する贅沢から、しない贅沢へ

2020 5/2 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑯」


(今日はこの3着手放す事を決意しました)

こんにちは、高原館のくさむらです。

前回は「色も形も揃えてみる」というお話しでした。

今回は
「奮発して買った洋服も手放してみる」というお話しです。

私服の制服化をして、
洋服選びへのストレスはほぼなくなりました。
毎日白色のバスクシャツを着て、デニムを履く。
以上、終わり、です。

ちなみに冬は、
最初日本製のスウェットを着ていました。
でもスウェットは重くて乾きにくく、
扱いづらく感じていました。
結果的にユニクロのメンズカシミヤセーターを
インナー兼トップスとして制服化し、今も愛用中です。
暖かくて軽くて乾くも早い。
洗濯機でガシガシ洗っても3年くらい着られます。

冬の時期悩ましかったのは、アウターです。
わたしとしては奮発して買った、
6万〜7万円のコートが2着ありました。
そのほかにキルティング加工のアウターが1着。
アウトドアブランドのフリースが
2着くらいあったと思います。

何に悩んでいたかというと、色です。
コートは黒とネイビー、
キルティングジャケットもネイビー。
わたしは女性らしさに欠けるので、
トップスに暗い色をもってくると、それに拍車がかかります。
女性用トイレで振り返られることもしばしば。苦笑
でも、白色のバスクシャツだと、
トイレで振り返られることがないのです。

白色ってすごい。

白色のすごさは、今も日々感じます。
わたしはどんなものも、迷ったら白色を選びます。
すぐ汚れるけれど、すぐ洗えば大体落ちますし、
真っ白なら漂白も出来ます。

話がそれましたが、
コートやジャケットの色にはずいぶん悩みました。
わたしとしては高価な買い物だったこともあり、
買い替えるのも気が引けました。

そんな時、伊豆へ引っ越すことが決まりました。
引っ越しをするときは、
荷物が少なければ少ないほうが楽です。
わたしはこの時決意しました。
奮発して買ったけれども、
このコート2着は手放そう。
そして親戚にあげてしまいました。

断捨離は慣れてくると、
手放し上手になってくるようです。
思い切って買ったコートで、お気に入りでしたが、
わたしのところにいて着なくなるのなら、
誰かに着てもらった方が、コート自身役割を全う出来ます。
その方が嬉しいな、そんな気持ちもありました。
「もったいないからとりあえず取っておこう。」
断捨離前はこれが基本のマインドでしたが、この頃には、
「わたしのところにある方がもったいない。」
そう思うようになっていました。

今回は
「奮発して買った洋服も手放してみる」というお話しでした。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る