する贅沢から、しない贅沢へ

2008 10/4 (土曜日)

菜食主義を超えて

こんにちは、こはりです。

「ベジタリアン(vegetarian)」というと、野菜だけを食べる人だと思っていました。

ところが語源を調べてみると、ラテン語のuesere(…に生命を与える、活気づける)が、ギリシャ語のvegetus(健全な、新鮮な、活発な)に変化して、vegetarianになったのだとわかりました。

つまり「精神的にも肉体的にも健康で、生き生きとした力強い人」というのが、そもそもの意味らしい。

さらに広義には、「社会や人生に対してのバランス感覚を持った、より良い社会や人生を目指す人」となります。

こうなると、「ベジタリアン」という言葉にまとわりつく偏屈なイメージが払拭されます。

人がベジタリアンというライフスタイルに気付くきっかけには、環境への関心や配慮から、動物愛護から、健康面から、と様々でしょう。

ベジタリアンにも、その志向に応じて種類があります。

鶏肉以外の肉を食べない「ポウヨウベジタリアン」

菜食に加えて卵のみを食べる「オボベジタリアン」

菜食に加えて乳製品のみを食べる「ラクトベジタリアン」

菜食と卵と乳製品を加えた「ラクトオボベジタリアン」

衣食住すべてにおいて可能な限り動物由来のものを避ける「ヴィーガン」

収穫しても死なない植物(例:にんじんは×トマトは○)を食べる「フルータリアン」

インドでは60%、台湾では30%、イギリスでは15%が、また近年先進国の知識人が志向する「ベジィライフ」

日本にも昔から、より高い精神に達するための精進料理の思想があります。

「人間にとって自然とは何か?」歴史に培われた答えがあるように思います。

「人の健康」と「地球の健康」を考えれば、当然の帰結なのかもしれません。

物心両面において差し迫った現代に生きる我々、特に若い世代にベジタリアンが増えているのもうなずけます。

きらびやかに着飾ることではない、ましてや華やかな肩書きにあるのではない、
本当にスマートでスタイリッシュなライフスタイルとは、生かされていることに対する感謝を行動で示し続けること。

まずは一番身近な自然にささやかな感謝を。

すべてはつらなっているから。

081001_2311~001.jpg

TWITTER

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る