する贅沢から、しない贅沢へ

日毎アーカイブ

日毎アーカイブを表示しています。

2019 7/30 (火曜日)

高原館ゲストのみなさんの声・7月26日~


(「もっともっと~」とおねだりのうみさん)

7月26日から高原館に滞在した皆さんの声です。

「大人の夏休み」

今週のゲストさんたちを見ていて、
そんな言葉が思い浮かびました。

普段の生活では、休日でも、
じつはそんなにのんびりできていないのではないかな?
と思います。

やらなければならないことがあり
休日でも忙しく動き回っていたり。
家でゆっくり過ごしていても、
頭の中は考え事でいっぱいだったり。

小学生時代の夏休みどうだったでしょうか。

忙しくしていた方もいるかもしれませんんが、
少なくとも今よりかは、
のんびり過ごしていたのではないでしょうか。

朝起きて、遊びに出かけて、お昼を食べて、
また遊んで、夕飯を食べて、寝る。
その繰り返し。
特に予定もなくて、
「今日は何して遊ぼうかなぁ~」と考える毎日は、
とても幸せです。

大人になってからは、
このような休みの過ごし方が難しくなってきます。

でも、やすらぎの里には、
それに近い感覚を味わえる環境があるのかも・・・、
と思いました。

朝起きて、のんびりお散歩して、遅めの朝食を食べて、
またお散歩に出かけて、早めの夕食を食べて、ゆっくり寝る。
そんな3泊4日。

セミの鳴き声がする中でかけて、
青空の下で汗をかきながら帰って来て、
温泉でさっぱりして、
涼しい広間でごろごろする。

そんなゲストさんの姿を眺めていて、
「大人の夏休み・・・」
そんな言葉が浮かんできました。

子供のころ感じた夏休みの解放感。
やすらぎの里でもう一度感じることが出来るかもしれません。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「大切に有難く」 60代 女性

友人に誘われて経験してみたく選びました。
清潔感があり、スタッフが皆さん素敵♡
食べ物を大切に有難く
いただこうと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「きれいでいやされる」 50代 女性

3泊4日という期間がちょうど自分には
ピッタリだと思った。
本館や養生館も含めて、どこもかしこも
綺麗にお掃除頂いて感謝♡
きれいだと心もいやされます!
時差ボケと胃の疲れも改善しました!
ありがとうございました!
また来ま~す♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「本当に癒されました」 60代 女性

3日間食していないのに空腹感を
あまり感じず、
断食する!と決心すると達成できる
ものなのだなと自信が持てた。
緑の中で気分も落ち着き、
大沢先生の優しい声とお話に、
本当に癒されました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分を見つめる大切さ」 50代 女性

ゆったり時間が過ぎる。
食べ物、飲み物がやさしくおいしい。
ゆったり過ごす、自分を見つめる
大切さを感じました。
次回は体重が増える前に来ます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体力維持を」 60代 女性

自分のパワー不足を感じました。
以前の時は、断食中でも元気に動けたのに
今回は少し歩くと疲れを感じるように
なりました。
体力アップは無理だと思うので、
体力維持を頑張りたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「初めての断食」 20代 女性

初めての断食でしたが、
ふだんの自分の食生活を見つめ直す
きっかけになりました。
今回の滞在中に感じた、
素材の美味しさや、空腹時の感覚を
忘れないようにしようと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「みそ汁作ろうと思います!」 30代 女性

昨年はやせようという目的の方が
強かったかな?と思った。
今年は疲れを取る、調子を良くする
目的が強かった。
来た時はそんなつもりはなかったけど、
「そうだったんだ~」と気づいた。
前回戻ってから運動をはじめ、
もうすぐ一年たちます。
梅干もおいしいのを食べる!と、
こだわっているのも続いています。
今回はみそ汁。
週何回か作ろうと思います!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ていねいな生活」 40代 女性

昨年来てとてもリラックスできた。
自然。ごはんが美味しい。
毎日忙しく過ごしていることに気づきました。
ていねいに生活したいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「次回は3泊4日で」 60代 女性

昨日は外に出かけたので、
食べ物屋さんのにおいや
ソフトクリームを食べている人が
気になりました。
デットクスコースなので、
お腹が空ているわけではなく、
頭の中で、
食べられないでも食べたい、
と考えていました。
14:30に大室山に登る体力があったのが
我ながらびっくりでした。
次は3泊4日でうかがいたいと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体をリセットする意味」 50代 女性

普段から、自分がムダに、
たくさん食べていることがわかりました。
体をリセットする意味が体をもって
よくわかりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「家でできること」 50代 男性

家でできることをやってみる。
・玄米食
・具だくさん味噌汁
・ヨガ
・ゆっくり食べる(噛む)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「楽になる生活」 50代 女性

脳疲労や食生活など、
ずいぶんくずれていたので、
今一度心して身体も心も
楽になる生活をめざしたいと
思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「生活の見つめ直し」 20代 女性

日常生活からもっと自分の生活を
見つめ直していきたいと思います。
四日間たいへんお世話になりました!
ありがとうございました。
また来ます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「意識して休める」 50代 女性

日頃からだにいいことをしていないので
頭を休める、体を休める、
タイミングを意識して
作ることを心掛けたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「別荘としてリラックス」 60代 女性

やすらぎの里は別荘なので、
特に何もせずリラックスしていれば
いいんだなと実感しました。
歩こうとか、動こうとか、
ねばならない思考から自由でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食欲が充たされる」 50代 女性

時間が来たら身体が欲しなくても
食べていた。
食べないと体に悪いと思っていたが、
そうでもないことに気づいた。
また、ゆっくり食べると食欲が充たされていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食べなくても元気」 20代 女性

食べられないということは
辛さもあったけれど、
食べなくても意外と元気に活動できるな
と思いました。
食べるときの準備とか、瞑想とか、
今までやっていなかったことを
日常生活にも取り入れて行きたいなと
思いました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生活の見直しが出来た」 60代 女性

一番は食を中心とした、
日常生活の見直しと、
運動することの大切さを学ぶことが
出来たかなと思います。
ゆっくりした時間の中で上手く節目をつけて
生活していく感覚を知ることが出来ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常に戻っても「やすらぎ」を思い出せます♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/30

『 やすらぎ通信 』心まで軽くなる

『 やすらぎ通信 』 第745号 2019.7.30

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

ひたすら雨と曇りが続いた梅雨も明け、
一気に真夏日・・・。

今朝は薄い雲が広がり、
強い日差しを遮ってくれているので、
ほどよい夏日です。

セミも強い日差しを待っていたかのように、
ミンミン元気に鳴いています。

急に酷暑になったので、
梅酢水を飲んで熱中症対策をしてください。

蝉時雨の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】心まで軽くなる

【2】やすらぎのレシピ
「梅酢水」

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】心まで軽くなる

やすらぎの里は、
定期的に来ているリピーター方が多く、
管理職や経営者の方もたくさんいます。

みなさん忙しい方が多く、
まとまった休みは、
この期間しか取ってないという方もいます。

そんな忙しい人が、
なぜ貴重な休みをやすらぎの里に使うのか。

面談のとき、リピーターの方に聞いてみると、
「頭も体も、こんなにすっきりするのは、
ここしかないんだよね~」と話してくれました。

内臓の疲れが取れると、
胃腸もすっきり。
しっかり休息して、
身体の疲れても取れると
ごちゃごちゃだった頭の中も整理されて、
心もすっきり整ってくる。

生きている実感、
自然と湧いてくる感謝の気持ち。

心と体が整うと「生きているだけで嬉しい」
そんな感覚が内側から湧き上がってきます。

それは、断食をして体重が減ったからという、
ことだけではないんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この忙しい時代に、
心と体を整えるって、
それほど簡単ではありません。

断食をして内臓を休め、
マッサージやヨガで体をゆるめ、
温泉や岩盤浴で体を温め、
伊豆高原の自然の中を歩き、
たっぷり睡眠を取る。

このすべてをセットでおこなうことで、
心と体のつながりが深まり、
心と体が整ってきます。

日常から離れた自然の中で、
淡々と心と体を整えるプログラムに専念する。

断食して空腹の中ひたすら歩いて、
ひと休みしたときに、ふっと訪れる、
「ただ生きてるだけで素晴らしい!」という実感。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最終日の朝、
身体がスッキリ、頭もクリアで、
心も軽く爽やか~。

そんな喜びをあなたにも感じてほしい。

心まで軽くなる「断食×リトリート」

■ やすらぎの里について


【2】やすらぎのレシピ

「梅酢水」

熱中症の予防にと、
スポーツドリンクを飲んでいる方がいますが、
糖分がたくさん入っているので、
かなり運動をしている人以外には、
あまりおすすめしません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで、体を動かさない人におすすめの、
熱中症対策ドリンクは「梅酢水」

梅酢は、梅干しをつけたときに出た汁。
いわば、梅干しのエキスのようなものです。

塩分とクエン酸が、
たっぷり含まれています。

この梅酢をお水で薄めただけのものです。

1.8リットルのお水に、
40ccの梅酢を入れます。

炭酸のシュワ~っとした刺激が欲しい人は、
炭酸水で割っても美味しいです。

僕の好みは、炭酸水で割って、
レモンの絞り汁を少し入れる。

梅干しのほどよいしょっぱさと、
レモンの爽やかな酸味が美味しいです。

■ 体で覚える食養生


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月17日から養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

珍しく男性の方が多く、
「お酒をこんなに抜いたのは初めてです。」
そう仰っていた方が多い週でした。

日ごとにスッキリしていく、
体の様子が嬉しくて。

帰ってからもできるだけ続けますと、
皆さん笑顔でお帰りになりました。

禁欲的になりすぎず、
体が軽いという心地よさを味わう体験が
なにより大切だなと、
皆さんから改めて学んだ週でした。

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・

「深澤先生が館長になって」 50代 女性

深澤先生が館長になって、
初めて来訪した養生館ですが、
想像していたより、板についていてびっくり!

さわやか路線で頑張って下さい!

前任者が個性ありすぎの
ハリー先生だっただけに…(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・

「印象深かった」 30代 女性

空腹感があまりなかった…
けど寝起きはつらかった。

朝しんどかったのに、
トレイルウォーキングをすると
元気になったのが印象深かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「ステキな方ばかり」 50代 女性

一緒に五日間過ごしたメンバーも楽しく、
ステキな方ばかりで、
滞在中、学ぶことが多かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「少食でもおいしくいただく」 50代 女性

食の味わい方を体験することで、
「食べない」ダイエットではなく、
少食でもおいしくいただく方法を
教えていただき良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「改めて考えること」 40代 男性

空腹の時の自分の状態や、
食べ物の食べ方、素材の味など、
今まで、深く考えてきてなかったことを
改めて考えることができて。

充実した時間が過ごせました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「何とかなる」 30代 女性

普段なんとか食べないと、
忙しくてもご飯をお弁当でも、デザートでも
何かしら3食べないとと思いましたが、
今回の滞在で、
食べられなくても意外と体は動くし、
胃がなっても、食べなくても
何とかなるなと思いました。

食べ過ぎると他にやりたいことや、
運動、生活習慣もおざなりになって
出来なくなっていくと思いました。
ここで普段できないことが
たくさん出来て本当に良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「呪縛から解き放たれた」 30代 女性

自分の生活を見直すいいきっかけになりました。
「食べなきゃいけない」
という呪縛から解き放たれた気分です。

自分の声を聞いて、
まず食生活から見直していこうと思います。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今朝は「池の里山」をみんなで散歩。

夏の日差しを受けて、
稲が青々と育っていました。

その稲に朝露がついて、
朝日に照らされ、きらきらと輝く。

山からの清水が流れる小川からは、
霧が立ち上っていました。

流れが強く冷たい沢水が、
暑い空気に触れて天然のミストに。

澄んだ空気が気持ちよかったな~。

明日は伊東で花火大会があるので、
マイクロバスで花火見物に行く予定です。

みんなで大人の夏休みを満喫してます!

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/28 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「健気なからだ」


(外に行くのを断固拒否するソラくん。)

こんにちは、高原館のくさむらです。

人間のからだはとっても良く出来ているなぁ・・・
と思います。

私たちの行動に対して、
からだは自然にバランスを取ってくれます。

暑いところに行けば汗が出て、体温を下げようとしてくれる。
寒いところに行けばぶるっと震えて、体温の放出を抑えてくれます。

私たちがとった行動に対して、
からだは健気に働いてくれます。

だるさや痛みは嫌われますが、
もし、その辛い感覚がなかったら、
そのまま不調に気づかないで事態は悪化していってしまいます。

だるいから動けなくて休むし、
痛いからかばって休ませます。
そうして休ませているうちに、良くなっていきます。

「体に悪いと分かっていてもやめられない。」

誰にでもそんな習慣があると思います。
悪習慣と呼ばれるようなことでも、
それは、からだがバランスを取ってくれている、
ということなんじゃないかな、と思います。

食べ過ぎ飲みすぎ、吸い過ぎ。
テレビやゲームで夜更かし。

日々頑張りすぎて疲れているとしたら。
からだはそれに対して、ちゃんとバランスを取ろうとする。
ストレスをたくさん抱えているとしたら、
それを解消するようにからだは働くのだろうなと思います。

食べたり、飲んだり、喫煙したり。
からだに負担ではあるけれども、
その瞬間は確かにストレスが軽減するように思います。

もしかしたらこの先、生活習慣病になるかもしれないけれど、
でもそれよりも、今ここで抱えている「ストレス」を解消することが、
からだとっては優先されることなのかな、と思いました。

それくらい「ストレス」は、からだにとって、
手放したいものなのかもしれません。

からだに良くないな、とわかっていても止められないことがあるとしたら。
「それだけ頑張っている」ということだと思います。
頑張っているのに「なんで止められないんだろう・・・」、
と自分を責めてしまったら、さらにストレスは大きくなってしまいます。

「それだけ自分は頑張っているんだなぁ・・・」

と思うと、少し気持ちがゆるっとなる気がします。
ゆるっとすると、ストレスが小さくなって、
からだも食べる飲む吸うなどでバランスを取る必要がなくなるかもしれません。

本当にからだは健気に働いてくれているな。
そんなことを考えていました。

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/27 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「身近な緑を探してみる」

こんにちは、高原館のくさむらです。

今日は高原館へ行く途中にきれいな虹が見えました。
朝のお散歩プログラムでは、真っ青な空と大室山が見え、
何種類もの鳥さんが鳴いていました。
自然のBGMを聴きながら歩くのは、
とても気持ちが良いです。

青空、虹、山、鳥のさえずり。
自然には「心地よい」がたくさんあります。

刺激的な体験~!、ではないかもしれませんが、
外に出るだけで、ホッとこころ安らぐ心地良さを感じられます。

「伊豆高原は環境がいいですよね」

ゲストさんから良く聞くお言葉です。
たしかに、伊豆高原は自然豊かで環境が良いです。

でも先日、都心の方の大きな公園に行ったら・・・
伊豆高原と同じように、
青空が見られて、緑が生い茂っていて、鳥のさえずりが聞こえました。

都会の方面にいても、少し探せば、
こんなに心地よい場所があるんだなぁ・・・と、
嬉しくなりました。

お家の近くに、緑がある場所を探して、
なんだかスッキリしないなぁ・・・、
というときに、足を伸ばしてみる。

少し気持ちが軽やかになるかもしれません^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/23 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』からだで納得!

『 やすらぎ通信 』 第744号 2019.7.23

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は曇り空。

雲が日差しを遮ってくれているので、
今日も涼しい。

全開に開け放った窓から、
涼しい風と鳥の声が流れてきます。

明日からは晴れて暑くなる予報なので、
涼しい夏、最後の日になるかな。

オニユリの花が満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】からだで納得!

【2】やすらぎのレシピ
「玄米リゾット」

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】からだで納得!

今回も高原館のくさむら先生が、
高原館のブログに、
アップしてくれた「からだで納得!」
の記事を紹介します。

くさむら先生のやさしい感じの中に、
一本筋が通った文章が心地いいです。

こんにちは、高原館のくさむらです。

頭で納得するのはなかなか難しいなぁ、
と感じます。

健康関連の本を読んで、
「なるほど~!こうすればいいのか!」
と、納得。
「これで健やかにくらしていけるぞ~!」
と、その時は気持ちが上がります。

でも、いざ行動に移そうとすると、
「ん~まぁ明日からでいいかな」とか、
「ちゃんと準備してからにしよう」
と、そんなことを考えているうちに、
どんどん時間が過ぎていき・・・

ついには本を読んだことすら忘れてしまう。

頭で理解したり納得しても、
「こうなるらしい」や「こうなるんだろうな」、
という想像だけだと、
からだにスイッチが入りずらいような気がします。

一方、先にからだで理解したり納得すると、
そのあとも続けて行けることが多いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やすらぎの里での体験は、まさに、
からだでの理解と納得。

「自分の体は軽やかになるんだろうなぁ・・・」
という想像ではなく、
「自分の体ってこんなに軽やかになるんだ!」
という実体験。

一度からだがそれを経験すると、
頭が忘れてしまっても、
からだがふとした時に思い出してくれます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

頭よりからだの記憶力のほうが強いのではないかな?
と感じます。

一度からだに「軽やか」な感覚を体験させてあげる。

その体験は今後の強い味方になるのではないかな。
そんなことを考えました^^

■ 高原館・スタッフ日記


【2】やすらぎのレシピ

「玄米リゾット」

出汁と玄米ご飯に、
野菜の旨味がプラスされた、
優しくてほっとする一品。

玄米が苦手な方も
安心して食べられます。

冷ご飯、残り野菜も使えるので、
冷蔵庫を整理したい時にもおすすめです。

「玄米リゾット」
<材料> 1人分

玄米ご飯100g、人参10g、大根30g、じゃこ 適量
青み(いんげん、絹さや、ブロッコリーの芯など)、
コーン 適量
二番出汁 180cc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<作り方>

1、じゃこ、青み、コーンはバランスで量を決める。
人参、大根をサイコロ状に切る。
2、人参とじゃこを、塩と酒を入れて、二番出汁で煮る。
3、人参に火が通ったら、大根、コーンを入れて暫く煮る。
4、塩、胡椒、薄口醤油で味を整える。
5、炊いた玄米ご飯を水で洗って、
食べる前に加えて温める。
6.器に盛り、青みをのせる。

■ やすらぎの食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月10日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ夏本番を迎えていないのに
すでに汗だくのトレイルウォーキング。

汗をかけなくて悩んでいる
という方もいらっしゃいましたが、
二回目のウォーキングでびっしょりだったと、
笑顔を見せてくれました。

深澤

「自分と向き合える時間」 40代 女性

普段無意識にしている呼吸や歩く、
食べるという事の大事さ、
自分と向き合える時間が出来たことが良かった。

今回は食養生コースでしたので、
機会があれば空腹を経験して
新たな発見をしてみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「感激」 60代 女性

食べる事の大切さ、素材のおいしさ
食べる方法を変えるだけで
こんなにも味わえるのかと感激しました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「頭もカラダも心もスッキリ」 40代 女性

リセットすることについて
自分ではどうやるのかわからなかったから
頭もカラダも心もスッキリできて良かった。
ゆっくり味わって食事しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「時間がゆっくりと静かに流れて幸せ」 40代 女性

空腹がつらかったけど気持ちよくもあると思ったこと。
普段生活している中で、
常に何か考えているんだなと実感しました。

ここでは変な(嫌な)ことはあまり考えませんでした。
時間がゆっくりと静かに流れて幸せでした。
どうもありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「少しずつ取り入れて」 30代 女性

最後に説明してもらった現代で
多すぎるものと少な過ぎるものを
肌で感じることができました。

特に睡眠時間を増やす、空気感を大切にする。
日々の生活の中に運動を取り入れることは、
少しずつ取り入れていきます。

ご飯を大切に食べようと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リゾート地以上にリフレッシュ」 40代 女性

今まで、ゆっくりしたいなーと思って
海外旅行を選ぶことが多かったですが、
リゾート地以上にリフレッシュすることができました!!

こんなにゆっくりご飯を食べることも新鮮でした。
何でも大事にいただくことをこころがけたいと思います。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今週あたりから、
ドキュメント72時間を見て参加しました、
という人が何名かいます。

これまでのTVの放送と違って、
「心をスッキリさせたい」
「心を整えたい」という人が多いな~。

日常を離れ、自然の中でしっかり休み、
体をリセットすることで「心を整える」

その先にある、心と身体のやすらぎ。

時代がやすらぎの里のような場を
求めているのを実感してます。

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る