する贅沢から、しない贅沢へ

2020 7/24 (金曜日)

高原館のゆるゆる日記「断捨離をしてみる(21)」


(テーブルは軽くてコンパクトな折りたたみ式)

本の断捨離をして
手元に数冊の本しかなくなりました。

そしてしばらく時間がたったある時、
「あ、あの本、めっちゃ読みたい・・・」
そんな思いが沸き上がってきました。

そしてすぐ本屋さんへ行き購入。

この行動、きっとほとんどのかたは、
もったいない、手放さなければよかったのに、
と思うことでしょう。

わたしも最初は思いっきりそう感じて、
なんで売ってしまったんだー!!、
と激しく後悔しました。

その後も数冊の本を
新たに買いなおしました。

買いなおしているうちに、
本に対して新しい見方を
するようになりました。

「本は消耗品」

「読み終わる」が「使い切る」
と似た感覚になってきました。

消耗品だからといって捨てるのではなくて、
売って、ほかの人に読んでもらう。

また読みたくなったら買う。
1冊の本を3回買いなおしたこともあります。

買いなおすということをすると、
その本がどれだけ自分に影響を与えていて、
大事なのかがわかります。

沢山の本を持っていると、
無意識にプレッシャーを受けながら、
同時に安心感もあります。

その安心感を手放すのは
辛いことです。
でも無意識に受けていたプレッシャーから
解放されるメリットのほうが
大きいと感じました。

本を手放しても、
知識を手放すわけではないと思います。

自分に必要な情報は、
本を手放してもきっと
頭の中に残っています。

どうしても思い出せないなら、
また本屋さんで買う、図書館で探す、
古本屋で探す。

そんなわけで、
わたしは一度本を減らしてから、
ずっと数冊の生活を続けています。

洋服と本の断捨離について書いてきました。
長くお付き合いいただき、
ありがとうございました。

断捨離のお話はいったんこれで
終わりにします。

今後も断捨離をして気づいたことなど、
気まぐれで更新していこうと思います。

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る