する贅沢から、しない贅沢へ

2020 3/10 (火曜日)

高原館ゲストのみなさんの声・3月6日~


(大沢先生、お誕生日おめでとうございます!)

3月6日から高原館に滞在した皆さんの声です。

いつもゲストの皆さんには、
たくさんのアンケートをいただき、
とても感謝しています。
皆様、ありがとうございます。

今回のアンケートでは、
「自分と向き合う時間」という言葉が、
多く見られました。

この言葉から、忙しい日常では、
自分以外に意識が向いている時間が多い、
というこが良くわかります。

自分に意識を向ける、という時間は、
どうしても優先順位が低くなってしまうようです。

やらなければならないことが沢山ある。
やりたいことが沢山ある。

その沢山の事が済んで、
やっと自分に意識が向く。

やすらぎの里に来ると、
いったんやらなければならないことから
離れることが出来て、
やりたいことも(良い意味で)出来なくなります。

日常から離れた時に、やっと、
自分と向き合う事が出来る。

本当は多くの方が、
「自分と向き合う時間」を求めているのだと思います。
体も心も、こっちも見て欲しいな、と、
望んでいるような気がします。

自分と向き合うと、気持ちが落ち着きます。
そのホッとした感覚を、無意識に、
欲しているのかもしれません。

やすらぎの里に来ると、
リセットできる、リフレッシュできる。
そういった感想を多くいただきます。
それは、自分と向き合う時間が持てたことで、
気持ちがホッと落ち着き、
心身の緊張がほどけていくからなのかな、
と思いました。

自分と向き合うから何になるの?
と思われるかもしれませんが、
自分と向き合うと、
かたく縮こまっていた心身の力が、
ふっと抜けていくのだと思います。

普段ついつい頑張りすぎてしまう方。
そんな方にこそ、やすらぎの里で、
心身がホッと休まる時間を味わっていただきたいな、
そんな風に感じた週でした。

くさむら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の体と向き合える」 50代 女性

環境も良く、スタッフの方々も親切で、
しっかり自分と向き合える時間を
作ってくれている。
また、回復食だけでなく、
すべての飲み物や食べ物がおいしい。
断食することによって、
自分の体と向き合う事が出来ました。
久しぶりにお腹が鳴る音を聞きました。
これからも自分の体の声を、
良く聞こうと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分と向き合う時間」 40代 女性

良かったところは、個室や岩盤浴。
ドリンクの種類が多くて飽きない。
広間の床暖房、ベッドの電気敷布。
食事の内容、タオルの交換。
・食に関して
素材と向き合うこと。
うまみを感じることで味覚は改善できること、
改めて実感しました。
・自分と向き合う時間の作り方について
分かっていても出来なくなってくるので、
ここに逃げ込んできた感じ。
今回もありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「回復食まで管理してもらえる」 50代 女性

家で勝手な知識で断食すると、
その後が難しい。
ジュース、みそ汁を摂りながら、
回復食まで管理してもらえる。
自分でもわりと食事は気にしている。
野菜中心にしているし、
味も定期的に塩を減らしたり。
今回の事を参考に家でももっと気をつけたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の体と向き合う時間」 40代 女性

自分の体と向き合う時間をもらえる。
定期的に自分の生活の改善や、
体の声を聞く時間を持つ事が
大切であると感じました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「すべて良かった」 30代 女性

すべて良かった。
自由に行動できる。
適度なプログラム。
ロケーション。
食べることの重要性に気づいた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「背筋を伸ばした生活」 60代 女性

糖質ダイエットに興味があった。
本がたくさんあった。
スタッフさんの心遣い。
生活すべてを背すじを伸ばして行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の体の声をきいてあげよう」 10代 女性

スタッフさんの対応。
居心地の良さ。
食事の美味しさ。
設備など、どれもすごく良かった。
自分の体の事だけを考えて生活するのは、
普段なかなかできないけど、
とても大切な事なんだとわかった。
これからはもっと自分の体の声を
ちゃんときいてあげようと思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「『今ここ』を味わっていけそう」 60代 女性

初めて食養生コース糖質制限食にしました。
しっかり食べてしっかり」動けました♡
半年に一度はゆったり、
自分の生活を見つめ直す時間が
必要だと思いました。
(前回来た時より1年近く経っていました)
生活習慣を見直して、
健康で残りの人生を歩んでいきたいです。
糖質制限食にして、しっかりお野菜も、
タンパク質も摂っていて、
断食の時のように食べることばかりに気持ちが
集中しなかった?ので、
自分のストレスの原因を探すきっかけに
なった気がします。
これから「今ここ」を、
味わっていけそうな気がしています。
スタッフの皆さんが本当に素晴らしいです!!
ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体がすっきり」 30代 女性

岩盤浴と温泉が入りほうだいで、
ヨガ等のアクティビティも充実。
体がすっきりした気がします。
また“冷え”についても、より顕著に
感じるようになりました。
最終日ふだん着に着替えたら、
とたんに寒くなり、
ふだんが薄着すぎたということが
よくわかりました。
これからは腸内菌が喜ぶようなごはんを食べて、
体をあたためながら、
日々暮らしていきたいと思います。
4日間お世話になり、ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「リセットが目的」 50代 女性

自然ゆたか。
食事(回復食・普通食)が美味しい。
お風呂の化粧水、クリームが良かった。
こんなに低血糖の症状が出て
大丈夫なのか不安だった。
ダイエット、体質改善、というより、
リセットが目的だと感じた。
リバウンドが心配。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「もっと楽な方を選んでいいんだ」 40代 女性

自分の気持ちに沿って動くことを
尊重してくれる。
ついつい頑張ってしまいそうになる自分を感じて、
もっと楽な方を選んでいいんだと思った。
全部のプログラムに出なかったことは、
かえって新しい行動パターンでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「こんなにも身体がすっきり」 30代 女性

身体が軽くなった。
寝起きが辛くなかった。
色々な飲み物があった。
来る前は心も身体も忙しい日々でしたが、
こんなにも身体がすっきりするので、
このような環境下で時々断食するのも
良いなぁと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生活改善のきっかけになった」 20代 男性

無理のない食事の提供。
はじめて断食に挑戦しましたが、
まったく口にしないイメージをはじめ
持っていました。
しかし、水分もじゅうぶんに摂れ、
次第に固形物を口にしていける、
無理ないスケジュールは自分にとって
とんでもない苦に思うことはなかったです。
日頃、食べたい物を不規則な時間に食べ、
また、落ち着いた状況下で食べることが
できない生活を送ってきました。
そのため、一時的に体重も増え、
心身ともに疲れた感じが抜けなかった。
今回、友人の紹介でこちらに伺い、
街中のゴミゴミした環境から離れ、
規則正しい生活を送ったことで、
体が軽く感じるなどの一定の成果を得ると共に、
気持ちもだいぶ楽になりました。
これからの生活を考え、見直していく、
よいきっかけになったと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ていねいな気づかい」 40代 女性

コロナウィルスで騒がれていて、
大変な世の中ですが、
ここはすごく守られている感じがしました!
時々のサプライズドリンクなども嬉しかったです。
味変が楽しめました。
時間を大事に、感覚を大切に。
テーブルの花やアロマや、
スタッフ皆さんのお声掛けなど、ここであった、
ひとつひとつていねいな気づかいを、
日常に帰ってもやっていきたいと
思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日常に戻っても「やすらぎ」を思い出せます♪
高原館のFacebook

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る