する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2019 5/12 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「今朝のお散歩は一碧湖♪」

こんにちは、高原館のくさむらです。
今日の朝のお散歩は特別プログラム・・・
「一碧湖散策」でした!

2なんともハートフルな光景です。

1新緑の中を気持ちよく歩きます。

3キッラキラの一碧湖。

45月の一碧湖は最高に気持ち良いです!

5アヒルとカモにも好かれる大沢先生。

6アヒルとカモに夢中な先生、と、超無関心なうみちゃん。

とっても楽しいお散歩でした^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 5/11 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「まぶたを閉じるだけも」

こんにちは、高原館のくさむらです。

うみちゃんや、ソラくんを見ていると、
だいたいはのんび~りしています。
1
1
(こんな感じです~)

まぶたを閉じて、寝ているのか、寝ていないのか・・・。

でも、大好きな大沢先生や奥さんが来ると、
いままでクタァ~っとしていたのが嘘のように、
スクッっと立ち上がり、目をらんらんと輝かせ、
しっぽをフリフリします。

一方、私たち人間は、朝起きてから夜寝るまで、
のんびりする時間がほとんどなくて、
なにかしら活動しています。

休憩の時でもスマホをいじったり、
テレビを見たりと、
脳はずっと働き続けて、フルマラソン状態。

人間は情報の8割を「視覚」から取り入れているそうです。
情報を処理するのは脳ですので、
視覚から入る情報が多ければ多いほど、
脳は疲れてしまいます。

でも、「視覚」からの情報を遮断すれば・・・

8割の情報を遮断できる。

瞑想はとっつきにくい。
そのように感じる方は多いと思います。

「何も考えない」「呼吸に意識を向ける」
そのようなことが難しく感じる方もいると思います。

それなら最初はただ「まぶたを閉じるだけ」
でも良いのではかな?と感じています。

ただまぶたを閉じるだけで、
脳はかなりリフレッシュするのではないかな?
と感じています。

うみちゃんや、ソラくんは、一日の大半、
まぶたを閉じています。
もしかしたら、しぜ~んと、そのようなことをして、
脳にストレスがたまらない様にしているなかな?
なんてことを思いました。

「ただまぶたを閉じるだけ」
お試しください^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 5/8 (水曜日)

高原館ゲストのみなさんの声・5月2日~

1

2(春眠暁を覚えずどころか一日中このような感じの二人♪)

5月2日から高原館に滞在した皆さんの声です。

「体感する」ということの大切さを感じます。

テレビから情報を得る。
本から情報を得る。
インターネットから情報を得る。

情報を得ることは難しくない世の中です。
でもその情報を日常に活かしていけるか、
というと、なかなか難しい。

やすらぎの里に来ていただくと、
気持ちよさを「体感」出来ます。

緑豊かな環境に身を置く気持ちよさ。
鳥のさえずりで目覚める気持ちよさ。
広間でごろごろする気持ちよさ。
朝のお散歩の気持ちよさ。
ヨガや体操の気持ちよさ。
空腹の気持ちよさ。

「体感」したことは日常に活かして
いきやすいのではないかなと思います。

やすらぎの里で、
たくさん気持ちよいことを体感する。

その「体感」は一番のお土産になると思います。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「思った以上に休めていない」 20代 男性

自分が思った以上に休めていないな、
と思った。
仕事のことをはじめ、アレをやりたい、
コレをやりたいと、
色々な事が頭の中でかけ回っていた。
次来るときは、今回よりノンビリ過ごしたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おいしさが増した」 50代 女性

1日が長くゆったり流れました。
ゆっくりよく噛む事で食事のおいしさが
増しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気づきができた」 40代 女性

脳がリフレッシュでき、
小さなことですが、気づきができた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「上質な時を過ごせた」 40代 女性

とてもゆったりとした上質な時を
過ごせました。
日常でもこういう時間を
少しでもいいので意識して
確保していこうと思います。
食事も参考になりました。
空腹になることが難しい日常ですが、
これも自分の意識一つで
変えられるかもしれないと
思いました。
多くの学び、気づきが得られました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「再確認」 40代 女性

ほどよいゆるさ、環境の良さ、
おしつけがましくないところ、
おいしいごはんや飲み物。
新しい発見というよりは、
再確認という感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日頃の自分がわかった」 50代 女性

日頃、自分がどれだけたくさんの量を
食べていたのか、
味の濃い物を食べていたのか、
そのようなことがよくわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「身体の声に耳を傾けて」 50代 女性

自分の事を考えずに
過ごしていたな~と感じています。
少しずつ自分の身体の声に
耳をかたむけて、
元の状態に戻りたいです。
人生のイベントにめげず、
健やかにポジティブに~
と思っています。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「習慣化したい知恵」 40代 男性

これからの人生を変える、
習慣化したい知恵をたくさん授けて
いただいたので、
帰る今日から実践したい。
まずはお箸を戻すための箸置きを
買います。
我が家に帰って、意識を目の前の
食事に集中して、
晩御飯を食べたくなりました。
食事法と呼吸法を取り入れて、
腸内環境を整え、心を安定させ、
眠りの質を高める。
これからの生活が楽しみです。
先生、スタッフの皆様、
大切な経験をさせてくださり、
ありがとうございました。
また報告に参りたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「過ごし方を変えていかねば!」 30代 女性

「食べる」という行為の意味について、
考えさせられました。
糖質を制限したり、量を少なめにしたり、
内容については気をつかっていた
つもりでしたが、
「何を」ではなく「どう」食べるかについて、
考えたことはなく、
スマホを見ながらの、ながら食べが
常習になっていた自分を振り返ると、
食事に満足感がないこと、
却って間食が増え気味な理由が
分かりました。
五感を使って「食べる」ことに
向き合うことが、毎日の中で
大切なのだと痛感しました。
日々時間に追われ、何となく、
何事も中途半端な気がしていたことも
自分が感じていることにしっかりと
向き合わないからこそ、
毎日が流れ作業のように、
ダラダラ流れていっていたから
なのだなぁと思うと、
これからの毎日の過ごし方を
変えていかねば!
という気持ちになりました。
気持ちの切り替えon・offを
上手くできて、1日1日を、
フレッシュな気持ちですごせるよう、
家に帰ってから夫婦で少しずつ、
生活改善していきたいと思います。
(ここのプログラムは家族で参加すると
とても有効だと思います!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ケアする空気」 40代 女性

スタッフの方が皆さんステキでした。
机のお花も、ヒーターを見回ってくれる方も、
お食事を作ってくれる方も、
皆さんとてもプロに徹していらっしゃって
(お声掛けはしませんでしたが)
ケアしてくださる空気が嬉しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「のんびりできた」 40代 男性

久しぶりに1人でのんびりできました。
明日からは仕事をがんばりすぎず、
適度に行っていきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「きっかけにできそう」 50代 女性

前から食生活を改善したかったのですが、
そのきっかけにできそうです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「一食一食を大切に」 30代 女性

食べることが自分は大好きなんだな~
と気づいた。
一食一食を大切に考えようと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「3度目トライします!!」  女性

2度目の滞在です。
ゆっくりするために来ているのですが、
なぜか来るたびに偏頭痛の
発作が出て寝込みます。
その都度スタッフの方には
親切にしていただき、
本当に感謝しております。
ありがとうございます。
3度目トライします!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日常に戻っても「やすらぎ」を思い出せます♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 5/7 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』活動モードのスイッチ

『 やすらぎ通信 』 第733号 2019.5.7

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝からすっきり晴れて、
テラスの向こうには、
青い海と鮮やかな新緑が、
きれいに広がっています。

今朝の散歩は「池の里山」コース。

鮮やかな新緑、ウグイスの鳴き声、
田んぼに水が流れる音、カエルの鳴き声。

心が穏やかになる、里山の散歩です。

池の里山

みかんの花が香る伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】活動モードのスイッチ

【2】ラビングプレゼンス・リトリート
5月25日(土)1泊2日
やすらぎの里・本館にて

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら


【1】活動モードのスイッチ

10連休も終わって、
今日から出勤という方が多いでしょう。

長期休暇でリフレッシュして、
元気に仕事できているでしょうか。

休み過ぎて、頭がシャキッと働かない、
なんか、やる気がでないという方。

こんなときこそ、
姿勢が大事です。

姿勢と気持ちは連動しているので、
姿勢で活動モードに切り替えてあげましょう。

ヨガ

「交感神経のスイッチ」

活動モードの交感神経のスイッチを入れるためには、
1、胸を開いて背筋を伸ばす
2、背伸びをする
3、ふくらはぎを伸ばす

やすらぎの里でやっている、
朝の気功体操の動きを思い出して下さい。

外のテラスでやった後は、
気持ちもスッキリして、
体が目覚める感じがしたんじゃないですか。

朝の体操、覚えてない~、でしょうね。

全部やらなくていいので、
肘を曲げて、大きく胸を開く、
手を上に上げて、思いっきり伸びをする。

片足後ろに引いて、ふくらはぎを伸ばす。

これだけで、交感神経のスイッチが入ります。

気持ちだけで切り替えるのって、
難しいから、体から変えてあげる。

まずは、姿勢から、
活動モードに切り替えてみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

連休は仕事で休めなかった、
連休で逆に疲れたという方は、
養生館や高原館の週末プランで、
リセットしませんか。

静かな環境でヨガや瞑想をやって、
深い森の中を歩く。

温泉に入ってひと汗流して、
気持ちのいいマッサージを受けて、
心ゆくまでお昼寝して、ごろごろする。

静と動、
緊張と弛緩の繰り返しで、
心と体がリセットできます。

■ 養生館について


【2】ラビングプレゼンス・リトリート

~自分を大切にしながら生きる ~
”心地よい”人づきあいへのヒント”

ラビング・プレゼンスのワークショップと、
やすらぎの里の美味しい食事、温泉で、
自分を大切にする時間を持ってみませんか。

「ラビングプレゼンス・リトリート」

日程 5月25日(土)1泊2日
やすらぎの里・本館にて

ラビング・プレゼンスの認定心理士のかとうさんと、
やすらぎの里のコラボ企画です。

今回で2回目となる
「ラビング・プレゼンス・リトリート」
「前回開催の様子」はこちら

■ ラビングプレゼンス・リトリートの詳細は


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は4月25日から養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・

「心身ともにバンザーイ」 40代 女性

本当に楽しい2泊3日でした。
それ程体調も変わらずに過ごすことができました。

呼吸法ももっとレッスン(自分の)に
取り入れて行こうと改めて思いました。

心身ともにバンザーイな気分で帰れそうです!!

館長の穏やかさも
養生館の魅力のひとつですネ!!

これからもご活躍くださいませ!!
ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・

「養生館の変わらない雰囲気」 30代 女性

またリフレッシュすることができました!!
フェイスブックとか見て
ずっと養生館行きたいなーと思っていて
それが現実になってうれしかったのと、
はるか先生ともお会いしてみたかったので
今度は4泊滞在して
もっと色々学びたいなと思いました!

クリスタルボールを受講できたこと
更にテンションがあがりました(笑)

次回ははるか先生とも
もう少しお話できたらと思います!!

この養生館の変わらない雰囲気好きです!!
また来ます^^

素敵な時間をありがとうございましたー!!

・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分なりに生きていく」 50代 女性

周りの方々の話を聞いていたら、
どれだけ自分は働く時間も短いし、
気楽に生きているな~と思いました。

色々勉強しているし、
習い事もたくさんされている。
自分などより、はるかに努力している人が
多くてびっくりでした。

けれどもこんな自分でも、
自分なりに生きていくしかないんですよね(笑)

生きていく中で人と関わることが多くて、
揺れ動くことが多いけど
自分は自分なんだ、
でいいのかなと思ったりもしています。

短い滞在でしたが、ありがとうございました。
次来るときも養生館がいいな!と思います。

・・・・・・・・・・・・・・

「思考をそぎ落とせました」 30代 女性

日常生活かなり詰め込んでいるので
物理的に色んなものを置いて行って、
思考をそぎ落とせました。

東京に戻ってからも日常の中で意識的に
思考の仕方を見直す、
整えるようにしていこうと思います!

RASも良かったです。
次は4泊5日間もやってみたいです!

短い間でしたが、お世話になりました!

・・・・・・・・・・・・・

「今ある幸せ」 60代 女性

今この場に集中することの大切さ。

すでに豊かでたくさんの物を持っているのに、
足りないと思ったり、
今ある幸せに満足していない自分に
再度気がつきました。

はるちゃんのフラットな
肩に力が入っていない姿勢(生き方)を見て、
こんな風に過ごしていきたいな~と思いました。

大沢妻様の明るい自然体な雰囲気
「何も考えない」はすてきだなぁと思いました。

スタッフの方々も、
すきとおるオーラが出ていて、
とてもすてきでした!!

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

5月は、伊豆高原が一年で、
最も気持ちいい季節。

その中でも一碧湖の遊歩道は、
鮮やかな新緑が湖に映えて、
とってもきれい♪

一碧湖の遊歩道

一周30~40分程の遊歩道があり、
新緑を味わいながら歩くには絶好のコース。

途中で一碧湖がきれいに見える、
芝生の広場があって、ここでひと休み。

爽やかな五月の風、鳥のさえずり、
穏やかな日差し、鮮やかな新緑・・・。

この時期の一碧湖、
ほんとおすすめです。

本館に滞在する方は、
5月のトレイルウォークは一碧湖に行くので、
楽しみにして下さいね~。

大沢

■ やすらぎ日記

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る