する贅沢から、しない贅沢へ

2012 2/2 (木曜日)

生姜の佃煮

かおりです[emoji:e-244]
昨日はすごい風でしたね。
いい天気だし、風も強いし洗濯物がよく乾いていいなと思いお洗濯[emoji:v-278]
しかしあまりの強風に物干し竿が倒れてしまい、何回か倒れては戻しを繰り返していたのですが、諦めて部屋で干すことにしました。
今年は畑で大根をたくさん作ったので、また切り干し大根を作ろうかなと天気の続く日を見計らっているところです。
いまは天気予報があるからいいけれど、昔の人は長年の勘でお天気続きの時期がわかったのでしょうか?
さて、今回は寒い季節にうれしい生姜料理です。
生姜は世界中で愛されている香辛料
辛味成分であるジンゲロールには血行促進作用があり、体を温め新陳代謝を活発にします[emoji:e-269]
中国でも古くから漢方として用いられており、解熱や腹痛、胃痛や便秘の解消など様々な効能が知られています。
食のワークショップでも登場する「梅しょう番茶」にも生姜が入っていて、飲むとポカポカ温まります。
殺菌作用もあり、刺身にそえると食中毒予防にも。
ジンゲロールがもつ抗酸化作用で、肉や魚料理に生姜を使うとこれらの脂質の酸化を予防してくれます。
こんなすごい効能をもつ生姜。
我が家では二人とも生姜が大好きなので、なんにでも入れて食べています[emoji:e-257]
煮物や味噌汁、うどん、炊き込みご飯、炒め物などなど。
しかし、食べ過ぎは禁物[emoji:e-61]
刺激が強いものですし、発汗作用があるので食べ過ぎると逆に熱が放出されすぎて体が冷えてしまうという結果に。
一日に10g程度がよいそうです。
すりおろしなら小さじ1杯、スライスなら6枚ほど。
体にいいからといって、食べ過ぎるのはどんなものでもよくないのですね。
ほどほどが調度いいのです。
今回ご紹介するのは「生姜の佃煮」
ご飯のおともにしたり、おにぎりの具にしたり、炒め物に少しいれても美味しくいただけます。
a.jpg
<材料>
・生姜…300g(3袋)
・醤油、みりん…各大さじ5
・てんさい糖…大さじ2
・白いりごま…小さじ2
<作り方>
1、生姜は固いところや黒くなっているところを取り除き、千切りにして熱湯で2分ゆでる。
2、調味料と一緒に鍋に入れて中火で10分煮る。(ときどき混ぜる)
3、汁気がほとんどなくなったら白ゴマをふってできあがり。
てんさい糖はお好みで増減してください。
みりんだけでも充分おいしいです。
しょうゆやみりんは天然醸造のよいものを使うと、うま味も甘味も全然違いますよ。
食べ過ぎはよくないといっておきながら、おいしいのでついパクパクたべちゃうこの佃煮。
生姜好きにはたまらない一品です
お茶漬けにも合いそう[emoji:e-266]
ぜひおためし下さいね[emoji:e-68]

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る