する贅沢から、しない贅沢へ

2021 2/27 (土曜日)

高原館のゆるゆる日記「”わからない”が辛さを生む?」


(最近壁好きのうみさんです。)

こんにちは、高原館のくさむらです。

昨日のブログを書いていて、
「わからない」という感覚は重要だなぁと感じました。

「わからない」ことが不安や心配を生む。

これまでは、わからないと感じたら、
放っておくことがほとんどでした。

これは無意識にそうしていて、
当たり前にやりすぎていることでしたから、
放っておいていることすら自覚言出来ていませんでした。

よく自分を観察してみたら、
つまり書いてみたら・・・

わからないことを放っておきまくりでした。

それによって不安や心配の数が増えて、
大きさも増してしまっていたようです。

なぜわからないことは、
不安や心配を生むのでしょうか。

自分を観察してみると、
「わからないことは危険を伴う可能性がある」
そのように感じていました。

人間は本能的に危険を避ける行動を取ります。
まずは命を守るのが最優先。

わからないことは、
「もしかしたら命に関わる何かが起こるかもしれない」
という反応を起こしているのかもしれません。

わからないというだけで命の危険を?!
そんな大げさな~と思うかもしれません。

例えば就職するとき。
多くの人が期待と共に不安や心配な気持ちを抱くと思います。

それは入社したらどのような世界が広がっているのか、
わからないところが多いから。

人間関係が上手く行かないかもしれない・・・
仕事が自分に合わないかもしれない・・・

そんなネガティブな想像をして不安になります。

人間関係が上手く行かない、
仕事が合わない、
それは直接命に関わることではないかもしれません。

けれども、人間関係が上手く行かない辛さや、
合わない仕事をやり続ける辛さは、
体にも心にも大きな負担となります。

心身へ大きな負担をかけ続けると、
体と心を壊しかねません。
それはもしかしたら、
命に関わることになるかもしれません。

わからないことは突き詰めて考えると、
命の危険をも感じさせるものなのかなと思います。

長くなってしまいましたので、
今回はこのあたりで終わりにします。

わからないことを放っておく。
当たり前にやってきたことですが、
これが辛さの原因になっていることもありそうです。

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
高原館のFacebook

コメントをどうぞ

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 32,340円

  • 基本プラン

    3泊4日 48,510円

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る