する贅沢から、しない贅沢へ

2008 10/25 (土曜日)

断食の効用

こはりです。

梅干しひとつに、手を合わせ「あ~ありがたい」拝むようにして食べる姿。

飢えを味わってたどりつく境地です。

施設に来たときは疲れきっていた人が、帰る時になると晴れやかな満面の笑みで「ありがとうございました」と連呼する光景を目の当たりにします。

それは断食によって生理的に休息し体調が整ったせいもあるかもしれませんが、むしろ心の底からわきあがる感謝の気持ちを抑えきれないと言った方が近いかもしれません。

ストレスフルな忙しい生活を送っていると「なんで私ばかり不幸なんだろう」そんな思いにかられることもあるでしょう。

そこで意図的にでも飢餓感を味わってみる。

今までは気にも留めなかったこと、些細と思っていたことが、いかにありがたいことだったかに気付きます。

「生かされている」感覚。

断食の最も大切な目的はそこにあるように思うのです。

目先のことを言えば、断食は体を浄化し、また食生活を変える上で相当なインパクトがあります。

それもひいては価値観、そして生き方が変わることを意味しています。

きわめて本質的なアプローチです。

欲望の飽和した現代。
なんでも手に入る豊かさとひきかえに、“幸せ”を感じることができなくなったのではないでしょうか。

断食はふくらみすぎた欲望をグッと抑え込むことで、本質的な幸せに気付かせてくれます。

14の8000メートル峰を踏破した世界的な登山家ラインホルトメスナーは、

『私は自分が自然の一部分であるということを強く感じています。私と水や木や草との間には何の区別もない。同じひとつの流れの中にあるのです。科学や医学が進歩によって私たちは昔の人よりずっと多くのものが見えるようになった。しかしその代償として何か一番大切なものが見えなくなってきているように思うのです。私は人より超人的な体力や耐久力を持っているというわけではありません。ただ私は生命力を発揮する方法を人よりよく知っていたと思います。生命力とは自分が所有しているというようなものではなく、私たちの周囲に無限に存在し、うずまいているものなのです。その生命力をスムーズに体の中に取り入れ、そしてまたスムーズに外へ出していく。それが調和的にうまくいったとき遠征が成功するのです。するとまた大きな喜びとともにエネルギーが体に戻ってくる。人間はいわば生命力の通り道のようなものなのです。』と言っています。

なぜ断食するのか?

それは私たちの周囲に無限に存在し、うずまいている生命力に気付くためではないでしょうか。
地球もその一部分である人間も、宿痾の治癒はその延長線上にあるはずです。

ゆえに断食は地球自体が疲弊しつつある現代にこそニーズがあるように思います。

またラインホルトメスナーは、
『科学技術の進歩を後戻りさせることはできないと私は思っています。しかし、もし人間が自然とのコンタクトを失わず、自然が伝えてくれるメッセージに素直に耳を傾けるなら、人間はたぶん大きな過ちは犯さないだろうと私は思っています。今一番大切なことは国や企業を糾弾するキャンペーンよりも、一人一人の人間の心の中の革命です。それも普通の人々の、普通の生活の中での心の変革が、実は一番大切だと思います。広い意味で地球はまだまだ大丈夫だと私は思っています。』とも言っています。

ボディ、マインド、スピリット、そして社会、自然、環境問題を包括した「ホリスティックな断食」の地平には「一人一人の人間の心の中の革命」があるように僕は思います。

人間が人間らしくなる場、その人が本来もっているやさしさが溢れ出してくる場に立ち会うことができ、僕は本当に幸せだと思います。

太陽礼拝.jpg

TWITTER

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る