する贅沢から、しない贅沢へ

2010 9/6 (月曜日)

日々の養生法 その2

こんにちは、こはりです。

100906_2151_001.jpg

昭和の匂いがプーンと漂ってきます。

「中山式快癒器」

おじいちゃんの家の隅に置いてあったような。

古き良き指圧代用健康器具です。

電源がいらないので、今のご時世にぴったりの省エネ、エコロジーです。

さっそく背中にあてがってみる。

これがまた「効くぅ~」って感じでツボにはまってきます。

科学技術が進歩する現代に、こんな時代遅れなもの…と思われるかもしれません。

しかしこの中山式、イノベーションを忘れません。

知らぬ間に進化を遂げていて、高さ調節が可能となり当たりの強弱を設定できるようになりました。

かゆいところに手が届くとはこのことでしょう。

しばらく背中に当てていて気がつきました。

これは「日本のリストラティブヨガ」ではないかと。

重力に逆らわず、身体の重みにゆだねてリラックスする先進のヨガです。

ストレスフルで交感神経優位な、つまり神経過敏でこわばりやコリを伴う現代人にとっては必要な方法論です。

なにかと気張り、踏ん張り、歯を食いしばって頑張ることが強いられる現代には、重さに身をゆだねて全身の緊張を解いていくことが大切になります。

またデスクワーク主体の就労環境では、前屈のゆがみが生じやすくなります。

前のめり、猫背になってくるということです。

頭が前にせり出してくると、それを支える首に緊張が伴ってきます。

脊髄神経や頚動脈の通路となる首を圧迫した場合、全身的な不調を惹起しかねません。

そんなとき中山式を背中にかませることで突起が脊柱を挟むように当てられるため胸が広がり反り返るような後屈の運動となります。

つまりヨガで言うところの「逆刺激」ゆがみを解消するための方法の一つです。

胸が広がれば呼吸が深まり精神も安定してきます。

この「呼吸が変わること」が健康法の真贋を見極めるポイントになると僕は思っています。

呼吸は自律神経ひいては精神に作用するからです。

からだを単なる筋骨格としてみれば、それはモノの修理に終始してしまいます。

呼吸に焦点を合わせることで、生活習慣や生き方を変えることすらできると思うのです。

また健康法をつぶさに観察すれば、その中に虚実が認められます。

つまりからだをほぐし、ゆるめ、冷ましていくもの、一方で引き締め、鍛え、温めていくもの、という性質の違いです。

インド発祥の純粋なヨガは、くにゃくにゃと柔らかいのが特徴で熱帯の気候風土に照らして放熱に適したものです。

一方、四季という寒暖の差のある日本においては、冬であれば寒さに負けじと筋肉を引き締め身を守っているところもあるわけです。

それは必要あって引き締まってるのであって、その自然の摂理に反してそれをゆるめてしまってはかえって害があるかもしれません。

また古来より腰、ハラつまり丹田を中心として形成されてきた東洋的な身体感覚があります。

日本には日本の気候風土に即したヨガが求められるのではないでしょうか。

禅や陰陽論、密教などを融合した国産の沖ヨガでは強化法という形でただくにゃくにゃと柔らかいのではない、丹田を中心とした安定感のある身体に作り上げていきます。

ヨガをして腰を痛める人が多いのも、そうした気候風土や身体感覚といったマクロな視点が欠落していることに原因があるかもしれません。

エクササイズ的なヨガでは往々にして柔らかさを是とする風潮があります。

とにかく、くにゃくにゃと柔らかい。

しかし、姿勢を支えるだけの筋肉や支え、強靭さや粘りのようなものを欠いている場合が多いのです。

ただ柔らかいだけの弾力を失った筋肉では早晩、椎骨のゆがみを生じ、痛みが発生するでしょう。

一本スジを通すためには、心と体を包括するホリスティックな観点が不可欠です。

腰を据えて、腹を決めて、など身体に直結する胆力や胆識を示唆する言葉はいずれも多分に精神的です。

健やかな心身を維持し幸せな人生を送るためにも、一日の終わり、自分の身体の声に耳を傾ける時間をつくることは大事なことではないでしょうか。

座布団でも枕でも良いと思います。

背中にかませてじっと重さにゆだねてみる。

激しい動きを伴わないだけに、自分のからだや呼吸にフォーカスしていくことができます。

あらためて「生命の発見」があります。

すなわち養生の極意ではないでしょうか。

TWITTER

“日々の養生法 その2” への3件のフィードバック

  1. 原田 より:

    小針先生、こんにちは。
    7月末に高原館に滞在させていただきました、埼玉の
    原田と申します。
    去年の夏に初めてお世話になって以来、ブログをずっと
    拝読しています。高度な内容にひたすら感心するばかり
    で、畏れ多くてコメントできずにいました。(^^;)
    かなり前、LoFtで中山式快癒器を購入して持っていた
    のですが、すべてプラスチックでできているタイプで、
    効きがいまひとつでした。金属のほうが効きそうな気が
    します。首や肩には2つ玉のほうがよいでしょうか?
    忙しい日常に埋没していますが、ブログやメルマガで
    やすらぎの里での日々を思い返すことができます。
    ありがとうございます。

  2. 高原の住人 より:

    原田さま、コメントお待ちしておりました!
    中山式のホームページを見ると首や肩には2つ玉を勧めていますね。
    僕はこの4つのしか持っていません。
    これで主に腰や背中に当てています。
    背骨の前屈が取れて胸が広がってくると首も楽になります。
    眼の疲れや頭の疲れには首と後頭部の境界、ツボで言うところの風池などが効くと思います。
    たしか膝の後が痛むのでしたよね。
    膝の後には膀胱経というツボの流れがあります。
    これは頭から足まで体の後面を流れているものです。
    ですから背骨沿いに中山式を当てるようにして膀胱系のツレを取れば膝も楽になるかもしれませんよ。
    効き目が今ひとつとのことですが、「強力型」という当たりがハードなものもあるみたいです。
    amazonなどで購入できるようです。
    いずれにしても体の力をうまく抜けるようにすることが大切だと思います。
    大きく息を吐きながら、身体各部にフォーカスして「リラックス~リラックス~」と語りかけるのも有効です。

  3. 原田 より:

    小針先生
    早速のお返事、ありがとうございました。先生の
    「日本のリストラティブヨガ」とのことばに惹かれ、
    強力型4球を注文してみました。
    膝のことまで覚えていてくださって、脱帽です。
    まめにストレッチしたりお風呂で揉んだりしていたら、
    3週間ほどでほとんど治りました。夏休みでストレスが
    減ったのもよかったのかもしれません……。ご心配
    ありがとうございます。
    リラックスが肝心ですね。心がけます。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る