する贅沢から、しない贅沢へ

2010 6/27 (日曜日)

母になるということ

こんにちは、こはりです。

2月に高原館で行われた妊娠力向上合宿に参加された方からお便りをいただきました。

「自然妊娠しました」とうれしいご報告でした。

スタッフみんな大喜び、幸せな気持ちにさせていただきました。

また、生命が宿るという奇跡をあらためて感じる機会でもありました。

やすらぎの里では妊娠力向上を謳い合宿を行っていますが、かろうじて受精にこぎつければいいとは考えていません。その先の安産をも見据えたものです。

そのためにも体質改善は必須で、おのずと食事、呼吸、姿勢、運動、精神活動を含んだ生活全般を見直すことが大切であると考えています。

また妊娠が果たせなかったとしても、それを受容できる安定した精神を醸成する一助になればと思います。

ヨガでは「自然性の回復」という立場で、生物としての自然な生殖活動を妨げるものに対して、積極的な実践を促します。

しかし、現代社会の複雑なところは、周囲をとりまく環境、電磁波、食品添加物、化学物質、などの影響も看過できないところがあります。

都市生活を行う以上、ある程度、文明の功罪を享受せざるを得ない面があるでしょう。

であるならば、悪環境から逃避したり、それを排除したりするだけでなく、身体を積極的に開発し、環境に対する適応性を高めていくことが必要ではないでしょうか。

ヨガでは「妊娠力の高いからだ=自然体」と定義します。

自然体とは、体の中心である丹田(へそ下約3cm)に力が集約され、それ以外の力が抜けている状態であり、どの細胞、どの部分にも血液が平等に分配される状態です。

すなわち内臓力の高い体であり、適応力のある心身といえます。

東洋医学的には?血(おけつ=骨盤内臓器うっ血)が婦人科系の失調を惹起しますが、骨盤内臓器への良質な血液の、潤沢な血流は腰腹力の強化や骨盤の開閉力をつけることで改善されます。

ヨガでは結跏趺坐を組めることが安産の目安といわれています。

柔軟な骨盤、股関節が分娩に必須であることの証左でしょう。

洋式トイレ全盛の昨今、以前の和式トイレのように股関節をダイナミックに開いたり伸ばしたりする機会が激減しました。
現代生活は利便性や経済効率と引き換えに、身体の自然性をますます失ってきているのだということを自覚しておく必要があるかもしれません。
意識的に四股立ちを行ったり、腹筋を鍛えることも重要になってくるでしょう。

運動不足で下半身に力がなく腰が抜けて浮き足立ち、頭脳労働やデスクワーク主体、意識主導で脳疲労、首肩上半身硬直の激しい現代人。

反対に、どっしりと安定した足腰をつくることは、腹の据わった何事にも動じない、しなやかな精神をつくることにつながります。

身心一如を前提とした東洋の叡智は、妊娠、出産のための体づくりと、ストレスを軽減しリラックスした精神の養成を同時に行える方法を持っています。

妊娠、出産という神秘を目の当たりにしたとき、この身に生命を宿すということは、決意と実践をともなって、それを聖なる神殿に変えていくことに他ならないと思うのです。

つくづく、母は美しきかな…

TWITTER

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る