する贅沢から、しない贅沢へ

2020 4/21 (火曜日)

高原館のゆるゆる日記「食のワーク⑩」

こんにちは、高原館のくさむらです。

食のワーク、おまけの話です。

小さなひとくちの白米を50回噛むなんてことは、
普段無いと思います。

50回噛むと、どんな感じがしましたでしょうか。
玄米を使って食のワークをする時は、
なんと100回噛んで食べていただきます。
感想を聞いてみるとほとんどの方が、
「甘く感じた!」と言われます。

お米はよくかんで食べると、どんどん甘くなっていきます。
それはお米が口の中ですでに糖へ変化している証拠です。
よく噛むと、飲み込む前から消化がはじまり、
胃腸の負担が軽減されます。

そして、甘いものが好きでどうしようもないの、
という方に朗報です!
夕飯を食べたあと、
なんとなく甘いものが食べたくなって…という経験があると思います。
もし、ご飯をよ〜く噛んで食べられたら。
食事中ずっと口の中に甘味が広がっていることになります。
甘みを存分に感じてごちそうさまをしたら…。
食後の甘いもの欲求がおさまるかもしれません。

よく噛むと、このほかにもいいことがあります。
そのお話はまた次回…。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る