する贅沢から、しない贅沢へ

やすらぎ通信

2019 12/8 (日曜日)

『 やすらぎ通信 』断食中にタンパク質はとらなくていいの?

『 やすらぎ通信 』 第761号 2019.12.8

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝から快晴!

今朝は高原館のみんなを連れて、
城ケ崎の吊り橋まで、
日の出ツアーに行ってきました。

朝日に照らされた海が、
キラキラ輝いて、とってもきれいでした。

甘夏の実が黄色く色づいた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】断食中にタンパク質はとらなくていいの?

【2】女性のためのリトリート
2020年1月18日(土)1泊2日
やすらぎの里・本館にて

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ 空き室状況はこちら


【1】 断食中にタンパク質はとらなくていいの?

先日、パーソナルトレーナーについて、
トレーニングしている方から問い合わせがありました。

「筋肉をつけるために、毎日プロテインを飲んでいるが、
断食中も飲んでいいのか」

私は「断食の期間中は飲まなくても大丈夫です。
適度に体を動かしていれば、
それほど筋肉が落ちることはありませんよ」とお答えしました。

その方は「食事もとらないで、プロテインも飲まないで、
筋肉をどうやって保つんですか」と心配していたので、
タンパク質がリサイクルされる話をしてあげたら、
よく分かりましたと納得してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「タンパク質をリサイクル」

私たちの体の細胞はタンパク質で出来ています。

そのタンパク質は、日々古いものが分解されて、
新しいタンパク質が200gくらい作られています。

しかし普段の生活で、
食事から摂っているタンパク質量は80gくらい。

毎日120gくらいのタンパク質が、
足りなくなる計算です。

この不足分のタンパク質は、
古いタンパク質を分解したものを
リサイクルして使っています。

特に細胞が飢餓にさらされると、
オートファジーと呼ばれるリサイクルの働きが、
活発になるのが研究で分かっています。

さらに、このオートファジーが、
神経細胞内での異常なタンパク質を分解することで、
やパーキンソン病の改善や、
認知症の予防に効果があると期待されています。

「オートファジーと断食」

断食は体をきれいにすると、
昔から言われてきました。

食べないことが、
体の大掃除になるという、
科学的な根拠のひとつが、
このオートファジーによるものです。

若いうちは、細胞の新陳代謝も活発で、
不要物もたまりにくいけど、
年齢を重ねて新陳代謝が低下してくると、
細胞の老廃物もたまりやすくなります。

だから、年を重ねるごとに、
しっかり空腹を感じるというのは、
体の大掃除のために大切なことです。

一日一度は、
しっかり空腹を感じるようにしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お腹が空いたな~ってときは、
体の中で自動クリーニングが進んでいます。

それも不要物を分解して、
必要なものを作ってくれているのです。

断食は外から入れるのを断ち、
もともと持っていた機能を復活させ、
十分に使い切るための方法です。

■ 養生館のプログラム


【2】女性のためのリトリート

~もっと自分と向き合う性の話~

● 2020年1月18日(土)1泊2日
● やすらぎの里・本館にて

4月におこなったリトリートが好評で、
内容をバージョンアップして、再開催です!

「内容」
・大人の女性性共育講座(座学)
・骨盤底筋トレーニング・膣トレ等
・性に対するワーク(実用心理学)
・アマナタッチによる皮膚感覚の開花体験

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月におこなったリトリートはこんな感じでした>>

性の話をすると、
必然的に自分の話になります。

自分はどう感じてるんだろう?
どうしたいんだろう?
これからどんな人生を送りたいんだろう?

そんな問いを「性」に向き合うことで、
改めて考えてももらえたかな。

女性が女性であることを自由に表現できたなら
世界は平和になるよね。

だって今回のリトリートで、
輝いていく皆さんの表情を見ていて、
キラキラしていく瞳を見ていて、
私、セクソロジストになってよかった~って、
心から思えましたもの。

アマナで学んでてよかった~って。

私がしてきた体験とそれを伝えていくことが、
この先出逢う女性たちの輝く笑顔につながると思うと、
ワクワクする!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~参加者様のヒトコト感想~

・「性」を話せる場があってよかった
・性共育という仕事があることに驚いた
・おざなりにしてきたことだけど大事に扱ってよいと気が付いた
・アマナタッチの後に満たされた
・世界観が広がった
・子作りだけのSE☆Xでなくてよいと知った
・自分はどうしたいか考え直すいい機会だった
・自分のことを学びたい
・普段聞けない話が聞けて良かった
・またやってほしい

素晴らしい大自然の中、
「性」のお話ができてご縁に感謝でした。

自然体だよね「食」と「睡眠」と「性」

あの場所だから話せたという方もいましたし、
本能と向き合うには素晴らしい環境です。
次回のことも考えてワクワクしております。

■ 女性のためのリトリート


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は11月27日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やすらぎの里は気づきの場所。
自分をいたわり、普段より丁寧に生活してみる。

そうすることで生まれる気づきは
何よりの宝物になるのではないかと
毎週のシェアリングで感じています。

養生館 深澤

「空腹の向こう側」 20代 女性

NHKの番組を見た時に、
タイトルが「空腹の向こう側」だった気がします。
その時は、何も思わなかったけど、本日最終日に
空腹の向こう側を感じることができました。
それは

・食べることは幸せ
・断食はきついことではなく「楽」になれる
・ここにきたゲストの方と友達になれた
・スタッフの皆さまにいやされた
・また来たい

です!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本来の自分を取り戻した」 40代 女性

心地よい毎日を過ごし、
「考えないで感じてみる」
の大切さに改めて気づきました。
そして、本来の自分を取り戻した気がします。
体もすっきりしましたが、
何より心がとてもスッキリしました。

心が疲れた時、また戻ってきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大切さを思い出せた」 20代 女性

・普段食べ過ぎていることに気づきました。
・食べるときは食べることに集中して、
よく噛んで、味わって食べようと思えた。
・これからの生活のことを考える時間ができた。
・のんびり、ゆっくりすることの大切さを思い出せた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「改めて感じた」 40代 男性

前回来て以来、
いろいろとやっていること、
やれていることがあることを
改めて感じたことと、
また新たな学んだり経験したことを
明日からやっていきたいと感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「思い込まないことが大事」 40代 女性

食べるということの大切さを感じました。
きちんと味わって食べるということを忘れていたので
思い出せてよかったです。

普段お酒とコーヒーもないと
過ごせないくらいに思っていたのですが、
なくても全く困らなかったので
思い込まないことが大事だと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「出逢えたことに感謝」 50代 女性

食事をキチンと摂らないといけないという意識が変わった。
空腹がいけないという意識を捨てられそうだ。

食事をするとき、料理そのものの味をこれほどまで味わって
食べたことがなかった。
あらためて食に対する考え方が確実に変わった。

好きなこと、ものを食べる、やることをこれまで以上に
意識して生きていこうと思う。
やすらぎの里に出逢えたことに感謝!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽しく体験」 60代 女性

メニューが充実していた。
オプションの施術がもっと枠があるとよかったです。
深澤先生の温和な話し方とリードする(指導が)
楽しく体験できました。

トレイルウォーキングは少しきつかった!
スタッフの方の料理の素材に対する
向き合い方が参考になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当に食べたいもの」 50代 女性

日々いかに自分が無駄なことにこだわり、
無駄なことに時間をつかっていたかを痛感した。

本当に必要なことや物に時間、お金、労力を使い、
本当に食べたいものを食べて生きていきたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「悩みの出口」 60代 女性

施術の先生が哲学的な話をしてくださって
悩みの出口を見つけることができたので
良かったと思っています。

自分が気づかない程、
体の状態が悪くなっていた事にも
気づかせていただいて
これから気を付けていきたいと思っています。

■ やすらぎの里の体験談


【4】編集後記

やすらぎの里の冬休みのお知らせ。

下記の期間、
やすらぎの里・各館は休館となります。

●本館 12月8日~14日まで
●養生館 12月9日~17日まで
●高原館 12月10日~19日まで

お電話やホームページからのご予約は受付けしております。
冬休みの期間中は、電話の受付時間が変更となります。
9:00~18:00

冬休み期間中は、館内外のメンテナンスとスタッフの充電をして、
休み明けから、ピカピカの笑顔でみなさんをお迎えします。

■ お問い合わせはこちらのページから

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 11/8 (金曜日)

『 やすらぎ通信 』心は苦、体は楽に向かう

『 やすらぎ通信 』 第758号 2019.11.8

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

おはようございます。
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原はすっきり晴れて、
澄んだ空気が気持ちいい。

今週も本館のみんなを連れて、
海沿いの山道をトレイルウォーク。

柴犬の海もアスファルトの道より、
トレイルの方がイキイキ散歩します。

山道を駆け巡って、
火照った体に、海からの冷たい風が、
気持ちよかった~。

ツワブキの黄色い花が咲く伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】心は苦、体は楽に向かう

【2】お坊さんに教わるリトリート
11月30日(土)1泊2日
やすらぎの里「本館」にて

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ 本館の空き室状況はこちら


【1】心は苦に、体は楽に向かう

先日、リトリートで心理療法士の物部先生が、
タイのお坊さんから言われたことを話してくれました。

「心は苦に、体は楽に向かう」

何か嫌なことがあると、
ついそのことを何度も
考えてしまうことってありませんか。

考えると嫌な気分になるから、
考えないようにすればいいのに、
つい考えてしまう。

心はそんな風に「苦」に、
向かう傾向があるのだそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それに比べて体は、
疲れることはやりたくない、
いつまでも寝ていたい、
美味しいものを食べたい・・・。

体は「楽」に向かいやすい。

だから、心は意識して楽しい方に向け、
体は意識して苦を感じる方に向けると、
ちょうどいいバランスになるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心が楽しいと感じる、
音楽、映画、本、いい景色、温泉・・・。

心が苦に向かい過ぎて枯れないように、
楽しさで満たしてあげましょう。

逆に体は運動するとか、お腹を空かせるとか、
少し苦を感じさせるようにすると調子が良くなる。

これって、やすらぎの里のプログラムじゃないか!

やすらぎの里でやっていることって、
原始仏教の教えを実践することでもあるようです。

■養生館のプログラム


【2】お坊さんに教わるリトリート

お坊さんから教わる
「気づきの瞑想リトリート」

11月30日(土)1泊2日
やすらぎの里「本館」にて

横浜にある瞑想スタジオ「SOWAKA」の代表で、
僧侶の入山文章さんの瞑想レッスンと、
シンプルだけど深いお話を伺います。

お坊さんから教わる「やさしく、丁寧な」
マインドフルネス瞑想のレッスン。

今ここにある自分自身(の体)と
思考を超えてゆっくりと対話してゆくことで、
心の集中と洞察(マインドフルネス)が深まります。

お坊さんならではの心に染みるお話しと、
やすらぎの精進料理と温泉で、
心も体もやすらいでください。

■リトリートの詳細・お申込みは


【3】 寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回はゲスト全員が断食コースの週でした。
「食べることの大切さ、
人と支え合うことの大事さを改めて感じた。」
シェアリングでは、
そんな声が多かったように思います。

体から沸いてくる言葉は、
生き生きとしていて心打たれます。

養生館 深澤

「意識すらしたことのないものの見方」 30代 女性

体の様子を観察するという事と、
「考えない」をする事を発見できました。
食べ方も含めて、ふだんの生活で今まで
意識すらしたことのないものの見方だったので、
知れただけで来てよかったです。

体質改善や体重が減ったらいいなぁーという
気軽な気持ちでしたが、
断食だけではなくて体や心、
生活自体についてたくさん考えました。

いろいろなプログラムで
普段は関わらないものに触れられて良かったです。
また来たいと思いました。

館の方も一緒に過ごしたみなさんも
おだやかですてきな方たちばかりだったので、
安心して過ごせました。
5日間本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくり感謝しながら」 20代 女性

普段空腹を感じたら
何かすぐに食べていたことに気付きました。
食事中もスマホの画面を見たり、
あわただしく、空腹感を消すべく
食事をしてしまっていました。

今回長時間空腹でいる時間があった後に、
少しずつよく味わって食べると、
食感や香り、噛む毎に増してくる甘み等、
感じる事ができました。

空腹感を消すためだけに早食いしてしまうと、
お腹は満たされているのに、
どうも満足できずに、食べ過ぎてしまう事が多いですが、
ゆっくり味わって食べると
少量でも心が満たされることが実感できました。
これからは、素材を活かした料理を作り、
ゆっくり感謝しながら味わって食べていきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食事のありがたみ」 30代 女性

思ったよりもヒドい反応は出ませんでしたが、
食事ができなことにイライラしたり、
どよんとした気持ちになりました。

食事のありがたみをすごく感じ、
1回1回の食事に感謝して
過ごしていこうと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大変有意義」 50代 女性

少々ご飯を食べなくても、
人間の身体は大丈夫なんだと知りました。
ヨガ瞑想を毎日生活に取り入れて行きます。

大変有意義に過ごさせて頂きました。
自分の幸せ、他の人の幸せ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「感謝の気持ち」 60代 女性

日常生活がなんと無駄に食べ、
体調を悪化させているのかということが、
実感できました。
自然の恵みを感じながらゆっくり味わっていただく…
あたりまえの感謝の気持ちをとりもどしたように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「丹田を意識して」 60代 女性

食の重要
よく噛んで食べる事
丹田を意識して生活する事
先生皆様ありがとうございました
先生の笑顔やさしいふんいき
お人柄でています
いやされました

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今週は気持ちいい、
秋晴れの日が続いてます。

今年の夏~秋は、天候が不順な日が多かったので、
秋晴れのカラッとした空気が、とっても気持ちいい。

滞在しているゲストのみなさんも、
あちこち出かけて、とっても楽しそう。

僕も原稿を書く宿題が終わったので、
この秋は、海と一緒にたくさん歩こうっと。
(^o^)/

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 10/12 (土曜日)

『 やすらぎ通信 』元気の回復法

『 やすらぎ通信 』 第755号 2019.10.12

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は台風真っただ中!
雨風が吹き荒れています。

こんなときにメルマガ・・・。
と一瞬思いましたが、
こんな時だからこそ、
みんなに元気を届けたい、
そんな気持ちでお送りしてます。

配信が終わるまで、
停電するなよ~。


【目次】

【1】元気の回復法

【2】女性のためのリトリート
2020年1月18日(土)1泊2日
やすらぎの里・本館にて

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】元気の回復法

先日、「人材活性プロデューサー」の
大谷由里子さんのプチ断食の合宿がありました。

大谷さんの仲間が15人集まって、
本館を借し切りで「プチ断食」の体験。

みんな忙しい人たちばかりなんですが、
前向きなエネルギーにあふれています。

みんなで楽しく笑って、
やすらぎの里を堪能していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面談でひとりひとりと話をすると、
それぞれに悩みや体調不良を抱えています。

それが大谷さんを囲んで集まると、
楽しいことに意識が向くので、
自然に元気になっている。

元気だから楽しめているんじゃなくて、
楽しんでいるうちに、元気になっている。

どんな人でも、落ち込んだり、
体調を崩すことはあります。

そこから、いかに回復していくか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも元気に見える人は、
自分の元気の回復法を知っています。

調子が悪くなっても、
これをすれば大丈夫、
ここに行けば大丈夫。

やすらぎの里はそのための場所。

大谷さんがみんなに、
声をかけている姿を見て、
元気を出させるプロの在り方を学びました。

「読むだけでヤル気がみなぎる 元気セラピー」
大谷さんのロングセラーの最新版です。

■ 大谷さんのホームページ


【2】女性のためのリトリート

4月におこなったリトリートが好評で、
内容をバージョンアップして、再開催です!

日程:2020年1月18日(土)1泊2日
場所:やすらぎの里・本館にて
講師:バービー(池田和見)
自己の子宮頸癌治療後の夫婦の性生活に悩み、
日本アマナ性共育協会のレッスンにより劇的に改善。
女性としての自信を取り戻した
涙の物語を伝えたくて女性性について勉強中。

内容
・大人の女性性共育講座(座学)
・骨盤底筋トレーニング・膣トレ等
・性に対するワーク(実用心理学)
・アマナタッチによる皮膚感覚の開花体験

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~もっと自分と向き合う性の話~

人間が持つ3大欲求「食欲・性欲・睡眠欲」
このどれかひとつが欠けてしまうと、
人間は肉体を健康に維持できないといいます。

大自然のやすらぎの里という美しい場所で、
「性」を学ぶ事で自分と向き合い、
自分と繋がることで世界と繋がる
そんなお話ができたらと思います。

■ 女性のためのリトリート


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は10月4日から
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

のんびりすること。
やすらぎの里には
たっぷりのんびりする時間があります。

「のんびりする時間」、
場合によってはこれが何よりの薬になるなぁ・・・
と感じます。

アンケートにも書いてありました。
日常ではのんびりすることに罪悪感がある。

やすらぎの里は「のんびりする場所」、
でもあると思います。
ゲストみ~んなでのんびりしますから、
何の罪悪感もなく、のんびりできます。

普段忙しい人こそ、
たっぷりのんびりする必要がある。
そんな時間を作らないで、忙しいままだと、
からだは「お願い休んで~」と、
痛み、だるさ、あらゆる身体感覚で、
サインを出してくれます。

不快感を取り除いてくれるお薬はあります。
でも「のんびりする時間」が、
不快感や不調によく効く場合も多いと感じます。

薬だ、と思って、
のんびりする時間を設けることも、
時には必要なのかもしれません。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心休まる施設」 50代 女性

スタッフの皆さんの笑顔、清潔感。
全てが清潔で、自然で、
心休まる施設と思いました。
お料理(お茶、ジュース、回復食すべて)
が美味しく、
断食のつらさはありませんでした。

無理せず、人と比べず、
他人の言うことを過剰に気にせず、
心静かに毎日を過ごしたいと思いました。

またお世話になります!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「定期的に来たいです」 40代 女性

定期的に脳を休めることが必要だなと。

疲れ切ってからではなく、
自分の生活の中に取り込んで、
定期的に来たいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「素敵な空間」 60代 女性

治療が気持ち良かった。
気功、散歩、講座など、
とても良かったです。

食べなくても体は意外に持つものだ。
のんびりゆっくり過ごすのは、
この様な所に来ないとなかなか出来ない。
素敵な空間をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の声を聞く事」 50代 女性

様々なプログラム(温泉、岩盤浴を含む)があり、
自分の調子に合わせて、
自由参加という所が良かった。
まさに自分の心身や心の声を聞いて
スケジュールを決められる所が良かった。

食生活を改善したいと思い参加しましたが、
食生活のみならず、
衣食住、働くこと、家族のこと、友人のこと、
人付き合い、そしてなにより、
自分自身のこと、自分の心地いいを知る、
自分の声を聞いて生活してみようと
考えるようになりました。

自分が心地よくなければ、
自分が幸せな気持ちにならなければ、
周りの人を幸せに出来ない。

周りの為と無理をして
ストレスをためるのも良くない。

また刺激の多い生活環境に戻るわけですが、
今回の滞在で感じた、
自分の声を聞く事を実践していきたいと思います。

スタッフの皆様、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「たまには自分を甘やかす」 40代 女性

とにかくスタッフの皆さんが優しく、
穏やか、親切で素晴らしいです。

スリッパに部屋番号がついていたり、
それぞれの部屋にスケジュールや
お花が飾られていたり、
おもてなしの心を感じて感動しました。

リピーターが多い理由だと思います。
館内が清潔で、温泉などもあり、
飽きないことと、自分のペースで
過ごせることもありがたいです。

「ゆっくりする」「のんびりする」というと、
どこかサボっているような感じがしてしまいますが、
あえてその時間を作ることの大切さを感じました。

スッキリ目覚め「眠くない」と感じるのは、
久しぶりな気がします。
自分の声に耳を傾け、
たまには自分を甘やかしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食す幸せ」 30代 女性

スタッフが皆様おだやかで、
余計な干渉が無い。
治療やプログラム等も
強制でないところが良い。
立地が良い。
散歩がてら、海を見たり、山に行けたりする
距離感が良い。

常に食に対して何も考えていない事が
良くわかった。

本当におなかがすいた時に食べ物の
においなどを感じて食す幸せを知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自然に身を置く幸せ」 50代 女性

断食は内臓を休めるのに良いと
以前から知っておりましたが、
自宅に居ますと中々実践できませんので、
整った環境で実現出来て良かったです。

まず、食事の改善をしなければと思いました。
噛む回数の多い食材を選び、
しっかり噛んでいただくことを、
改めて意識しなければと思いました。

自然に身を置く幸せを
感じさせていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べなくても動ける」 女性

スタッフさんもやさしく、
とても親切でした。
全体的に満足しています。
ありがとうございました。

食べることが「仕事で動ける」
「仕事で動けないのは」食べないからだ、
と思い込んでいたのですが、
考えが変わりました。

食べなくても「仕事で動ける」、
食べることはもっと自分のためなのだな、
と知れました
おかげ様です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆるやかな時間」 50代 男性

静かな場所とスケジュールにとらわれない
「ゆるやかな時間」。
プライベートが守られている個室。
キャストの笑顔と物静かなところ。

「食べなくてはいけない」という思い込みが
過食を招いていたことである。

2、3日食べなくても全く問題ない。
お腹がいくら鳴っても食べなくて良い。
無駄に食べず必要な時だけ良いものを摂る。

20歳の時の体重に戻したので、
行動も若々しく活動的にする。

何よりのご馳走は
「静寂」であるということ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「次は一週間」 50代 女性

沢山のプログラムで空腹を感じることもなく、
たのしく正食を学ばせて頂けてよかったです。

岩盤浴、温泉、
足湯も存分に楽しませて頂きました。
次は一週間に伺いたいです。

すてきな空間で美味しいお料理、
飲み物に感謝申し上げます。

スタッフの皆様、先生方のご指導が
的確で、とてもお勉強になりました。
整体・アロマの睡眠は、
日頃の一週間分の深い眠りを
させて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「パワー充電完了です!」 50代 女性

日常から切り離され時間を気にせず、
ゆっくりできました。
時にはスケジュールをスキップして、
マイペースを心がけました。
人とつかず離れず過ごせました。

人生の折り返しをとっくに過ぎて、
体のこと、心のこと、食のことなど、
ゆっくり考えてみたくて滞在しました。

これからの余生(笑)を前向きに、
心穏やかに過ごせそうです。
パワー充電完了です!
充電切れたらまた来ます!

気持ち良く過ごせました。
皆様ありがとうございました^^

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今日はゲストのみなさん、早めに帰宅して、
来る方も計画運休で、本館の滞在者はなし。

本館だけでもスタッフを早く帰せるので、
ほっとしてます。

高原館と養生館は、
ほぼ満室のゲストがいるので、
主なスタッフは、今夜は自主的に泊り。

みんな本当によくやってくれます。

大きな被害が出ないで、
台風が過ぎ去ってくれますように。
もう祈るしかないです。
( ̄m ̄)

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 9/17 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』がんばらない練習

『 やすらぎ通信 』 第752号 2019.9.17

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は青空が広がり、
秋風がそよぐ気持ちのいい天気。

晴れているので、日差しは強いですが、
空気がサラッとしているので、
日陰は快適です。

今週はテラスの日陰のベンチが人気。

海を見ながら、
ソラ君と一緒にボ~っとできるので、
心も体もやすらぎます。

トンボが舞い飛ぶ伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】がんばらない練習

【2】お坊さんから教わる瞑想リトリート
11月30日(土)1泊2日・本館にて

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記

━━━━━━━━━━━
【1】がんばらない練習
━━━━━━━━━━━

今回は、地道にファンが増えている、
高原館のくさむら先生の記事を紹介します。

この話、思い当たる人が、
多いんじゃないかな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは、
高原館のくさむらです。

やすらぎの里に来てくださる皆さんの多くは、
普段とてもがんばっていらっしゃる、
そんな風に思います。

そんな皆さんに、
高原館でやっていただきたいこと。
それは・・・
がんばらない、だらだらする、ゆっくりする。
そんなことです。

がんばることは大得意な皆さん。
でも、がんばらないことには不慣れ。

がんばったら頑張った分、
がんばらない時間も同じくらい、
必要なのかな、と感じています。

そうしないと
心身バランスが崩れてしまう、
そんな気がします。

がんばるのが得意な方に必要なのは、
「がんばらない練習」なのかもしれません。

だらだらぁ~っとする練習。
ゆるゆるぅ~っとする練習。

やすらぎの里には、
がんばらない練習をする環境が、
整っていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

がんばらないことに、
罪悪感を持つ方もいるかもしれません。

でも、がんばらない時間を持たないと、
がんばれなくなってしまいます。

がんばるために、
がんばらない時間をつくる。

そうすることで、
体も心も健やかでいられるのかもしれません^^

■ 高原館のプログラム

━━━━━━━━━━━
【2】お坊さんから教わる瞑想リトリート
━━━━━━━━━━━

毎回好評のお坊さんから教わる
「気づきの瞑想リトリート」
2019年11月30日(土)1泊2日
やすらぎの里「本館」で開催。

6月にも開催して、みなさんにとっても好評だった、
お坊さんから教わる「気づきの瞑想リトリート」
また11月末に開催です!

横浜にある瞑想スタジオ「SOWAKA」の代表で、
僧侶の入山文章さんの瞑想レッスンと、
シンプルだけど深いお話を伺います。

お坊さんならではの心に染みるお話しと、
やすらぎの精進料理と温泉で、
心も体もやすらいでください。

入山文章さんのブログは、気づき満載です。

■ お坊さんから教わる瞑想リトリート

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は9月6日から
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日の夜、
台風の影響で停電してしまった高原館。
養生館へ移動しての面談、朝食、となりました。

ゲストの皆さんには、
慌ただしい思いをさせてしまい、
申し訳ない気持ちでした。
しかし、ゲストの皆さん、
嫌な顔一つせず、むしろ私たちに
気をつかって協力してくださり、
感謝の思いでいっぱいです。

こうした緊急時こそ、
「マインドフルネス」が大切なのかもしれない、
そんなことを感じました。

今できることに集中して、それに専念する。
「ああなるかもしれない・・・」
という予測をしておくのも大切なことですが、
そればかりを考えていては、
今やるべきことが疎かになり、
判断も鈍ります。

ある程度の予測をしたら、
あとは考えるのをやめて、
目の前のことに専念をする。

私は車の運転が大の苦手で、
道にもよく迷います。
今回の台風、
倒木で通れない道が多くありました。

慣れないバックをし、普段通らない道を走り。
まさに「運転だけに専念」。
普段絶対無理、と思うようなことが、
出来ました。

「目の前のことに専念をする」
ということは、
人の可能性を広げてくれもするのだな・・・
と感じました。

ゲストの皆さんには
「台風も良い思い出です!」
と言っていただきました。

本当に、様々なお気づかい、
助けていただきました。
ありがとうございました。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べ物で体がつくられる」 20代 女性

食べ物がない環境だと、
あまりお腹は空かないということ。
いつもどれだけ食べ物に囲まれて、
無駄な摂取をして、
体を傷めつけているのかと苦しくなった。

そして“よく噛む”のがなぜ良いのか、
身をもって知ることができた。
それは、食べ物を知り、感謝しながら
食すことができ、
自分の体を知ることができる。

一種の瞑想状態に入ることで、
食を楽しむことができる。
そう学べたと思います。

食べ物で体がつくられるからこそ、
気を付けて生活したいなと思いました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「美味しく楽しい生活」 50代 女性

五感を使うことの大切さを実感しました。
特に食べることが好きなので、
素材の味を大切にした料理を1品でも
取り入れるよう心がけようと思いました。

適度な運動、無理をしない、
ストレスをよく解放して、
美味しく楽しい生活を心掛けたいと思います。

脂肪とストレスを溜め込む生活をするように
なってきたら、又来させていただきます。
その時はよろしくお願い致します!!
ありがとうございました^^
(今度は食事有で参加したいと思います)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「とても良かったです!」 40代 女性

食事をリセット出来て、さらに岩盤浴や
温泉、ヨガやウォーキングなど、
1人で参加して宿泊できるところに
魅力を感じました。

お風呂のアロマジェル、お茶がいつでも
飲み放題なところが本当に良かったです。
ポットに入っていて有難い!
本の種類も充実していて、しかも
気になる読みたい本がいっぱいあって、
とても良かったです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お肌が絶好調」 50代 女性

自分の食生活が
いかに乱れているかを実感した。
丁寧に作ってくださったお食事に感心した。

食事か岩盤浴かパックか、
それら全部かわからないが、
肌がすべすべで絶好調。

体が欲するものをとらないと、
私の場合は元気もやる気も出ないので、
旅行として来るのではなく、
「やすらぎの里」として来ようと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「のんびりできる」 40代 女性

高原館は3回目ですが、
のんびりできるところが気に入っています。
今回は食事の見直し、
マインドフルネスを帰ってからも
継続的に取り組みたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「必要なことが学べた」 50代 女性

断食だけでなく、
色々な講座や運動、温泉、マッサージ
等々、体調を整えるために、
必要なことが学べました。

今の時代、食べ物は何でも手に入り、
いつでも好きな物が食べられますが、
自分の体のことを思いやり、
食材を選んで味わい、
ゆっくり楽しみながら食べたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「休むことが大切」 50代 男性

いろいろヒントになる本があった。
自由な時間が多くあった。
台風があっても、
いろいろと対応してもらった。
塩分の濃いものを多くとっていた。
休むこと(普段も)が大切と思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リセットされていく」 60代 女性

自分の日常生活の混沌・・・
を痛感しました。
何もしない、ゆったり、
とした暮らしの中で、
リセットされていくのを感じました。

そのような気づきをいただける
状況をたくさん作って用意してくださり、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「プログラムが有意義」 60代 男性

単なる断食だけでなく、
ヨガ、食事の話などのプログラムが
有意義であった。

食事を丁寧に、大事にすることによって、
過食→肥満が防げると実感した。
約3キロ~4キロ減量できた。
有難うございます。
今後の日常生活にこの断食
(ゆっくり味わって食べる)
を実践していきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「勉強になりました」 60代 女性

いろいろなプログラムで、
今までに無い経験をしました。
飽きなかったです。
とにかく食事が美味しく、
スタッフの方が親切でした。

本も沢山あり、読んだので、意識が高まりました。
いろいろな年代の方と話ができて、
興味深く勉強になりました。
最終日は自然の凄さに驚きましたが、
ゆるりと対応して頂いて、助かりました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ていねいに暮らしていく」 30代 女性

“食”について考えることは
“生き方の問題”だ、
という代表さんの言葉が印象に残りました。
これから日々ていねいに暮らしていくことを
心がけていきたいです。

台風に遭遇したことも思い出になりました。
お片付け大変だと思いますが、
また来たいと思いますので、
頑張ってください。

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

先週の今頃は、
台風の復旧でドタバタでしたが、
一週間経って、すっかり落ち着きました。

あちこちの倒木の撤去も進んでいますが、
いまだに続いているのが、
池の水田の水没。

里山の田園風景が広がる景色が、
まるで湖のようになっています。

たぶん今年の収穫は無理だと思うので、
せめて、地酒の「池」を買って応援しよう。
(^^;)

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 9/12 (木曜日)

『 やすらぎ通信 』リトリートの場を整える

『 やすらぎ通信 』 第751号 2019.9.12

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原はうっすら雲が広がり、
雲の合間から青空がのぞく気持ちのいい天気。

台風でかなりムシムシした日が続きましたが、
今日は秋らしい爽やかな風。

台風であちこち被害が出ていますが、
復旧工事がスムーズに進みますように。

すすきの穂が開き始めた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】リトリートの場を整える

【2】日比響子さんの断食体験レポート

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】リトリートの場を整える

先日の台風では「みなさん無事ですか」と、
リピーターのみなさんからご連絡いただきました。

伊東市で被害が出ていると、
ニュースでも伝えられていましたが、
やすらぎの里では、
養生館の屋上露天風呂に被害が出ました。

露天風呂の入り口の囲いと塀が、
台風の風で倒壊したのです。
最初に見た時は唖然としました。

2日後には養生館のみなさんが入所するし、
この時期は、屋上の露天風呂は大人気ですから、
ずっと使えないというのは避けたい。

業者に連絡したら、
「屋根が飛んだりして、
生活に支障が出ている人を
優先して工事してあげたい」という返答。

確かにそれはそうです。

それじゃあ、自分たちでやるしかないねと、
養生館のはるか先生とメンテの加藤君と、
3人で応急の復旧工事をやることに。

ばらばらになった柱や板を
パズルのように組み立てて、
補強金具と木材で固定していく。

飛んでなくなった部材や、
折れた柱は、あるもので代用して。

炎天下の下、汗だくになりながら、
なんとか使える状態に仕上げました。

久しぶりに全力を出し切り、
汗も出し切り、めっちゃ疲れたけど、
終わった後の達成感と清々しいこと。

体は疲れているけど、
頭はとてもスッキリして、
生きてる充実感がみなぎっていました。

「ゲストのみんなが日常から離れて、
静かな環境で自分の心身と向き合い、
自分で気づける」そんなリトリートの場を整える。

そこが最もやりがいを感じるところで、
そのためだったら、
人から見たら大変そうなことも、
楽しみながら出来る。

自分の好きを再確認した、
台風の復旧工事でした。

これからの時期は、
きれいな月も眺められ、
水平線から上る日の出が拝める、
養生館の屋上露天風呂に入りに来ませんか。

■ 養生館について


【2】日比響子さんの断食体験レポート

東京の下北沢で隠れ家スタジオ
「amical?&yoga sutudio hi_bi」を主宰している日比響子さんが、
昨年に引き続き断食レポートをアップしてくれました。

「2019断食体験レポート」

響子さんの断食レポートは、
断食の本質的なことを思い出させてくれます。

読んでて、僕も初心に戻る気持ちになります。

響子さんはフリーのライターから、ヨガの先生、
そして「amical?」というボディーケアを通して、
心と体のつながりを分かりやすく伝えています。

■ amical?&yoga sutudio hi_bi


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は8月28日から
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きているということを強く実感しました」
そんな声がありました。
忙しかったり、便利になりすぎると
いつの間にか体は置き去りの状態になってきます。

養生館では体の存在を思い出し、
心と体のつながりを繰り返し感じていきます。

そうすることで、「確かに今を生きている手ごたえ」
それを取り戻せるのではないかと思っています。
深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「精神的な変化」 10代 女性

想像と違って、私にとってこの滞在は
身体的な変化よりも精神的な変化の方がとても大きかったです。
5日間、自分と向き合い続けることで、
今までわからなかった食べる幸せや、
体を動かす幸せを感じ、
生きているという事を強く実感しました。

はるか先生のやわらかな雰囲気が
ゆったりくつろげる養生館とぴったりでとても癒されました。
最初は不安でしたが、勇気を出して参加して本当に良かったです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ドキドキして初めて参加」 70代 女性

道場に参加された人達も良かったし、
スタッフの方々も同様、ドキドキして初めて参加したけれど、
プログラムも良かったし、非常にうれしく思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今を生きる」 50代 女性

今を生きる、今に集中することが大切だと思った。
食事をありがたく食べる事をわすれていた。
きちんと「いただきます」をして、味わって食べようと思います。
大切にしていきたいと思いました。
4日間ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「身体の声を聞く」 40代 女性

食べることは好きだったけれども、
食を大切にしていなかったとしみじみ思いました。
質の良い食事、適度な運動と汗、
また身体の声を聞くことの大切さを学べて本当に良かったです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくり養生」 20代 女性

ゆっくり養生することの大切さがわかりました。
食事を味わって食べるのはとても大事なことだと思いました。

体を動かすのは、
自分の体にとても良い事だというのがよくわかりました。
自然と一体になるのはすごく気持ちがよかったです。

ストレスを感じなければ、
すぐ体重が落ちるのが分かって良かったです。
普段、食べ物をあんなに
食べる必要はなかったというのがわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きている喜び」 50代 女性

まだまだ、家に帰ると
たくさんたべることもあるかと思うのですが、
いろんなヒントを教えてもらいましたので、
できるだけ思いだしたいと思います。

ドライフルーツがあんなにも
美味しいと思ったのは初めてです。
食べる事がヒトとして
生きている喜びだなぁと思いました。
美味しいお食事、すてきな講座、
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

伊豆高原も台風被害が出ましたが、
停電や断水など、順調に復旧しています。

しかし、風による倒木は、
まだあちこちで無残な姿をそのままにしています。

今朝はみんなで城ケ崎の吊り橋に行ったんですが、
大きな木が根こそぎ倒れていました。

吊り橋を眺められる展望台も大木が倒れて、
使えなくなっていました。

災害が起こると、
普段通りの生活ができることが、
当たり前のことではないというのを、
しみじみ感じます。

当たり前を断つことで、
当たり前だと思っている普段の生活を
感謝の心で感じ直す。

断食で伝えたいことの大切なことです。

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る