する贅沢から、しない贅沢へ

2019 7/21 (日曜日)

高原館のゆるゆる日記「からだで納得!」


(ソラくんの集中力が一番高まる瞬間です!)

こんにちは、高原館のくさむらです。

頭で納得するのはなかなか難しいなぁ、
と感じます。

健康関連の本を読んで、
「なるほど~!こうすればいいのか!」
と、納得。
「これで健やかにくらしていけるぞ~!」
と、その時は気持ちが上がります。

でも、いざ行動に移そうとすると、
「ん~まぁ明日からでいいかな」とか、
「ちゃんと準備してからにしよう」
と、そんなことを考えているうちに、
どんどん時間が過ぎていき・・・

ついには本を読んだことすら忘れてしまう。

頭で理解したり納得しても、
「こうなるらしい」や「こうなるんだろうな」、
という想像だけだと、
からだにスイッチが入りずらいような気がします。

一方、先にからだで理解したり納得すると、
そのあとも続けて行けることが多いです。

やすらぎの里での体験は、まさに、
からだでの理解と納得。

「自分の体は軽やかになるんだろうなぁ・・・」
という想像ではなく、
「自分の体ってこんなに軽やかになるんだ!」
という実体験。

一度からだがそれを経験すると、
頭が忘れてしまっても、からだがふとした時に思い出してくれます。

頭よりからだの記憶力のほうが強いのではないかな?
と感じます。

一度からだに「軽やか」な感覚を体験させてあげる。
その体験は今後の強い味方になるのではないかな。
そんなことを考えました^^

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

“高原館のゆるゆる日記「からだで納得!」” への2件のフィードバック

  1. 根岸 より:

    実体験も、しばらくたってしまうと体が忘れてしまいそうです。
    4月にそちらに伺ってから3ヶ月。ずるずると元にもどってしまいそうな自分がいます。
    元の生活は良くも悪くも刺激的で、麻薬みたいなものだなぁ・・・と思います。

    • やすらぎの里 より:

      根岸さん、こんにちは。
      こちらにコメントくださる、ということは、
      まだまだ忘れていないということですよ~^^

      そうですよね、私たちを混乱させるのは「刺激」。
      わたしもすごく感じます。
      例えば同じ「美味しい」にも二種類あると感じていて、
      生クリームたっぷりのケーキを食べた時に感じる「美味しい」、
      おにぎりを食べた時に感じる「美味しい」。

      ケーキを食べた時はテンションの上がるような美味しさで、
      おにぎりを食べた時はほっと落ち着くような美味しさ。

      同じ美味しいでも、種類が違うなぁ、と感じますし、
      そして人間は刺激が強い方へひっぱられるなぁ、とも感じます。

      「美味しい!!!」「楽しい!!!」はたまの楽しみのして、
      「美味しいなぁ・・・」「心地よいなぁ・・・」を日常に増やしていく。
      そんな感覚が良いのかなぁ、と、思いました^^

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る