが分からなくなってきた。

そんな状態をアメリカの著名なセラピストは、
「脳の霧」と呼んでいます。

慢性的な睡眠不足や、長期間続くストレス、
偏った食事による栄養不良、
運動不足による脳への血行不良が原因で、
脳の働きが低下した状態です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やすらぎの里に滞在した方が、
「体だけでなく、心もスッキリしました」
「頭がクリヤになりました」と話してくれます。

乱れた食生活で増えてしまった体重を減らす。

そんな目的で来たのに、来てみたら、
心も軽くなって帰ることができた。

そう実感してもらうために、
脳疲労を解消し、心も軽くする、
プログラムを考えています。

積極的に取り入れている、
マインドフルネスのトレーニングも、
そのためのものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今ここ」に集中し、
自分の体を深く感じる。

そのことに徹した先に、
脳の霧が晴れた、
青空のような心と体が現れてきます。

自然の中の静かな環境だからこそ、
周囲の雑音を気にせず、
自分に集中できるリトリートです。

■ やすらぎの里について

━━━━━━━━━━━
【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━

本館キッチンスタッフの小長谷です。
暖かくなって、お出かけする機会も増えてきますね。

そこで今日は、
お弁当にもぴったりな、
豆腐ハンバーグをご紹介します。

豆腐ハンバーグ

<材料>
豆腐 500g (水切りして350g)
人参  50g みじん切り
椎茸  2枚   〃
蓮根  50g 粗みじん
芽ひじき 大さじ1 (水で戻す)
絹さや 10枚  (茹でて斜め細切り)
蓮根のすりおろし 350g (水切り)
長芋すりおろし  大さじ2
生姜すりおろし  小さじ2
白ごまペースト  小さじ2
白たまり     大さじ1
塩  少々
大根おろし
ポン酢
インゲン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>
1.人参、椎茸、蓮根を塩一つまみ入れて、炒める。
2.よく水切りした豆腐に調味料を入れすり鉢で混ぜる。
(ボールに入れて、手でよく混ぜる)
3.炒めた具材と、絹さや、芽ひじきを入れ混ぜ合わせ、小判型に丸める。
4.フライパンに油をしき、両面に焼き色をつけ、焼く。
5.大根おろしにポン酢をかけ、青みを混ぜて、ハンバーグにのせる。

豆腐の水切りをしっかりすることと、
蓮根のすりおろしで水分量を調節して、まとめるのがコツです。
油で揚げれば、がんもにもなりますよ。

■ やすらぎの食事

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は3月25日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

好天が続き、桜も満開で、
とても気持ちいい週でした。
朝早くからお散歩に出かける方が多く、
みなさん伊豆高原の桜を堪能していました。

自然の中でなければ、
癒されない疲れもある。
伊豆高原の自然の素晴らしさを
たっぷり味わえるリトリートです。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「桜が満開!」40代 女性

何度もお世話になっていますが、
今回が一番元気に動けました。
やっぱり春という季節は特別ですね。

桜が満開だったのもありますが、
いろんな命の力を感じました。
また、来年の春も来たいと思います。
(^-^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体が喜んでいる」20代 女性

スムージーとお味噌汁が出たので、
空腹感がまったくなくて良かったです!
ダイエットを目的に来ましたが、
何よりも健康の大切さを学びました。

胃腸をスッキリ空っぽにして、
お散歩に出かけると、
目の前にある景色のすべてが、
新鮮で幸せに感じました。

食べることのありがたさ、
繊細になった味覚に感動しました!
体が喜んでいるのを実感した一週間でした。

のんびりできて、至れり尽くせりで、
幸福な時間でした。
また来たいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当にリラックスできた」40代 女性

最初の2日くらいは、
日頃の疲れが残っていましがた、
3日目くらいからスッキリしてきました。

運動とバランスの取れた食事の大切さを
改めて実感しました。
本当にリラックスできました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「清々しい空気感」50代 女性

以前も利用して、やすらぎの里の澄んだ、
清々しい空気感が心地よかったので、
また参加させていただきました。
やはり来てよかったです。

食べることを断つことで、
体が回復しました。

意志が弱い、できない自分を素直に認め、
ヨガ、瞑想、ゆる体操など、
自分で出来ることを習慣にしていきたいです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「糖質制限食コース」40代 女性

3回目の参加で、今回は、
糖質制限食コースでした。
たくさんのプログラムや講義は、
毎回とても勉強になります。

お食事もとても美味しく、
食の大切さを改めて、
感じることができました。

いつまでも若々しく、
素敵に歳を重ねたいと思います。
一週間本当にお世話になりました。

■ やすらぎの里の体験談
https://y-sato.com/kougenkan/blog/category/voice

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

今年は桜も早かったけど、
竹の子も早く成長してます。

本館の敷地の隅に竹藪があるのですが、
そこで竹の子がたくさん採れました。

そろそろかと思って見たら、
もう立派に成長した竹の子が、
たくさん顔を出していました。

干物屋の山幸さんからも
たくさんいただいたので、
今週末は竹の子づくしのお料理かな。

今年は春が足早に進んでいます。

大沢

山幸さんの竹の子

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る