する贅沢から、しない贅沢へ

2010 1/22 (金曜日)

光を観た

こんにちは、こはりです。

休暇をいただき旅に出ておりました。

岡崎、出雲、岡山へ。

愛知県の岡崎には吉村医院という産婦人科があります。
この存在を知ったのは『「幸せなお産」が日本を変える』という一冊の新書でした。

読み進めていくうちに、はからずも涙が頬をつたいました。

『日本人には長く豊かな感性の文化のなかで暮らしてきました。それを失ったのは、たったこの百五十年にすぎません。今ならまだ間に合います。私たちの祖先が育んできた豊穣な感性の世界、自然と神を敬い、宇宙の手にゆだねる真実の世界を取り戻さなければいけません。』

お産という“人間に残された最後の自然”を見続けてきた吉村先生の言葉に魂が揺さぶられるようでした。

この感動が忘れられなくて、いつかは訪れてみたいと思っていたのです。

行ってみると、医院に隣接するかやぶきの小屋で、妊婦さんたちが黙々と薪割りや柱磨きをやっていました。

今まで妊婦というと腫れ物に触るような、どこか安静に穏やかに経過させなければという印象があったように思います。

ところが大きく股を広げ上下にスクワットのような運動を続けているのです。

昔は妊娠するとすすんで豆拾いをしたといわれていますが、これも安産のための古人の智恵だったのでしょう。

吉村先生は現在の難産の原因をビクビク・パクパク・ゴロゴロと表現しています。
つまり、むやみに恐れること、栄養過多、運動不足です。

古屋にいた女性は、みんな笑顔がまぶしく輝いていました。
本当に妊婦なのだろうかと疑ってしまうほどに。

力強い薪割り。

骨盤腔内の血流、股関節の柔軟性とともに、安定した腹圧が出産のためには必要になります。

振り上げたナタを下ろすとき一気にしゃがみこみます。

聞くとこれを300回繰り返すそうです。

男の僕でも音を上げてしまいそうな重労働。

柱磨きも上から下まで四股を踏むようにしてしっかりとしゃがみこみます。

どれだけつらいのだろうと表情を覗き込んでみるのですが、どなたも淡々とこなされているのです。

むしろ凛々しく見えます。

他の誰でもない自分の体に、愛する我が子を宿すのだという強い意志、依存心とは無縁の責任感を肌身で感じることができました。

本当の女性の美しさ、神々しいほどです

P1000126.JPG

岡崎を後にして、次は出雲へ。

目当ては出雲大社です。

大国主大神を祀っています。

国家的な規模の信仰を集める神社ですが、縁結びの神さまとして有名です。

調べてみると男女関係もさることながら、大きな意味での「ムスビ」を司っている神さまだそうです。

ヨガにも「結ぶ」という意味があります。

何か気づきが得られるかもしれない。

そんな思いで赴きました。

松林を抜けると本殿です。

ちょうど60年に一度の式年遷宮に際して仮本殿となっていました。

残念なようでもあり、この節目に立ち会えた縁に、時代の移り変わりや生まれ変わりといったものを想起し、心機一転、新たな門出を迎えられるように思いました。

P1000131.JPG

つづいて岡山は高梁市へ。

ここには食養の世界では名の知れた民宿「わら」があります。

「重ね煮」という独特の調理法に定評があり、主宰する船越先生の生き様や考え方に共鳴した人たちが集う場所です。

そこで、はからずも今後につながるようなお話を伺うことができました。

人と人とを結びつける見えない力、ムスビの神さまが微笑んだようでした。

帰り際、カレンダーをいただきました。

生まれ変わり、新たな門出にふさわしいメッセージでした。

1はきものをそろえる
2胸をはる
3笑顔をつくる
4メモをする
5空をみる
6あたたかくする
7新聞、雑誌、TV、ラジオ、パソコンをみない、聴かない
8トイレそうじをする
9捨てる
10神社に行く
11ヒラメキを活かす
12人間以外のモノに声をかける
13元に戻す
14変身アイテムを用意する
15花や草木にふれる
16本を読む
17お財布の中を整理する
18プチ断食をする
19こちらからあいさつをする
20つながる
21あやまる
22ハガキを書く
23話を聴く
24スイーツを分かち合う
25瞑想する
26寄付する
27問いかける
28祈る
29両親に感謝を伝える
30歌い踊る
31作品を残す
32意図を放ち宇宙にオーダーする
33センタリングする

P1000189.JPG

TWITTER

“光を観た” への2件のフィードバック

  1. 田舎が高梁なんですが、全く知りませんでした、いつか行ってみます。
    素敵なカレンダーですね!印刷して手帳に貼ります!
    日常生活だと7は難しいですね~。やすらぎの里にいるとできますけど!
    14とか30は面白くて笑っちゃいました!

  2. こはり より:

    ヴィータちゃんさんコメントありがとうございます!
    高梁はいいところですね。
    マンガが有名みたいですね。
    今度行くときはマンガの美術館に行こうと思います。
    民宿は雲海を見渡せる高台にありました。
    空気がきれいで深呼吸が気持ちよかったです。
    このカレンダーなかなか味わい深いですよね。
    心身ともに改善していくカギがありそうです。

こはり への返信 返信をキャンセル

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る