する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2014 9/30 (火曜日)

食の断捨離 

『 やすらぎ通信 』 第516号 週刊 2014.9.30

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
高原館・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ https://y-sato.com/kougenkan/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は薄い雲が広がっていますが、
風もなく穏やかな天気です。

少し涼しくなってきたので、
中庭のテラスに、
ソラ君のお昼寝用のベットを出しました。

ソラ君、まあ気持ちよさそうに、
そのベットの上で、爆睡中・・・。

その脱力さは、
見てるものをもゆるませる、
やすらぎのポーズ。

ソラ君は、
僕のヨガの師匠でもあります。

キンモクセイの香りが漂う伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】食の断捨離

【2】縁結び子宝リトリート

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

空き室状況

■ 高原館の空き室状況はこちら

空き室状況

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】食の断捨離
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回も、高原館の館長の
小針先生の記事を掲載します。

小針先生は高原館で入所時の面談や、
ヨガ、施術などをやっています。

小針先生の食や健康に関する知識は膨大で、
僕も何か分からないことがあると、
よく彼に聞いて、教えてもらっています。

「デトックス博士の心身浄化生活」というブログもやっていて、
健康マニアの方に、人気です。

http://ameblo.jp/detox-hakase/

その小針先生が、高原館のホームページに、
アップしてくれている記事がとってもいいので、
何回か続けて、紹介させていただきます。

——————————————-

「食の断捨離」

「断捨離」という言葉は、
だいぶ馴染みのあるものになりました。
やましたひでこさんが、
収納術とからめて提唱されたもので、
もともと沖正弘先生による、
沖ヨガの修行哲学に由来するものです。

「断行、捨行、離行」を食事に、
当てはめてみることもできます。

「断行」は、
そのままずばり「断食」です。

断とは日常性、習慣性を断ち、
非日常に身を置くことです。

断食というと「食べないこと」であって、
それによって、普段食べ過ぎによって、
酷使されている内臓に休息が与えられ、
様々な生理的な効果が期待されます。

さらに、「断行」について踏み込んで言えば、
非日常に身を置くことで改めて、
あたりまえの日常のありがたみ、必要性、
恩を感じられるようになるということです。

食べること以外にも、日常的な、
寝ること、働くこと、
家族と一緒に過ごすことなども、
一度断ってみることで、
改めて尊さが身にしみることと思います。

「ありがたみ」を取り戻す営みが
「断行」と言えるでしょう。

——————————————-

「捨行」は、捨てるということですが、
心身に溜め込んだ澱、ネガティブな感情や、
脂肪、老廃物、腸内の残滓などを、
きれいさっぱり捨てることです。

モノや情報にあふれ、
一日中そうしたノイズに接する我々は、
過剰な欲望を煽る風潮も相まって、
必要なモノ以外にも不必要なモノも溜め込んでしまいます。

端的に言えば、それは便秘ですが、
これは単に腸の機能低下だけでなく、
手放すことへの漠然とした不安や恐れによって、
出し惜しみしてしまう心が、
体に表れているということもできるのではないでしょうか。

不安や恐れといった感情は、
心身の緊張感となって交感神経を優位にさせ、
内臓機能の低下させることは、
自律神経の観点からも説明がつきます。

外部からの情報やしがらみを遮断した、
非日常の場において、
責任感や、意地、プライド、
あるいは、焦りや不安、恐れなどを解き放って、
大の字になって天を仰ぐかのように、
おまかせの境地になってみることで、
肉体的にも精神的にも本質的な
「捨行」がなされるのだと思います。

——————————————-

「離行」ですが、これは一切のとらわれ、
はからい、こだわりを手放すことだと思います。

体に良いからこれを食べる、
体に悪いからこれは食べない。

こうした、情報や知識に基づく食事法には、
自らの身体に対する信頼もなければ、
その声に耳を傾ける姿勢もありません。

外側にある情報や知識を判断基準にするということは、
身体の声を抑圧することと同じで、
早晩、身体からの嘆きが、
病気という形で表れてもおかしくありません。

身体の声に耳を傾けるということは、
他者によってもたらされる理論や
原理原則にとらわれるのではなく、
自らの心身の快感覚に従うということです。

今の自分が最も必要としているものは、
他の誰でもない自分が、
一番よく知っているのだという絶対的な信頼のもとに、
食べたい時に食べたいものを食べたいだけ食べて、
健康になるあり方です。

こう言うと、快感に耽溺し、放埒に流れ、
不健康になってしまうのではないかと
懸念される方もあるかもしれません。

たしかに、不自然極まる現代社会の日常性に慣れ、
鈍麻した心身状態では、そうなってしまうでしょう。

しかし、ここで言ったような断行、捨行を経た心身は、
本来の繊細な感覚を取り戻しているので、
自分の欲求に従っても矩をこえず、
たとえ、一時的に道を外れても、
排泄するなり、解毒するなりの自浄作用が健全に働き、
バランスを取り戻せることでしょう。

生命の働きを旺盛にしてくことによって、
おのずと健康になっていくということが、
誰の目にも明らかな王道であるにもかかわらず、
往々にして外部の知識や情報に頼ることによって、
むしろ自らの生命の働きを信頼せず、
結果として貶めることが、
まるで健康法であるかのように錯覚しているのが、
情報過多の現代人の皮肉にも不健康な現実ではないでしょうか。

「断捨離」は物質主義の極まった現代日本にこそ、
まさに必要な思想と言えるでしょう。

■ 高原館について

高原館について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】縁結び子宝リトリート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

出雲大社の参道にある婦人科専門の漢方薬局の
堀江先生とやすらぎの里がコラボして、
赤ちゃんを望む女性のための
「子宝リトリート」を開催します。

■ 堀江さんの「縁結び出雲の子宝ブログ」

http://ameblo.jp/crouching-tiger/

<日時>2015年1月31日(土)1泊2日
<場所>やすらぎの里・本館
<参加費>1名38,000円(漢方スタート特典付き)

——————————————-

旧暦の一年の始まりである「立春」
体が冬から目覚める春に向けて、
準備をするときでもあり、
新しい運気が訪れる日でもあります。

自然のリズムと力を味方につけて、
授かるための力を高める、
とっておきの秘訣をお伝えします。

まずは、今の自分の状況を正しく知ること。
次に、必要な基本の知識を得ること。
そして、はじめの大きな一歩を踏み出すこと。

そのために、漢方、薬膳、ヨガ、心理ケアという、
子宝にとって大切な4つの知識をひとつにまとめました。
なによりも、あなたをはじめとする参加者みんなが創りだす、
前向きな気持ちに満ちた「場」が、
あなたに大きな力を与えてくれます。

不妊治療をがんばっている方も、
ゆっくり自然妊娠を目指される方も、
もう一度、子宝について考えたい方でも、
赤ちゃんを望む女性なら誰でも、
ご参加いただきたい1泊2日のリトリートです。

■ お問い合わせ・お申し込みは
堀江薬局 Tel 0853-53-2226

お問合せ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

初めての参加でしたが、
想像以上に癒されたし、
体重を少し前に戻すことが出来て、
本当に感謝です。

スタッフの方の心遣いもとても良く、
本当にやすらげました。

たっぷり時間がある中でたくさん本を読めたこと、
食事のことなど、いろいろ学ぶことができました。
一週間ありがとうございました。

30代 女性

——————————————–

一週間お世話になり、
ありがとうございました。

妻に強制連行されて、ここに来ましたが、
思ったほど辛さは感じなく、
楽しく過ごすことが出来ました。

ここで教えて頂いたことを生かして、
体質改善に努めます。

60代 男性

■ やすらぎの里の体験談

お客様の声・体験談

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週、今週と続けて、
小針先生の記事を掲載しています。

きゃしゃな見た目とは違って、
骨太の文章を書く小針先生。

僕よりひと周り以上年下だけど、
健康道に関しては、師匠だと思ってます。

膨大な知識とともに、
本質を見極める目も確かです。

これからもしばらく、
小針先生の記事を続けて紹介していきますね。

■ やすらぎ日記

https://y-sato.com/kougenkan/diary

■ メルマガの登録と解除

https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=yasuraginosato

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 9/29 (月曜日)

マインドフルネス

世の中にはたくさんの健康法がありますが、健康法足りうるために必要なこと。

「マインドフルネス」

「今、ここ」の現実にきちんと向き合い、リアルタイムかつ客観的に認識の対象に気づいているということではないでしょうか。

その反対が「今、ここ」ではなく、まだ見ぬ未来や帰れぬ過去に思考が散漫に及んでいることです。

たとえば、この病気がさらに悪化していったらどうしよう?と未来に不安を覚え、病気になったのは、今までの生活やストレスに問題があったのではないだろうか?と過去を後悔する。

一見すると理性的で、建設的な思考のようですが、その思考自体がストレスであり、それではいつまでたっても心がゆるむことがありません。

「身心一如」

心が影響する体も同様に、いくら揉みほぐし、引き伸ばしたところで、本質的に緊張感を解くことはないでしょう。

後ろ向きの思考から無力感が募り、自分を責める、自己否定、自己嫌悪は、さらに人のせい、環境のせい、社会のせいと悪循環を招いていきます。

心はいつでも、自分を守るために、思考をしているのです。

しかし、それによって疲弊しているのも事実。

そこで、「今、ここ」に心を留め、味わい、楽しむことに専念してはどうでしょうか。

心身がフッとゆるみ、幸せな気持ちに満たされる、そんな自分が好きになり、自己肯定感から、前向きな言動が自然にあらわれてきます。

自分が病気であるという事実にとらわれ、症状に焦点を絞り、それをなんとかしようと試行錯誤するのもひとつですが、その全く反対に、病気から心を放し、症状はそのままに、「今、ここ」をただ感じてみます。

呼吸の流れ、筋肉の動き。

感じているときに、考えることはできません。
同時に複数のことに注意深くあることはできません。

そうした人間の法則を利用して、不安や後悔に費やす時間を最小化していくのです。

もはや気を病んでいない、「病気」でなくなっているという意味において、まさに「健康法」と言えるのではないでしょうか。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 9/22 (月曜日)

生命が輝く本当のダイエット

現代を生きる我々は、WEBをはじめとしてテレビ、雑誌、書籍とたくさんの情報に囲まれ、もうすでに知識も豊富に備えています。

ところが体調が良い、ダイエットに成功したと胸を張って言える人がどのくらいいるでしょうか。

情報はあっても玉石混交で、なにが正しく、どれが自分に合っているものか、混乱しているのが現状ではないでしょうか。

また、良い方法を知っていたとしても、せわしない日常の中で、実践することがままならないということもあるでしょう。

やすらぎの里高原館は、まさにそういう人たちのための場でありたいと思うのです。

ただ単に見かけの痩身を求め、内面の健康は度外視してもかまわないという人には向いていません。

様々なダイエット法を渡り歩き辛酸をなめてきた人、「これを食べればやせる」といった短絡的なロジックにもうこりごりの人、誤ったダイエット法のために自分を愛せなくなってしまったり、本来はおいしく食べられるはずだった食事を敬遠するようになってしまった人たちこそ、高原館に来ていただきたいと思います。

「ダイエット」という言葉は、今でこそ「やせる方法」といった程度の認識ですが、本来は健やかな心身をつくる食事療法のことを言いました。

健やかな心身があって、その副産物としてやせる、つまり適正体重になっていくということです。

もっとも体重というのは各人の体質や生活環境を一切考慮に入れない画一的な数値ですから、それをもって心身の状況を語ることは到底できません。

その大前提に立てば、減量のためには禁欲的で壮絶なプロセスを厭わないという、今までの方法には疑問を抱かざるをえません。

心身を抑圧し不健全にさせてしまうような方法で、どうして健康的な心身をつくることができるでしょうか。

たしかに自分を厳しく律し、ストイックな方法を喜び勇んで行える人は、それで事足りることでしょう。

しかしながら、今までダイエットに挫折してきた人、今まさに体調不良に悩んでいる人というのは、意志の弱い自分と向き合いながら抜き差しならぬ状況で苦しんでいる人が多かろうと思います。

そうした人たちに高原館は発想の転換を提案します。

人間はそれほど単純ではありません。身心一如の言葉の通りつくづく重層的です。目に見える単純なカロリー計算では測れない複雑性をそなえています。

ゆえに根性論的な減食発想から心も体も満ち足りる快食発想へ歩みを進めていく必要があるのです。

縛られた心を解き放てば、生命が輝き細胞が活性化します。おのずと体重など気にする暇もないほどに自分を愛することができるでしょう。

今を輝いて生きてこそ、その肥沃な土壌に美しい花が咲き誇るのだということです。

つまり、我慢せず、がんばらず、無理のないあるがままの自分でいてこそ、今とても気持ちよく生きられるのだと思います。

そして、その「今」の集積が将来の自分を形作っていきます。

これを食べてはいけない、こうしなければいけない、これだから自分はダメなんだ、このように自分にも物にも善悪二分の判断基準を適用し、さばき、責め立てる「べしべからず」に縛られていては、いつまでたっても満たされることはなく、自分を許せず他人にも優しくなれないでしょう。

とはいえ、ダイエット法はもとより現代人を取り巻く環境は、不自然を極め、そのままでは感覚も感性も鈍く麻痺していまい、食欲や味覚など、本来は自然にしたがっていれば良かったものも狂いを生じてきています。

だからこそ、ある期間まとまった形で自らを見つめなおし、「快」センサーをリセットし再教育する必要が出てくるわけです。

本当の快を追求すれば、おのずと道が開けます。

我々は原点に立ち返って、ダイエットの本当の姿、ダイエットの王道というべきものを発信することで、歪曲されたダイエット理論によって苦しんでこられた方々、どこか心が満たされず生きづらさを感じている方々の、救いとなれればと思っています。

これが本当の自分だと胸を張っていえるように、ともに実践していこうではありませんか。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 9/21 (日曜日)

秋のメニューは泥パックします!

治療スタッフの笹原です     泥パック

今回、秋のメニューは泥パックをお顔にします(*^。^*)

いつもクレイを石鹸にいれて作っていましたが、
一回でクレイのスゴさが伝わる泥パックをして頂こうと思います。
フェイシャル・アロママッサージにハーブボールも
当てながらの泥パック・・・贅沢ですよね~(#^.^#)

クレイとは・・・ミネラル分をたっぷり含んだ粘土のことです。長い長い時間をかけて地底で恵まれてきたクレイは、まさに大地からの恵み。毛穴の汚れや角質を取り除き、美白・抗菌・抗炎症作用・消臭など、すばらしい働きをしてくれます。とりわけ、その美白効果には目をみはるものがありシミやくすみが消え透明感のある肌に変わります。 ニキビにも高い効果があり有害な化学物質や毛穴の余分な皮脂・アクネ菌まで吸着してくれます。また、クレイがもつ豊富なミネラルは、新陳代謝を促し細胞を活性化、お肌を柔軟にします。
  

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 9/20 (土曜日)

「旅行気分でプチ断食」

ブライダルのためのWeb site
「ゆる・ラク・きれい花嫁 DERELLA」編集部員が、
話題のファスティング施設「やすらぎの里・本館」で、
プチ断食を体験してきました!

■ 編集部員が噂の断食道場に行ってきました♪
【前編】では、施設の様子やカッピング体験をレポート✩

■ 編集部員が噂の断食道場に行ってきました♪
【後編】では、プチ断食プランの食事内容をご紹介✩

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る