する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2014 11/26 (水曜日)

『 やすらぎ通信 』 断食中の空腹感

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第524 週刊 2014.11.26

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
高原館・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ https://y-sato.com/kougenkan/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、小雨が降るしっとりした朝。
紅葉で色づいた木々の葉が、
雨に濡れて晩秋を感じさせます。

雨も寒いのも嫌だけど、
こんな日は暖かい部屋で、
丁寧に入れたコーヒーをゆっくり飲みながら、
本を読みふけるのが最高だな。

大室山が色づいてきた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】断食中の空腹感

【2】やすらぎのレシピ
「大根と春菊のサラダ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

空き室状況

■ 高原館の空き室状況はこちら

空き室状況

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】断食中の空腹感
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

断食してみたいんだけど、
お腹が空くのに耐えられるのか自信がありません。

普段よく食べるのですが、
こんな私でも断食できますか?

断食したことがない方から聞かれる質問です。

専門の施設で断食したことがある方なら、
分かると思いますが、
断食中って、思っているよりお腹が空かないんです。

断食を始めて、空腹のピークは、
初日の夜、いつも晩ご飯を食べている頃です。

———————————-

体の中にはグリコーゲンとして蓄えられた糖が、
8~12時間分位あります。

この糖がなくなると血糖値が下がって、
食事を摂れよというサインが出ます。

それが「お腹が空いたな~」という空腹感。

ところが、それでも食べないと、
体は空腹のサインを出すのをあきらめて、
体内にある脂肪を分解してエネルギーにします。

この切り替えがスムーズにいくと、
断食しても、それほどお腹が空きません。

普段の生活では、
この空腹のピークを越えたことがないので、
空腹がどんどん強くなって、
そのうち空腹で気が狂うんじゃないかって、
心配する人がいますが、大丈夫です。

———————————-

私たちが感じている空腹感は、
脂肪が燃える前の確認サイン。

「ここから先は予備タンクよ、
脂肪を燃やしてもいいの?」って、
体が聞いているだけです。

うまく脂肪燃焼モードに切り替わると、
もっと食べなくても平気だってなります。

ただし、そのままずっと断食する必要はありません。

あくまでも、脂肪も使えるように、
体を切り替えてあげる、リセットが目的です。

この切り替えがスムーズにいくようになると、
普段の生活でも空腹に強くなり、
間食をしなくなったり、小食になれるのです。

■ 断食とは

https://y-sato.com/kougenkan/message.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調理スタッフ浜田です。

週末に埼玉の自宅近くに、
地元野菜を販売するお店が、
2か所オープンしたので出かけてきました。

ちょっと珍しいオレンジ色のカリフラワー、
ロマネスコというブロッコリー、
スイスチャードなどの野菜も置いてあってワクワク。

里芋、さつま芋、人参など、
それぞれ種類がたくさんあって、
はやる気持ちを抑えるのに苦労しました。

どれも生産者のお名前が書いてあります。 
正に地産地消で旬の野菜。

なかでも大根が元気いっぱいでした。
葉つきの大根が値段も手頃で売られています。

元気な野菜を美味しく頂いて、
これから来る冬を乗り切りたいですね。 

今回は大根と春菊のシンプルなサラダです。
上に飾った黄色い菊が、色鮮やかです。

———————————-

「大根と春菊のサラダのレシピ」

●材料(4人分)
大根(太いものだと、8cm位)、春菊 1袋
食用菊(黄)少々

粒マスタード 大さじ1、白ワインビネガー 大さじ1
醤油 大さじ 1、塩、白醤油 少々、ごま油 大さじ2

●作り方
1、大根は皮をむき、繊維に沿って千切りにし、
冷水にさらし水きりをする。

2、春菊の葉の柔らかい部分を食べやすい大きさにちぎり、
冷水にさらす。 
茎は使わないので、別に茹でて、
お味噌汁や和えもの等に利用する。

3、ボウルに調味料を合わせドレッシングを作る。
大根と春菊を加え、手早く混ぜ合わせ器に盛る。

4.食用菊を上に飾る。

* 大根に含まれるビタミンCは水溶性で、
長時間水にさらすと流れ出てしまうので、
短めにするか、あるいは生のままでもOK。

■ 体で覚える食養生

https://y-sato.com/kougenkan/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

今回も本当にスッキリ&リラックス
させていただきました。

4回目になりますが、
毎回新鮮で新たな気づきがあります。
初めてお世話になったのがもう13年前・・・。
それがなければ今の健康はないと思っています。

また来ますので、
今後ともよろしくお願いします。

30代 女性

——————————————–

苦しいアトピーを治すためにこちらに来ました。
体のバランスを整えるプログラム、
疲労した心身の治療も
すべて私に活力を与えてくれました。

心のこもったお食事とおもてなしは、
私の不安を取り除き、癒してくれました。
おかげ様でかゆみがなくなりました。

本当に、本当に感謝です。
先生、スタッフのみなさんありがとうございました。
今の状態を維持し、今度は体に優しい食事のコースで、
再び訪れたいと思います。

50代 女性

■ やすらぎの里の体験談

お客様の声・体験談

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この頃、禅の勉強をしています。

って言っても、ネットで動画を見たり、
本を読んだりしているだけですが。

それなりの年齢の方から若い人まで、
いろんな立場の方が、自分の境地から、
禅の真髄を教えてくれます。

お寺で座禅をするだけが禅ではなく、
自分の毎日の生活ひとつひとつを、
心を込めて丁寧にする。

本当に大事な学びは、
日常のいたるところにありますね。

喫茶去。
まあ、お茶でも一杯飲みながら、
肩の力を抜いて、楽しむか。

■ やすらぎ日記

https://y-sato.com/kougenkan/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 11/18 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』 始めるきっかけ

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第523 週刊 2014.11.18

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
高原館・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ https://y-sato.com/kougenkan/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は、昨日の夜に降った雨が上がり、
雲の合間から日が差して、
雨に濡れた木々を照らしています。

温暖な伊豆も紅葉がだいぶ進んできました。

今年は雨も適度に降っていたので、
紅葉がきれいな感じがします。

木に絡まるツタが赤く染まった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】始めるきっかけ

【2】やすらぎのレシピ
「大根のポタージュ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

空き室状況

■ 高原館の空き室状況はこちら

空き室状況

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】始めるきっかけ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

例えば、食生活を改善していこうとか、
ダイエットしようとか思っているけど、
なかなか行動に移せない。

「分かっちゃいるけど、
なかなかできないんですよね~」

こんなときは、やらなきゃいけないって、
頭では分かっているけど、
肚に落ちてないっていうか、
体で分かっていない。

実際の行動につながるのって、
ただ知識を得ただけではなくて、
その知識が自分の感情を揺り動かすような、
大きなものだったり、
実際に体験して、体で感じたときです。

どちらも知識だけではなく、
感情や体感など、
自分の感覚を伴う体験をしたときです。

——————————————-

やすらぎの里で断食をやっているのも、
食の大切さを知識ではなく、
体で分かってもらうためです。

何百回もこういう食事がいいよって言うよりも、
一回、断食を体験すれば、
何も言わなくても、その大切さがよく分かる。

この体験に勝るものは、
ないなって思うんです。

「なんか、だらだら食べ過ぎて、
このままじゃあ、ダメなのは分かってるんですけど~」
なんて、ごちゃごちゃ言ってる、あなた。

思い切って、断食すれば、
「あ~、そんなことただの言い訳だったな」
って、よく分かります。

自宅でやるんだったら、
長い断食は失敗するから、
まずは、朝昼抜いて、夕食を軽くする、
半日の断食がおすすめ。

食の大切さが体で分かって、
食生活を見直す、
いいスタートになりますよ。

■ 断食とは
https://y-sato.com/kougenkan/message.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調理スタッフ浜田です。
急に冷え込んできました。

私の故郷である北海道では、
雪が積もったという知らせも・・・。

伊豆高原も温暖な地域とはいえ、
確実に冬に向かっています。

先週も採れたての新鮮な大根で作った、
ポタージュをゲストの方に召し上がって頂きました。

「これが大根?」と思わず言ってしまう美味しさです。
真っ白で、気持ちまで暖かくなるポタージュです。

——————————————-

「大根のポタージュのレシピ」

● 材料(8人分位)

大根 皮をむいて500g、玉ねぎ 中1/2個
小麦粉 大さじ1.5杯、ごま油 適量
一番出汁 500cc、豆乳 300~400cc
大根の葉(あれば)又はあさつき 適量

塩、胡椒 適量、
薄口醤油 適量、片栗粉 適量

——————————————-

● 作り方

1.フライパンにごま油をひいて、玉葱を炒め、
小麦粉を加えてさらに炒める。

2.大根を適当な大きさに切って加え、
一番出汁で煮る。

3.大根が煮えたら少し冷ましてから、ミキサーにかける。
大根の煮汁と豆乳の割合が1:1位になるように加減する。

4.3.がなめらかになったら、鍋に戻し温め、
塩、胡椒、薄口醤油で味を調え、
水溶き片栗粉でとろみをつける。

5.大根の葉を茹でて刻んだもの、
又はあさつきを飾る。

■体で覚える食養生
https://y-sato.com/kougenkan/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

久しぶりに来訪しましたが、
変わらず素敵にやすらげる場所で、
居心地の良さに感動しました。

先生はもちろん、陰ながら支えてくれる感じの
スタッフのみなさんに心から感謝の一週間でした。

また来させてもらいます!
勇気が出たら今度は断食で。

50代 女性

——————————————–

高齢なので断食に不安を感じながらチャレンジしましたが、
おかげ様で無事退所日を迎えることができました。

先生、スタッフのみなさん、参加者のみなさん、
一週間本当にありがとうございました。

食に対し感謝の気持ちを持って、
過ごしていきたいと思います。

70代 男性

■ やすらぎの里の体験談

お客様の声・体験談

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

隣の旅館「坐漁荘」の工事が終わって、
静かな日常が戻ってきました。

工事の騒音がなくなってみて、
改めて感じる、静けさという安らぎ。

自分の心と身体と向き合うためには、
静かな環境ってとっても大事なことだと、
思い出させてくれた半年間でした。

工事が終わって「坐漁荘」の離れが、
やすらぎの里の周りに点在しています。

夜になると行燈の灯りが、
いい雰囲気ですよ。

■ やすらぎ日記
https://y-sato.com/kougenkan/diary

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 11/16 (日曜日)

プリンの石けんです!

untitled
  

治療スタッフの笹原です(*^。^*)

今回石鹸でプリンをつくってみたら
あまりに良くできたので思わずふざけてこんな写真を撮ってみました。
伊豆高原の緑に囲まれてのプリン石鹸~(^○^) 
さらに美味しそうに見えますか?(*^。^*)

上の茶色の色はココアパウダーで色付けしました。
カスタードの部分もイエロークレイを入れて、ほのかに黄色です。

いろんなスタッフに見せても美味しそう!と言ってくださり
またプリン石けんを作る意欲が湧きました~(^o^)

最近ゲストのみなさんが石鹸をよく使っていただいてるようで
石けん作りが忙しくなってきました。
喜んで使ってくれてると思うと嬉しいです。
ありがとうございます!(^o^)

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 11/16

今回のハーブボールはレッドクローバー入りです

レッドクローバ

治療スタッフの笹原です(*^_^*)

いつも作っているハーブボールの中はレモンバーベナなど
8種類のハーブが入っています。レモンの香りがいっぱいな香りです

今回一緒にレッドクローバーというハーブも入れてみました。
レッドクローバー自体は、ほのかに草の香りがしますよ(*^_^*)

レッドクローバーは、日本にも分布するクローバーで、三つ葉は三位一体の
象徴、四つ葉は聖十字架の象徴でもあり、幸運のお守りといわれています。
女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボン類が成分として含まれていて、
PMS(月経前緊張症候群)や更年期障害など、女性ホルモンの乱れが
原因の症状を緩和してくれます。

レッドクローバの効果・効能

更年期障害に効果
生理不順改善
月経困難症の症状改善
バストアップに対する期待

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2014 11/11 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』 ひとつに絞る

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『 やすらぎ通信 』 第522 週刊 2014.11.11

~ 断食のプロが教える・からだをリセットする方法 ~
やすらぎの里・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
高原館・ホームページ https://y-sato.com/kougenkan/
日記ブログ https://y-sato.com/kougenkan/diary/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

伊豆高原は朝から低い雲が広がり、
小雨がぱらつく少し肌寒い日です。

雨は嫌だけど、これでまた紅葉が進みますね。

ドウダンツツジが真っ赤に染まった伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】ひとつに絞る

【2】やすらぎのレシピ
「白菜と鱈の煮物レシピ」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記

■ やすらぎの里の空き室状況はこちら

空き室状況

■ 高原館の空き室状況はこちら

空き室状況

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】ひとつに絞る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週配信した「続ける習慣」の反響が大きかったので、
今回は食事の具体的な例も紹介しますね。

この通信で習慣に関することを取り上げたのは、
古川武士さんの「続ける習慣」を読んだことでした。

食事のことは、情報量も多いので、
いろんなことを知っている人は多い。

だけど、実際に出来ている人は、
そう多くはありません。

まして、続けられる人は、
さらに少ない。

ただ、知識を増やすのではなく、
知っていることを実際にやり始める、
そして、続けられるようになること。

そのための有効な手段に、
「ひとつに絞る」ということがあります。

——————————————-

自分が思う、理想の食生活は、
いろいろあるかもしれませんが、
実際に続けられることは、
それほど多くありません。

まずは、やることをひとつに絞って、
それを一ヶ月続ける。

例えば、外食や飲み会が多い人の場合。

外食や飲み会で、
あれこれ気にしていると、
食事も楽しめないし、相手にも気を使わせます。

外食でもできる簡単なルールは、
1、夜は炭水化物を摂らない。
2、サラダを頼んで、野菜から食べ始める。
など、無理なくできることをひとつ選んで、
まず、一ヶ月続けて習慣として定着させましょう。

そして、一ヶ月続いたら、
少しステップアップして、
もうひとつ決めたことをやってみる。

小さなひとつでも、
それが着実に積み重なれば、
1年後には、大きな変化になっています。

——————————————-

知識だけどんどん増やしても、
出来ない、続かなければ、何も変わりません。

食生活を見直そうと思っていても、
なかなか、始められなかった方、
続けることができなかった方。

知識に振り回されて、
あれこれやろうと、欲張らないで、
まずは、無理なくできる、
小さなひとつを決めて、始めてみましょう。

あのイチロウの有名な格言にもありますね。
「小さなことを積み重ねることが、
とんでもないところに行くただひとつの道だと思う」

■ 体で覚える食養生

https://y-sato.com/kougenkan/diet.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【2】やすらぎのレシピ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

調理スタッフ浜田です。

寒い時期に美味しくなる野菜に白菜があります。
まさにこれからが旬。 

そんな白菜と相性がいいのが鱈。
両方とも鍋の定番ですね。
 
鱈の旨味と白菜の甘みがしみじみ美味しい煮物は、
やすらぎの里のこれから時期の人気メニューです。

——————————————-

「白菜と鱈の煮物レシピ」

●材料(4人分)

真鱈4切れ、白菜1/4株、人参1/3本
椎茸5個、二番だし適量

●調味料

塩、酒、みりん、薄口醤油、濃口醤油、
白たまり 各適量

——————————————-

●作り方

1.鱈は3~4等分に切る。

2.白菜は白い部分は3cmに削ぎ切り、
  柔らかい部分は4cmに切る。

3.椎茸は薄くスライス、人参は短冊に切る。

4.人参、椎茸を二番だしで煮る。
  白菜を加えて、酒、みりん、薄口醤油、
  少量の濃口醤油と白たまりで味付けをする。

5.鱈は塩をふり、酒をふりかけて1時間位置いておく。
  酒をふき取り、片栗粉をまぶして熱湯で2分程ゆで、
  一度冷水にとる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【3】 寄せ書きから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

その中の一部をご紹介させていただきます。

——————————————-

4ヵ月前から楽しみで、楽しみで。
やすらぎの里に伺うことが、
ひとつの人生の切り替わりとしての
チャンスと、とらえていました。

施設の雰囲気もプログラムも、
先生もスタッフの皆さんも何もかも、
想像以上の素晴らしさでした。

また、リピートしたいと思っています。
大変お世話になりました。

50代 女性

——————————————–

一度はしてみたかった断食。
初めての体験でしたが、
自分の心の在り方も変わり
心の垢が取れたようで、
素晴らしい一週間を過ごすことができました。

食事をするありがたみ、
ひとつひとつをよく噛んで味わって食べる。
ここに来て、そのことに気づかせて頂きました。

先生、スタッフの方々、
優しいお心遣い、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

20代 女性

■ やすらぎの里の体験談

お客様の声・体験談

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【5】 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

寒くなってくると、
なんといっても温泉です。

毎晩、温泉に入っていますが、
入る度に「ふぁ~、気持ちいい~」と、
唸ってしまいます。

この温泉の気持ちよさを深めるために、
冬の寒さがあるのではないかと思ったりして。

温泉大好き、温泉仙人の大沢でした。

■ やすらぎ日記

https://y-sato.com/kougenkan/diary

2005 (C) Yasuraginosato

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る