する贅沢から、しない贅沢へ

2020 4/30 (木曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑭」


(ずっと愛用しているバスクシャツ)

こんにちは、高原館のくさむらです。

前回は「洋服の質を高めると幸福度が上がる」
というお話しでした。

幸福度が上がったのなら、これで終わりそうなものですが、
欲深いわたしは、もっと軽やかになりたい!、そう思いました。

わたしがなぜそこまで軽やかさにこだわるか。
それはわたしの頭の中が
異常にとっ散らかりやすいからです。
常に何か考え事をしているので、
出来るだけ生活の中では考えないで過ごしたい、
わたしの中にそんな気持ちがあることに気が付きました。
迷う場面を極力減らすために、
生活をよりシンプルにしたかったのです。

洋服の量を減らし、質を上げ。
これ以上何をしたの?と思われるのではないでしょうか。

この次にわたしがしたことは、
「洋服の色や形を揃えてみる」です。

この時わたしの所有する洋服は少なかったけれど、
その中にはいろんな色がありました。
トップスは白、ネイビー、グレー、ボーダーなど。
パンツは黒、ベージュ、カーキ。
アウターは黒、ネイビー。

色の種類があると、それだけで迷いが発生します。
今日は白と黒で行こうか…
いや、ボーダーとベージュで行こうか…
それともグレーとカーキか…

枚数が少なくても、色の種類があると、
パターンが意外と出来てしまいます。

形もそうです。
トップスが大きめサイズなら、
ボトムスはスッキリ目がいいかな…
いや、今日はトップスはタイトに、
ボトムスをオーバーサイズにしようか…

色と形が何種類かあると、
パターンはけっこう増えます。
それに迷いたくなかったので、どうしようかなぁと考えた結果、
二つのやり方を思いつきました。

色を揃える。
もしくは形を揃える。

どちらかを揃えてしまえば、
またさらに迷いは少なくなります。
ただ、どちらを揃えるかには、
ずいぶん長い期間悩み、試行錯誤しました。

色を揃えるというのはわかりやすいと思います。
例えばトップスは白系、ボトムスは黒系に絞ってしまう。
そのかわり、形に縛りは加えません。
形を揃えるというのはつまり、色違いで同じ洋服を買うということです。
同じブランドの同じTシャツを白、黒、グレー3枚買う、
そのようなやり方です。

わたしはこの時、真冬以外は年中バスクシャツを着ていました。
白、ネイビー、ボーダー等を持っていました。
なので、すでに形は揃っていました。
形は揃っていたけれど、やっぱり悩むのです。
今日は何色にしようか…と。

結局わたしは色も形も揃える決意をします。
でもそれには、あることを手放す覚悟が必要でした。
そのお話はまた次回です。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る