する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2019 3/17 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「『仕事を持ってきてしまったんです・・』②」

こんにちは、高原館のくさむらです。
今朝の伊豆高原は冷え込み、車に霜が・・・!
霜

朝のお散歩では綺麗な朝日が見られました。
asahi

気温が低くて空気が澄んでいたので、
大島、利島、新島などが見られましたよ~。

さて、昨日ブログにアップした
「『仕事を持ってきてしまったんです・・』」
の記事に、さっそくのコメントをいただきました。

やはり「うしろめたさを感じながら仕事を持ちこんでいた」
とのご感想でした。
そして「仕事は気持ちよく捗った」との貴重な体験談もいただきました。

「やすらぎを感じながらいい仕事をする」
そんな体験を出来る場としても、
ご利用いただけたら嬉しいなと感じます。

お仕事に疲れたら、大室山がパワーをくれますよ~。
大室山

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪⇒高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 3/16 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「『仕事を持ってきてしまったんです・・』」

こんにちは、高原館のくさむらです。

DSC_0064高原館の自慢は、開放的で広々とした広間。
大きな窓からたくさん気持ちよい光が入ってきます。

最近ゲストの方から
「仕事を持ってきしまったんです・・・」
とのお話をよくいただきます。
皆さん言いにくそうに、そんな話をしてくださいます。

静かな環境で、そして整った体で集中して仕事をする。
わたしはとても良いのではないかな?と思います。
(実際にゲストの方がお仕事をしている光景をよく見るようになりました)

朝はお散歩で美味しい空気を吸いながら歩き、
体操で緊張していた体をぐぅ~っと解放してあげて、
さらに治療でもっと緩めてあげる。
そのあとはスムージーでビタミンチャージ。

DSC_0063そんな気持ちの良いからだとここころの状態で仕事をする。
心地良い光がたっぷり差し込むこんな広間で。

疲れたら温泉に浸かってほっと一息。
のんびりお散歩をしてみるのも良いかもしれません。
そしてさっぱりしたクリアな頭で再びデスクに向かう。

波のように押し寄せてくる情報から距離を置いた環境。
自分のからだとこころの声がよく聞こえるようになります。

忙しい日常では生まれないアイディアが、
ここ伊豆高原で生まれるかもしれません。

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪⇒高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 3/12 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』ファスティング(断食)の準備食

『 やすらぎ通信 』 第725号 2019.3.12

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

■━━━━━━━━━■

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝から快晴!
テラスの向こうには、真っ青な海と澄んだ空。

風もなく小春日和なので、
ゲストのみなさん、テラスで気持ちよさそうに、
お茶したり、ベンチで本を読んだりしています。

朝のテラス

今朝の散歩は「池の里山コース」
朝日で赤く染った山を見ながら、
静かな里山を散歩しました。

朝露で濡れた草が朝日に照らされ、
キラキラ輝き、ウグイスの声が山に響く。
朝もやの立ち込める里山の景色、
川の流れる音・・・。

心が洗われる朝の散歩でした。

城ケ崎桜が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】ファスティング(断食)の準備食

【2】やすらぎのお料理動画
「自然の恵みケーキ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら


【1】ファスティング(断食)の準備食

ファスティング(断食)をする際に、
断食前に食事の量や内容を
調整していく食事を準備食といいます。

先週の通信でお伝えしたように、
断食中に頭痛が出る方は、
糖分や塩分、カフェインが急激に減ったことに、
体がうまく調整できずに出ている症状です。

●断食中の頭痛について

断食の一週間くらい前から、
しっかり準備を進めていれば、
断食中も辛い症状が出ないので、
気分よく断食することができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「断食前の準備食の日数」

準備食はファスティング(断食)の
一週間前から始めます。

○一週間前~3日前
・あっさりした和食を心がける。
・外食で選ぶお店は、定食屋さん、お蕎麦屋さん
・コンビニだったら、幕の内弁当やおにぎりとサラダ、ゆで卵など
・夕食はお鍋がベストです。
・甘い物、味の濃いもの、お酒、コーヒーを
たくさん摂っている方は、徐々に減らしていきます。

○3日前~2日前
・あっさりした和食を腹八分目にする。
・甘い物、味の濃いもの、お酒、コーヒーは、
 一日一回、少量だけにする。

○前日
・あっさりした和食を腹六分目にする。
・甘い物、味の濃いもの、お酒、コーヒーはやめる。

○当日の朝
・朝から食事は摂らないで、水分はちびちび頻繁にとる。

特に、毎回断食反応が出る方や、
断食が初めてで心配な方、
断食の効果をさらに高めたい方は、
準備食もしっかり取り組んでみましょう。

今回は、断食前の「準備食」について紹介しました。

■ 断食について 


【2】やすらぎのお料理動画

3月から養生館の小針先生の後を引き継いで、
養生館の館長としてがんばっている「はるか先生」が、
やすらぎのお料理動画をアップしてくれました。

やすらぎのお料理動画
「自然の恵みケーキ」

ドライフルーツやナッツなど、
自然の素材そのものの優しい味わいのケーキです。

■ 養生館のイケメン王子「心のやすらぎブログ」


【3】寄せ書きから
やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は2月20日から4泊5日
養生館に滞在したゲストのみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の養生講座でした。
拍手がずっと続き、
「アンコール」の大合唱。
みんなと握手、抱擁でお別れしました。

すべてのプログラムを深澤先生に引き継ぎましたが、
3月いっぱいは養生館にいます。

残務整理とみなさんとお話しするのが楽しみです。

小針

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「とてもクリアに」50代女性

想定を超えた問題に出会ったとき、
たくさんのスピリチュアルな人に会って
答えを見つけようとしたことがあります。

ぼんやりわかりかけてきたことが、
先生のお話でとてもクリアになりました。
これからのご活躍をお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽しすぎる」40代女性

やすらぎの里でたくさんの刺激と癒しをいただきました。
多くの気づきと学び心に残った言葉がたくさんあります。

今回の滞在は人生の中で心に残るビッグイベントです。
楽しすぎる5日間でした。

先生とのご縁をこれからも大切にしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽になりました」40代女性

小針先生の講座を聴いて自分の健康への考え方が、
ガラリと変わりました。
昔と比べればずいぶん楽になりました。

また、ハリー先生に会いに行きます。
はるか先生、養生館にまた来ますので
これからよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体の主人でありたい」60代女性

小針先生の最後の講座、
本当に楽しくて有意義で心打たれました。

毎年ますますパワーアップしていますね。
そして引き継ぐ深澤先生の若さと
優しい人柄がにじみ出て、ますます癒されます。

お食事も心配りが感じられ大変おいしくいただきました。
私が思ったことは「自分が食べたい」という欲求ではなく、
「自分の体が今何を食べたいか」内臓に語り掛けよう!
って思いました。

内臓たちの声を聴いてあげられる
私の体の主人でありたいと思います。

小針先生ありがとうございました。
そして深澤先生これからもどうぞよろしく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「また帰ってきたい」40代女性

たくさんの愛と勇気をもらえました。
(あと楽しい気持ちたくさん)
ありがとうございました。

あの時、小針先生の一声がなかったら、
あの時、養生館に来ていなかったら、
今の安らいだ気持ちにはなれなかったと思います。

また帰ってきたいと思える場所です。
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

養生館の小針先生から、
はるか先生への引継ぎが終了。

小針先生が丁寧に指導してくれたおかげで、
はるか先生もすっかり館長の風格に。

若くて優しいイケメン先生に、
早くもおばさま達の熱い視線が集まっています。

養生館は予約にゆとりがあるので、
思い立ったら、すぐ参加できます。

新たな養生館で、
心と体を整えてみませんか。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 3/12

高原館ゲストのみなさんの声・3月8日~

3月8日から高原館に滞在した皆さんの声です。

aozora(最終日は雨予報でしたが、なんと青空が見られました~!)

「何もしないで過ごすことができた」
というご感想を、とてもよくいただきます。

今の世の中、「何かする」よりも、
「何もしない」、という事の方が、
難しくなっているのだなぁ・・・、
と感じさせられます。

テレビやパソコン、スマホから、
絶え間なく情報が流れ込んできます。
いつも何かに急かされ、いつも何かに追われ。

伊豆高原、やすらぎの里に来ると、
自分を急かすものや、自分を追ってくるものが
ありません。

その環境で、やっ・・・と、「何もしない」、
でいられる。
やっと「やすらぎ」を感じられる。

わたしは今の世の中にこそ、
安心して「何もしない」でいられる場所が、
必要なのだろうな、と感じています。

安心して「何もしない」でいられる場所。
そんな場づくりを一生懸命していきたいなと思います。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当に何もせず」 30代 女性

本当に何もせずにすごすことができた。
前向きになった。(帰る日に)
3泊4日というのがちょうど良いと感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「当たり前の幸せを感じる」 20代 女性

普段の生活なのかにある当たり前の幸せを
改めて感じることができました。
これからも食べる物、食べることを考えながら
過ごしたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生きていることのすばらしさ」 50代 女性

生きている事のすばらしさを
実感致しました。
ありがとうございました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食の大切さに気付く」 40代 女性

フルーツティーがおいしかったです。
食の大切さ、ふだんどれだけ暴飲暴食
しているかに気付くことができました。
年に一回は参加したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無理をしない事」 女性

もっとのんびりすごし、睡眠時間をたくさんとる
ということ。
無理をしないことが大切だと感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「有意義な3泊4日!」 30代 女性

毎日楽しくすごすためにはリフレッシュする
時間が本当に大切なんだなと気づかされました。
本当に有意義な3泊4日でした!
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくり集中」 40代 男性

伊豆の静かな環境、俗世間から隔離しているから
ゆっくりできるし集中することもできました。
やさしく生きて行こうと思いました、何事も。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「シンプルな味のおいしさ」 20代 女性

素材そのもののシンプルな味のおいしさ
食べたい時に当たり前に食べられる
幸せに気づくことができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくりできて自由」 40代 女性

ゆっくりできて自由。
自分が甘いものを食べすぎていると
思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくりよくかんで食べる」 30代 女性

食事がおいしく、自宅じゃない環境なので、
抑制できる。
ゆっくりかんで食べる事の大切さが
良くわかりました。
今まで食べすぎでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 3/11 (月曜日)

高原館のゆるゆる日記「サイレントウォーキング♪」

おはようございます、高原館のくさむらです。
IMG_2884

今日のサイレントウォーク、とっても素敵な空が見られました。
前日の夕方から強い雨が降り、
「明日のウォーキングは無理かぁ・・・」
とあきらめていたので、嬉しかったです。

ゲストの皆さんも、きれいな景色に
喜んでくださいました。

少し早起きをして。
伊豆高原の美味しい空気を吸いながら。
鳥さんの鳴き声をききながら。

そんな朝のお散歩は本当に気持ちが良いです。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る