する贅沢から、しない贅沢へ

2007 5/1 (火曜日)

おめでとう

おめでとう、高原館。

今日で高原館一周年です。

一年前のことを思い返すと懐かしく感じます。

オープン前日はぎりぎりまで物が片付かず、

ホールの荷物がなくなったのは夜中3時をまわっていました。

「とりあえず、もう寝よう」

カミさんを寝床につけたが自分は興奮してなかなか眠れませんでした。

そして、最初のゲストの方の来館。

来たときは武者震いがしたのを今でも鮮明に覚えています。

あれから丁度一年になるんですね。

ゲストの方が満足していただけたか、自問自答を繰り替えした
一年だったかもしれません。

多くの悩みもありました。

その都度その都度、人に助けてもらいました。

人との繋がりを強く感じた一年でもあります。

今となると、長かったような、短かったような・・・・・

駆け足で走り抜けた一年間。

私は、この一年で多く人と出会い、そして沢山の経験ができました。

今まで出会ったゲストの方、協力してくれたスタッフ、
そして、大沢先生に感謝です。

ありがとう

そして、365日、24時間、一緒に仕事をしてくれたカミさん。

ありがとう


NEC_0440.JPG

断食施設のブログにこんな写真?
大沢先生、今日くらいはいいですよね。

TWITTER

“おめでとう” への6件のフィードバック

  1. ゆるり5317 より:

    いろんなことを経験し、学んでいくのですね。
    ひとまわり年輪を重ねた高原館に、高村夫妻に乾杯!

  2. 高原の住人 より:

    ゆるり5317さんへ
    書き込みありがとうございます。
    皆さんとの出会いが僕の財産です。
    今年一年も、もっと飛躍できるとしになるといいです。

  3. オープンの日ことは、いまでもはっきり覚えてます。
    この一年、いろんなことがあったね。
    ほんと、お疲れ様でした。
    今度はもっと美味しいビール飲ましてやるから、
    楽しみにしていてください。

  4. 高原の住人 より:

    やすらぎ大沢さんへ
    本館に負けないような施設になるようがんばります。
    その後のお楽しみ、期待していますね。

  5. 158号 より:

    高原館、行く度に素敵になっていくなあと感じています。これも優しさあふれる高村夫妻と大沢先生の汗と涙の結晶ですね!!
    大沢先生は、高原館オープン当時は本当に大変で精神的にもつらいときだったんですよね。そんな中、ほかの人に癒しを届けられる先生は本当にすごいと思います。
    これからも本館、高原館とも末永く応援しています。また、よろしくお願いいたしますね。

  6. 高原の住人 より:

    158号さんへ
    書き込みありがとうございます。
    これからもどんどん進化していきますよ。
    また、疲れがたまったら遊びに来てください。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る