する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2019 7/23 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』からだで納得!

『 やすらぎ通信 』 第744号 2019.7.23

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は曇り空。

雲が日差しを遮ってくれているので、
今日も涼しい。

全開に開け放った窓から、
涼しい風と鳥の声が流れてきます。

明日からは晴れて暑くなる予報なので、
涼しい夏、最後の日になるかな。

オニユリの花が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】からだで納得!

【2】やすらぎのレシピ
「玄米リゾット」

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】からだで納得!

今回も高原館のくさむら先生が、
高原館のブログに、
アップしてくれた「からだで納得!」
の記事を紹介します。

くさむら先生のやさしい感じの中に、
一本筋が通った文章が心地いいです。

こんにちは、高原館のくさむらです。

頭で納得するのはなかなか難しいなぁ、
と感じます。

健康関連の本を読んで、
「なるほど~!こうすればいいのか!」
と、納得。
「これで健やかにくらしていけるぞ~!」
と、その時は気持ちが上がります。

でも、いざ行動に移そうとすると、
「ん~まぁ明日からでいいかな」とか、
「ちゃんと準備してからにしよう」
と、そんなことを考えているうちに、
どんどん時間が過ぎていき・・・

ついには本を読んだことすら忘れてしまう。

頭で理解したり納得しても、
「こうなるらしい」や「こうなるんだろうな」、
という想像だけだと、
からだにスイッチが入りずらいような気がします。

一方、先にからだで理解したり納得すると、
そのあとも続けて行けることが多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やすらぎの里での体験は、まさに、
からだでの理解と納得。

「自分の体は軽やかになるんだろうなぁ・・・」
という想像ではなく、
「自分の体ってこんなに軽やかになるんだ!」
という実体験。

一度からだがそれを経験すると、
頭が忘れてしまっても、
からだがふとした時に思い出してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭よりからだの記憶力のほうが強いのではないかな?
と感じます。

一度からだに「軽やか」な感覚を体験させてあげる。

その体験は今後の強い味方になるのではないかな。
そんなことを考えました^^

■ 高原館・スタッフ日記


【2】やすらぎのレシピ

「玄米リゾット」

出汁と玄米ご飯に、
野菜の旨味がプラスされた、
優しくてほっとする一品。

玄米が苦手な方も
安心して食べられます。

冷ご飯、残り野菜も使えるので、
冷蔵庫を整理したい時にもおすすめです。

「玄米リゾット」
<材料> 1人分

玄米ご飯100g、人参10g、大根30g、じゃこ 適量
青み(いんげん、絹さや、ブロッコリーの芯など)、
コーン 適量
二番出汁 180cc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、じゃこ、青み、コーンはバランスで量を決める。
人参、大根をサイコロ状に切る。
2、人参とじゃこを、塩と酒を入れて、二番出汁で煮る。
3、人参に火が通ったら、大根、コーンを入れて暫く煮る。
4、塩、胡椒、薄口醤油で味を整える。
5、炊いた玄米ご飯を水で洗って、
食べる前に加えて温める。
6.器に盛り、青みをのせる。

■ やすらぎの食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月10日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ夏本番を迎えていないのに
すでに汗だくのトレイルウォーキング。

汗をかけなくて悩んでいる
という方もいらっしゃいましたが、
二回目のウォーキングでびっしょりだったと、
笑顔を見せてくれました。

深澤

「自分と向き合える時間」 40代 女性

普段無意識にしている呼吸や歩く、
食べるという事の大事さ、
自分と向き合える時間が出来たことが良かった。

今回は食養生コースでしたので、
機会があれば空腹を経験して
新たな発見をしてみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「感激」 60代 女性

食べる事の大切さ、素材のおいしさ
食べる方法を変えるだけで
こんなにも味わえるのかと感激しました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「頭もカラダも心もスッキリ」 40代 女性

リセットすることについて
自分ではどうやるのかわからなかったから
頭もカラダも心もスッキリできて良かった。
ゆっくり味わって食事しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「時間がゆっくりと静かに流れて幸せ」 40代 女性

空腹がつらかったけど気持ちよくもあると思ったこと。
普段生活している中で、
常に何か考えているんだなと実感しました。

ここでは変な(嫌な)ことはあまり考えませんでした。
時間がゆっくりと静かに流れて幸せでした。
どうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「少しずつ取り入れて」 30代 女性

最後に説明してもらった現代で
多すぎるものと少な過ぎるものを
肌で感じることができました。

特に睡眠時間を増やす、空気感を大切にする。
日々の生活の中に運動を取り入れることは、
少しずつ取り入れていきます。

ご飯を大切に食べようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リゾート地以上にリフレッシュ」 40代 女性

今まで、ゆっくりしたいなーと思って
海外旅行を選ぶことが多かったですが、
リゾート地以上にリフレッシュすることができました!!

こんなにゆっくりご飯を食べることも新鮮でした。
何でも大事にいただくことをこころがけたいと思います。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今週あたりから、
ドキュメント72時間を見て参加しました、
という人が何名かいます。

これまでのTVの放送と違って、
「心をスッキリさせたい」
「心を整えたい」という人が多いな~。

日常を離れ、自然の中でしっかり休み、
体をリセットすることで「心を整える」

その先にある、心と身体のやすらぎ。

時代がやすらぎの里のような場を
求めているのを実感してます。

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/23

高原館ゲストのみなさんの声・7月19日~


(出汁のよく染みた切干大根。ほっ・・・とやすらぎます。)

7月19日から高原館に滞在した皆さんの声です。

やすらぎの里には、
「やすらぎ」がたくさんあるんだなぁ・・・、
と感じています。
(「やすらぎの里なんだから当然でしょ!」
というツッコミが聞こえてくるようです~笑)

ゲストさんがスタッフブログにコメントを
くださって、改めてそんなことを思いました。

「日常は良くも悪くも刺激的」

本当にそうだなぁ、と思います。

でも刺激って、とても面白い。
強烈に人をひきつけます。

ラーメンは美味しい。
でも、塩むすびも美味しい。

同じ美味しいですが、
ラーメンはどちらかというと刺激的な美味しさ。
塩むすびに刺激はないですが美味しい。
同じ「美味しい」ですが、違いがあります。

アミューズメントパークは楽しい。
自然の中を歩くのも楽しい。
同じ「楽しい」ですが、違いがあります。

心身の健やかさを考えた時、
「やすらぎ」ってとても大切だな、
と思いました。

迷ったときは、
「これって“やすらぎ”を感じるかな?」
と、ひと呼吸おいて自分に聞いてみる。

やすらぎを感じる空間を選んでみる。
やすらぎを感じる食べ物を選んでみる。

「やすらぎ」を目安にして生活していると、
心身が健やかになっていくような気がします。

ゲストの皆さんに「やすらぎ」を
感じていただくために、
やすらげる場づくりをしっかりと
していこうと思います。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「快適に過ごせました」 50代 男性

日常の生活を離れ、とてもリラックスして
過ごすことができ、
ありがとうございました。
スタッフの方もとても親切で丁寧で、
また施設もきれいにされており、
快適に過ごせました。
人間も動物という生き物の一つである、
ということを改めて感じました。
そういうことを意識しながら、
生活していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「環境があると容易」 50代 女性

断食についてですが、自宅で既に2日して、
トータル4日したのですが、
環境があると、思っていた以上に、
容易なことで驚きました。
ただし、自宅で2日は、かなり根性の
いるもので。
家族の食事をしたりで・・・
また今後この経験を活かして、
プチファスティング取り入れて行こうと思います。
スタッフの皆様ありがとうございました。
又きます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「喜び感じるひと時」 40代 女性

食材、切り方、料理方法、盛り付け、
どれも愛を感じ、
更に食べることへの喜びと、
感謝の気持ちが増しました。
体に不調を感じている方々とお話しでき
気持ちを共有する中で、
喜びを感じられるひと時が、
他ではない素敵な場だと感じました。
スタッフの皆さんの愛に感謝しています♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「苦しいものではなかった」 50代 女性

断食がとても苦しいものだと
想像していたけれど、
苦しいものではなかった。
正しい指導で無理なく飢えず過ごせました。
森の環境と、同じように食べず過ごす
方々がいるおかげもあると思います。
日頃、毎日昼食頃は、
とてもお腹が空いていますが、
しょうが湯とかでコントロール出来るかと
期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「協力して乗り越えた感」 40代 女性

色々な人がいるので、
なんとなく協力して乗り越えた感が
良いと思います。
自由に、好きなように、イヤな時は
やらなくてOKと言っていただけたので、
気楽に色々なプログラムに参加できました。
日頃坂道を歩いていないので、
平地を同じ距離歩いてもならない
筋肉痛がイタイです。
2日間食べなくても何とかなるけど、
力は出ないですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「また来ます」 40代 女性

食べ方について考えられた。
自宅でチャレンジするよりも誘惑がなく、
身体も動かしやすい。
一食一食を大切に食べるようにしたい。
ありがとうございました。
また来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「また来年きまーす!」 40代 女性

やはり痩せることは大変です(笑)。
美は一日にしてならず・・・ですね^^
でも、改めて食の大切さを感じました。
この度もありがとうございました。
また来年きまーす!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気持ち良かったです」 40代 女性

ひと手間かけた切り方、盛り付け方、
「これはどうやって作るんだろう?」とか、
味を深く味わったりできました。
施術のマッサージ、気持ち良かったです。
もっとしてほしいくらいでした。
個人風呂を使わせてもらいましたが、
毎回キレイになっていて気持ち良かったです。
毎朝の「今朝のドリンク」が美味しかったです。
はじめはちょっと味付けが「うすいかな」
と思ったのですが、
だんだんちょうど良く味わうことができ、
日頃味付けが濃くなってきたなぁと思いました。
ウグイスが本当によく鳴いていて、
おもしろかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いたわることの大切さ」 40代 女性

プログラム参加の自由さがよかった。
自然の中で良いものを食べて、
自分をいたわることの大切さを感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ほぼすべて良かった」 50代 女性

お友達がすでに体験していたのと、
インターネットでの口コミを読んで選んだ。
自由時間が多い。
回復食~充実している。
温泉、露天風呂、ほぼすべて良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自信がつきました」 60代 男性

自分を変えるきっかけにしたくて選んだ。
プログラムが自由参加。
断食する人のフォローが優れている。
スタッフの感じがいい。
断食する自信がつきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「丁寧に生きる日を」 40代 女性

時間を持て余す体験はなかなかないので
楽しかった。
伊豆の自然が豊かで、
またトレッキングしに来たいです。
普段がいかに雑に生きているかを
痛感しました。
1ヵ月に3回くらいは丁寧に生きる日を
作ってみようかな・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食事に集中する」 20代 女性

デットクスウォーターもお茶も美味しかった。
プログラムも色々あってよかったです。
普段の食事に集中するのが大事だと
感じました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常に戻っても「やすらぎ」を思い出せます♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る