する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2019 12/31 (火曜日)

高原館のゆるゆる日記「過程を味わうと美味しくなる?」


(大沢先生と奥さんの共同作業です!)

こんにちは、高原館のくさむらです。

高原館では今日「お餅つき」が行われました!

スーパーマーケットに行けば、お餅は簡単に手に入ります。
レンジで温めたり、コンロで炊いたり、すぐに食べられます。

でも、あえて、蒸したもち米をついてお餅にする。
ついているうちに、お腹もしっかり空いてきて、
食べられるワクワク感が増してきます。

そうして、ついに、つきたてのお餅が口の中に・・・

「美味しい~・・・」と、声が漏れ出てしまいます。

いくら美味しいお餅でも、自分でついたお餅には、
敵わないような気がします。

一生懸命もち米をついてお餅していく。
その過程が自分の中に「美味しさ」を作っているのかな?
と思いました。

食べ物そのものの美味しさがあるのはもちろんですが、
その過程を味わうことで、美味しさが増す。
そいうこともあるのかもしれないな、と感じた餅つき大会でした^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 12/31

『 やすらぎ通信 』今年もありがとうございました

『 やすらぎ通信 』 第763号 2019.12.31

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

おはようございます!
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雨上がりの清々しい朝です。

今朝はみんなで神祇大社へ、
「晦日詣」に行ってきました。

神祇大社は、初詣は人で混雑しますが、
大晦日の朝は貸切り状態で、
心静かにお参りができました。

今年一年、たくさんの人に支えられて、
無事に過ごせたのは、
当たり前ではなく、有難いこと。

大晦日は自然に「ありがとうございます」という、
感謝の気持ちが湧いてきますね。

暖かい大晦日の伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】今年もありがとうございました

【2】小冊子が好評です!
「食養生とリトリート」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ 本館の空き室状況はこちら

空き室状況

■ 高原館の空き室状況はこちら


【1】今年もありがとうございました

みなさんにとって、
今年はどんな年だったでしょうか。

僕はよく働いた年でした。

年明けから雑誌やテレビの取材があり、
6月末のNHKドキュメント72時間の放送直後は、
サーバーがパンクする程のアクセスがありました。

こんなにも、この施設に関心がある人がいるんだと、
改めて、実感しました。

自分なりに伝えていたつもりでしたが、
まだまだ知られていなんだな~と、
少し反省。

ただの「断食道場」ではなく、
日常から離れた、静かな自然の中で、
自分の心と身体と向き合うリトリート。

そんな場所があるということを
分かりやすく写真で知ってもらうために、
やすらぎの里の小冊子も作りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビの取材もそうですが、
たくさんのゲストの人に支えられて、
やすらぎの里が運営できること、
しみじみ有り難いなあ~と感じています。

今年も一年、
本当にありがとうございました。

来年がみなさまにとって、
やすらぎの年になりますように。

どうぞ、良いお年をお迎えください。
(^人^)

■ 大沢のメッセージ


【2】小冊子が好評です!

やすらぎの里の小冊子
「食養生とリトリート」が好評です!

やすらぎの里でおこなっている
「断食」や「食養生」の一週間の流れが、
写真で分かるようになっています。

リピーターの方は、やすらぎの里での日々を思い出し、
普段の食事を見直すきっかけにもなると思います。

購入希望の方は「お問い合わせフォーム」に必要事項をご記入いただき、
お問い合わせ内容の欄に「 小冊子  冊 希望 」

お問合せ

カード決済希望の方は「クレジットで支払い」とご記入ください。
銀行振り込み希望の方は「振り込みで後払い」とご記入ください。

どちらも送料無料でメール便でお送りします。

カード決済希望の方は、決済確認後の発送、
銀行振り込みの方は、請求書を同封して送りますので、
届きましたら、ご指定のお日にちまでにお振込みください。

ご不明な点がございましたら、
何でもお気軽にお問い合わせください。

■ やすらぎの里の小冊子


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は12月22日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

昨年も同じ時期に参加した方も多く、
来た日から「久しぶり~!」の声が聞こえました。

陰が極まる冬至の日からスタートした一週間。

忙しい毎日で疲れた体を休め、
一年を振り返るには、
とってもいい期間ですね。

普段酷使している体をいたわり、
静かに自分と向き合う一週間。

断食を超えた、その先にある、
「断食×リトリート」

しないという贅沢を味わえます。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の定点観測」50代 男性

毎年恒例で、この時期にここで過ごし、
一年頑張ったご褒美として、
自分へのご褒美として、
心身のメンテも兼ねて来ています。

毎年一回、ほぼ同じ時期に来ることで、
自分の定点観測になっていると感じました。
維持、向上できた点と劣った点、
ここで修正点を見つけて、
また来年にチャレンジします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一年の疲れを癒し」50代 女性

一年の疲れを癒し、
デトックスと共に、
新たな年を迎えるための準備が、
出来ればと思いました。

久しぶりのゆとりのある時間で、
心と体が整い、
仕事のアイディアが湧いてきました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「内省する時間」50代 女性

心身ともに疲れていたので、
リフレッシュしたく、
久しぶりに利用して、
相変わらずの居心地の良さに、
癒されました。

自分と対峙でき、
内省することができ、
とてもいい時間でした。

“がんばろう!!”という意欲が、
出てきました。また伺います!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ドキュメント72時間を見て」30代 女性

いつも頭痛や肩こり、暴飲暴食で荒れた生活で、
心も脳も疲れて体調もいまいちでした。
NHKのドキュメント72時間を見て、
一度体内をリセットしたいと思い、
参加しました。

人生初の断食で、最初の3日間は、
とてもつらかったです。
頭痛、だるさ、眠気、吐き気のオンパレードでしたが、
後半になると徐々にスッキリして、
参加者同士であちこち行ったり、
予想外にアクティブに過ごせました。

リピーターの方が多かったので、
「入りにくい雰囲気かな?」と思いましたが、
まったくそんなことなく、快く接して下さり、
とても楽しかったです。

人生で忘れられない一週間になりました。
また来年来れたらいいなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「句読点を打つように」60代 女性

毎回来る直前まで、
行かない方がいいかな~と、
仕事や家族のことで思い煩っていますが、
来てしまうと本当に良かったと毎回思います。

何かに追われるような日々を過ごしていて、
句読点を打つように、
やすらぎの里に来て一息いれます。

いつも誰かのために生かされていますが、
ここに来ると自分のために生きていることに、
改めて気づかされます。

先生やスタッフのみなさんに癒され、
心身ともに元気になりました。
ありがとうございました!

■ やすらぎの里の体験談


【4】編集後記

やすらぎの里の年末年始は、
一年で一番忙しい期間。

この時期に来るのを楽しみに、
一年がんばっている方も多く、
お正月料理もあるので、
スタッフのみんなも大忙しです。

今朝は晦日詣に行って、
この後、高原館で玄米餅つきをして、
夕食は、お待ちかねの年越しそば。

明日の朝は初日の出を拝んで、甘酒飲んで、
朝食には、やすらぎのおせちが出ます。

お餅つきでギックリ腰にならないように、
54歳、がんばります!
(^^;)

大沢

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 12/30 (月曜日)

高原館のゆるゆる日記「スマイル不足だったのかも?」


(なんでしょう、この微妙な距離感・・・)

こんにちは、高原館のくさむらです。

楽しい気分の時は、自然と動きも軽やかになります。
悲しい気分の時は、自然と動きも重たくなります。

でも、気分というのは変えようと思っても、
なかなか変えられるものではないよなぁ・・・
と感じます。

気分をすぐに変えることって難しいですが、
動きならすぐに変えられそうな気がします。

「楽しい動きをすると楽しい気分になる」

ある大学でそんな実験結果が出たそうです。
楽しい気分にするのは大変だけれど、
楽し気な動きをする、なら、それよりハードルは下がりそうです。

フランスの哲学者アランは
「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」
と、言っています。

心をコントロールするのは難しくても、
身体の動きや、表情であれば、出来そうな気がしてきます。

楽しい気分ではないけど・・・ルンルン歩いてみる。
笑いたい気分ではないけれど・・・笑顔をつくってみる。

身体の動き、表情に、気持ちが後からついてくる。

そんなことを考えていたら、私が最近体調を崩した原因。
それはもしかしたら冬休み中の歩きすぎではなくて、
ゲストの皆さんと触れ合わなかったための、
スマイル不足だった・・・?なんてことを、思いました。

朝のお散歩でルンルン歩いて、
ゲストの皆さんと笑顔でお話しする。
またそんな毎日が始まり、元気に過ごしています^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 12/29 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「『これくらいにしておこうかな。』」


(見ているだけで元気になる綺麗な緑色です♪)

こんにちは、高原館のくさむらです。

久しぶりに体調を崩して休日を寝て過ごしました。

さすがに、冬休み中歩きすぎたのかな、と反省。
自分の行動を客観的に見ることは難しいなぁ、と思いました。

「~し過ぎる」。

食べ過ぎる、飲みすぎる、TVやスマホを観すぎる、などなど。
し過ぎてしまうことは、意外と多いなと感じます。

美味しかったり、楽しかったりすることは、
身体に負担な事でもなかなかやめられなかったりします。

どうやったら体に負担をかける手前でやめられるかな?
ということを考えていました。

色々な方法があると思いますが、
とってもシンプルな方法はのは「決めてしまう」、
ということなのかもしれません。

「これくらいにしとこう。」

と、決めてしまう。
それが出来たら困ってない~、という声が聞こえてきそうです。
でも、欲、というのはキリが無くて、
そのまま放っておくと、終わりが見えないなぁ・・・、と、
自分自身を観察していて思います。

「もっと歩きたいけど・・・キリが無いから・・・
これくらいにしておこう。」

もっと食べたい飲みたい観たい、という気持ちを抑え込まず、
そうだよなぁ・・・、と、ただただ観察する。

そうするとなんだか気持ちが落ち着いてきます。
気持ちが落ち着いてくると・・・

「これくらいにしておこうかな。」

と、無理なく決められるかもしれません^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 12/24 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』ルンルン♪歩く

『 やすらぎ通信 』 第763号 2019.12.24

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は青い空が広がって、
風もなく穏やかなクリスマスイブです。

今朝はみんなで一碧湖を散歩してきました。

静かな湖畔では、水鳥たちが羽を休め、
朝焼けが湖面を赤く染めていました。

賑やかな都会のクリスマスもいいけど、
自然の中の静かな時間の方がいいな~と、
年を重ねるごとに感じています。

静かなクリスマスイブの伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】ルンルン♪歩く

【2】女性のためのリトリート
2020年1月18日(土)1泊2日
やすらぎの里・本館にて

【3】寄せ書きから

【4】編集後記


【1】 ルンルン♪歩く

高原館のくさむさ先生は、
いつも休日は、かなり歩いています。

12月の冬休みの間もよく歩いたみたいで、
気づいたことをブログにアップしていました。

すごいなと思うのが、歩きながら、
自分の思考の変化を観察していること。

歩く時間、距離、歩き方などを変えてみて、
その結果、自分の思考や体調がどうなるのか、
客観的に観察しているのです。

今回は高原館のブログから、
くさむら先生の投稿を紹介しますね。

「ルンルン♪歩く」

高原館のくさむらです。

わたしは冬休み中、
とにかくよく歩きました。
10日間で207km歩いて感じたことは・・・。

「歩くのはやっぱり、
脳にも心にも体にも健やかだなぁ~」
ということでした。

歩いている時だけは思考がネガティブに傾かない。
わたしがよく歩く理由のひとつはこれです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色々な歩き方をして、
自分の思考の変化を観察しました。
その結果、
一番心も体も軽やかになった歩き方は、
腕を曲げて、ルンルン♪歩く、でした。

ある大学の研究では
「楽し気な動きをすると楽し気な気分になる」
という結果が出ています。

これは本当だなぁ~と、
この冬休みで実感しました。

ただ・・・

とにかく、恥ずかしい。
わたしはもう慣れてしまったので、
わりと大丈夫なのですが、
ルンルン♪歩くのは、やっぱり目立ちますし、
実際二度見されることも少なくありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かっこよくスマートに歩いてもみました。
颯爽と歩くのでも、
かなり気分は晴れやかになります。

でも・・・ルンルン♪歩きの方が、
さらに気分が軽やかになっていきます。

ルンルン♪歩きは、歩いている間、
ずっと楽し気な動きをしていることになるので、
その時間はずっと楽し気な気分でいられる可能性が高い。

なかなか楽し気な動きを一定時間続けられることって、
他にありません。

歩くことなら、体調に合わせて、30分から1時間くらい、
継続して出来る可能性が高いです。

ダンスなども楽し気な動きをしやすそうですが、
長い時間続けるのは疲れてしまいそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この冬休みも、
すれ違う人たちから振り返られるたびに、
「踊る阿呆に見る阿呆、
同じ阿保なら踊らにゃそんそん♪」
と、自分を励ましながら歩き続けました^^

夜明け前や夕暮れ時、
薄暗い時間帯はルンルン♪歩きがしやすいです。

もし興味を持たれた方は、お試しください。

■ 高原館について


【2】女性のためのリトリート

● 2020年1月18日(土)1泊2日
● やすらぎの里・本館にて

● 講師:バービー(池田和見)
自己の子宮頸癌治療後の夫婦の性生活に悩み、
日本アマナ性共育協会のレッスンにより劇的に改善。
女性としての自信を取り戻した涙の物語を伝えている。

~大人の女性の新習慣~

女性の体で一番大事な下腹部「膣トレ」と
呼吸法を合わせたトレーニングで、
インナーマッスルを鍛え、お通じを良くし、
より感度のあがる体作りを始めましょう♪

感覚は鈍らせないと生きていけない、
現代社会に生きる私たちが、
本来の感覚を取り戻すための、一泊二日。

とことん自分に集中して体と向きあう、
性と向き合う時間をすごしてみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「内容」

・大人の女性性共育講座(座学)
・骨盤底筋トレーニング・膣トレ等
・性に対するワーク(実用心理学)
・アマナタッチによる皮膚感覚の開花体験

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月におこなったリトリートが好評で、
内容をバージョンアップして、再開催です!

4月におこなったリトリートはこんな感じでした>>

~参加者様のヒトコト感想~

・「性」を話せる場があってよかった
・性共育という仕事があることに驚いた
・おざなりにしてきたことだけど大事に扱ってよいと気が付いた
・アマナタッチの後に満たされた
・世界観が広がった
・子作りだけのSE☆Xでなくてよいと知った
・自分はどうしたいか考え直すいい機会だった
・自分のことを学びたい
・普段聞けない話が聞けて良かった
・またやってほしい

■ 女性のためのリトリート


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は12月6日から
高原館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心身ともにリラックス」 30代 女性

心身ともにリラックスできた。
飲み物が充実していたので、
飽きることなく空腹に耐えられた。
足湯が気に入った。家でもやりたい。
ワークやヨガも良かった。

普段の食生活の乱れを感じた。
間食も多く、仕事の帰りが遅く、
夜食べるのが遅くて、急いで寝るので、
次の日に体が重く胃もたれしている・・・
という毎日ですが、
今回参加してみて、
朝スッキリ目が覚めることに感動しました。

“何を食べるか”ではなくて“どう食べるか”、
を少し意識してみていこうと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「身体も心もリフレッシュ」 30代 女性

のんびり出来る立地であることや、
食のワークが良かった。
普段の生活を忘れてのんびりできました。
断食もそれほど辛くなく、
身体も心もリフレッシュできた気がします。

治療や気功体操で体がかたいことを再認識。
これからは体と会話しながら
過ごそうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いい経験になりました」 30代 女性

静かな環境で何にも縛られず過ごせる。
食事に関する考え方を学べる。
断食はハードルが高いなと思っていましたが、
ストレスのない環境下では、
こんなに楽に行えるんだな、と感じました。
いい経験になりました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ゆっくりできる」 30代 女性

ゆっくりできる。
食事の味付けが優しい。
食べるのはお腹が減ってからで十分、
ということ、
「3食食べなきゃ!」という決まり?を
無理に守る必要はないんだ、
と気づきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「心と体を落ちつかせる」 50代 女性

心と体を落ちつかせる事が、
分からなかったのですが、
少しわかった気がします。

常に先々の事ばかりを考える自分
仕事とプライベートの切りかえ、
うまくできるといいな。

■ やすらぎの里の体験談


【4】編集後記

冬休みでゆっくり休んで、
たっぷり睡眠を取ったからか、
久しぶりに歩くことにはまっています。

しばらく使っていなかった、
スマートウォッチをつけて、
歩数をチェックしていると、
よく歩いた日は仕事がはかどる。
意欲と集中力が違う感じですね。

そのうち片付けようと思っていたことが、
サクサク片付いて気持ちいい♪

動いて、休んで、仕事する。

いいサイクルをしっかり回して、
忙しい年末年始をサクッと乗り切ります。

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る