する贅沢から、しない贅沢へ

スタッフ日記

2020 4/30 (木曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑭」


(ずっと愛用しているバスクシャツ)

こんにちは、高原館のくさむらです。

前回は「洋服の質を高めると幸福度が上がる」
というお話しでした。

幸福度が上がったのなら、これで終わりそうなものですが、
欲深いわたしは、もっと軽やかになりたい!、そう思いました。

わたしがなぜそこまで軽やかさにこだわるか。
それはわたしの頭の中が
異常にとっ散らかりやすいからです。
常に何か考え事をしているので、
出来るだけ生活の中では考えないで過ごしたい、
わたしの中にそんな気持ちがあることに気が付きました。
迷う場面を極力減らすために、
生活をよりシンプルにしたかったのです。

洋服の量を減らし、質を上げ。
これ以上何をしたの?と思われるのではないでしょうか。

この次にわたしがしたことは、
「洋服の色や形を揃えてみる」です。

この時わたしの所有する洋服は少なかったけれど、
その中にはいろんな色がありました。
トップスは白、ネイビー、グレー、ボーダーなど。
パンツは黒、ベージュ、カーキ。
アウターは黒、ネイビー。

色の種類があると、それだけで迷いが発生します。
今日は白と黒で行こうか…
いや、ボーダーとベージュで行こうか…
それともグレーとカーキか…

枚数が少なくても、色の種類があると、
パターンが意外と出来てしまいます。

形もそうです。
トップスが大きめサイズなら、
ボトムスはスッキリ目がいいかな…
いや、今日はトップスはタイトに、
ボトムスをオーバーサイズにしようか…

色と形が何種類かあると、
パターンはけっこう増えます。
それに迷いたくなかったので、どうしようかなぁと考えた結果、
二つのやり方を思いつきました。

色を揃える。
もしくは形を揃える。

どちらかを揃えてしまえば、
またさらに迷いは少なくなります。
ただ、どちらを揃えるかには、
ずいぶん長い期間悩み、試行錯誤しました。

色を揃えるというのはわかりやすいと思います。
例えばトップスは白系、ボトムスは黒系に絞ってしまう。
そのかわり、形に縛りは加えません。
形を揃えるというのはつまり、色違いで同じ洋服を買うということです。
同じブランドの同じTシャツを白、黒、グレー3枚買う、
そのようなやり方です。

わたしはこの時、真冬以外は年中バスクシャツを着ていました。
白、ネイビー、ボーダー等を持っていました。
なので、すでに形は揃っていました。
形は揃っていたけれど、やっぱり悩むのです。
今日は何色にしようか…と。

結局わたしは色も形も揃える決意をします。
でもそれには、あることを手放す覚悟が必要でした。
そのお話はまた次回です。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 4/28 (火曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑬」


(インナーはユ〇クロのメンズカシミヤセーターXSサイズを着ています。
ヒートテックより断然暖かいし、一度買えば2、3年着られます。)

こんにちは、高原館のくさむらです。

前回は「洋服の質を高めてみる」というお話でした。
今回は「洋服の質を高めたら幸福度が上がった」というお話です。

カットソー以外に、デニムやコートも、
今まで着ていたものより質の良いものへ変えていきました。

コートなどアウター類は、丈夫で長く使えるものだと、安くはありません。
でも、バスクシャツの経験から、初期投資が大きくても、
長く着られるものなら、高い買い物にはならないことがわかっていました。
冠婚葬祭にも使えて、普段も着られそうな黒いコート。
それまで着ていたコートは、とりあえずこれでいいか、
という気持ちで適当に買った2、3万円のものでした。
買い換えたコートは、少しグレードアップさせて、
7万円程度のものを買ったと思います。
わたしは高級ブランド品にあまり興味がないので、
その場合には、これくらいの値段で、
作りのしっかりしたコートが買えると思います。

持っている洋服の質を上げると、
毎日服を着るたび、気持ちいいなぁ〜、と感じるようになりました。
厳選した中から更に厳選した洋服なので、毎日見ているのに毎回、
やっぱいいなぁ〜、と思えます。
洋服選びは楽だし、毎日好きな洋服を着られるし、
丈夫なので傷みもあまり気にしなくていいし。

洋服の質を上げたことによって、
毎日の「気分」まで変わって来ました。
日々最高のお気に入りを着ると、幸福度が上がることを感じました。

いいことばかりで、やっと洋服断捨離は終わり…、と思いきや。
わたしとしては、ここからが本当の戦いでした。
戦いとは言っても、それは大変楽しい戦いのはじまりでした。

この時期に、人間と欲は切り離せないのだなぁ、
ということも改めて感じました。
もっと欲しい!は、わかりやすい欲ですが、
わたしのようにもっと減らしたい!というのも同じ欲です。
それに気付いたわたしは、
「このまま減らし続けていいのかな?」と不安になりました。
でもこのチャレンジが楽しく感じていたので、
自分が満足するまでやってみよう、と決めました。

わたしの生活を話すとよく、
「執着がないんですね」「欲がないんですね」と言われます。
いえいえ、欲の塊です。
もっと軽やかになりたい!という欲です。
でもわたしのこの欲が、これから片付けをし始める方々の参考になり得る。
そんなことがわかってきたので、それならこの欲も悪くはないか、
と今は諦めています。
わたしはもの減らし変態なので、
参考になりそうなところだけうまく使っていただければ幸いです。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 4/27 (月曜日)

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑫」


(この冬履きたおした靴下は切ってお掃除に使いポイします)

こんにちは、高原館のくさむらです。

今回は「洋服の質を高めてみる」というお話です。

洋服の総量を決めてだいぶ軽やかになりました。
でも総量を決めたことにより、少し悩ましく感じることもありました。

例えば一枚のTシャツ。
これまでは週一回着るという頻度でした。
洋服の量がグッと少なくなったことにより、
そのTシャツを週3回、4回、着るようになりました。
お気に入りだけれども、こんなに着るなら、
もっと素敵なTシャツを着たいなぁ。

この時期になると、洋服を新しく買う頻度は、
今までと比べ物にならないくらい減っていました。
つまり、洋服への出費がかなり減ったということです。
洋服の総量を決めると、ひとつ手放して、新しいものを買う、という買い方になります。
そうしないと量が増えてしまいます。
洋服の枚数を変えないのが基本です。

ひとつひとつの洋服、登場回数が増えます。
たくさん着るので傷むのも早くなります。
傷むと手放して、新しい洋服を買います。
こんなサイクルになってきたわたしが、
この段階で始めたことは・・・

「洋服の質を高める」

ということでした。
洋服の買い足しをしなくなった分、出費が減りました。
1枚当たりの着る頻度が高くなるので、
もっと良いものを着たいなという気持ちもありました。
そこで、洋服をリニューアルするときに質を高めてみようと考えました。
わたしのお財布が許す限りで、ですが…。

どのように変えていったかを具体的に書いてみます。

そのときわたしは何枚かのカットソーを持っていました。
白、紺、ボーダー、詳しくは忘れてしまいましたが、
無難な感じのものが数枚でした。
そのカットソーを全てフランス製のバスクシャツに変えました。
一枚の11880円だったので、これを数枚となると、
わたしには高く感じてしまい、会計する手は若干震えました。苦笑

ただ、この買い物をしたことで、
洋服断捨離はますます加速し、楽になっていきました。

わたしの言う質というのは、お洒落さよりも、
丈夫かどうか、その保証があるかどうかです。
このバスクシャツは触って明らかに丈夫でしたし、
インターネットでは10年着てるという書き込みもありました。
そのバスクシャツを買って、着てみて、それを実感しました。
いくらガシガシ洗ってもへこたれない。
週3回、4回着てもへこたれない。
ほんと〜に丈夫でした。
ただ、週3回、4回着ると、3年くらいで傷んできます。
たまに着るくらいなら本当に10年着られると思います。
わたしはこのバスクシャツを3年ほど毎日毎日着ていました。
つまり初期投資は少し大きかったけれど、
そのあとの出費はほとんどなかったので、
結果的にコストパフォーマンスがとても高いと感じました。

今回は「洋服の質を高めてみる」というお話でした。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 4/26 (日曜日)

やすらぎ日記「食のワーク」まとめました

本館、養生館、高原館、3館で「食のワーク」の講座を行っています。
「食のワーク」は何を食べるかではなく、あえて、
「どのように食べるか」について見つめ直す講座です。
今回は高原館バージョンをブログにしてみました。
こちらを読んでいただくと、高原館の講座をそのまま体験できます。
読むだけで過剰な食欲がスッとおさまる・・・かもしれません。
カーソルを合わせてクリックするとそのページに飛びます。

【「食のワーク」全12回】
(1)食のワーク~はじめに~
(2)食のワーク~どのように食べていますか?~
(3)食のワーク~食べることに専念をする・1~
(4)食のワーク~食べることに専念をする・2~
(5)食のワーク~食べることに専念をする・3~
(6)食のワーク~食べることに専念をする・4~
(7)食のワーク~食べ方のレッスン・1~
(8)食のワーク~食べ方のレッスン・2~
(9)食のワーク~食べ方のレッスン・3~
(10)食のワーク~甘いものが止まらないとき~
(11)食のワーク~よく噛むと幸せホルモンが出る~
(12)食のワーク~ストレス食いが止まらないとき~

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2020 4/26

高原館のゆるゆる日記「『断捨離』をしてみる⑪」


(フリースは軽くて乾くのも早く扱いやすいです)

こんにちは、高原館のくさむらです。

今回は「洋服の総量を決めてみる」というお話です。

わたしの洋服は視界におさまる量にまで減りました。
具体的には3段の透明収納ボックス2つと、
ハンガーラックにかかるだけ。

この段階で気づいたことは、
「洋服は洋服を呼ぶ」ということです。

例えばA子さんが、
普段あまり着ない紺色のカットソーを買ったとします。
すると買った後にこんなことが起こったりします。

そういえばわたし黒系のパンツばかり持っているな。
紺色のカットソーに黒のパンツは
これから暖かくなるのに重たいなぁ。
ん~・・・そうだ!
紺色のカットソーに白のパンツなんて合わせたら、
ちょっとマリンテイストで爽やかじゃない?
白のパンツ一枚も持ってないし・・・よし買おう!

普段あまり着ない紺色を買ったことで、
それに合わせるパンツが無いことに気がつきます。
白のパンツも買って、
紺色のカットソーと合わせる自分の姿を思い浮かべながら
ルンルン気分で帰ります。
次の日さっそくその組み合わせでお出かけをしたら、
みんなに、今日はいつもと雰囲気違うね!、と褒められたりします。
いい買い物したなぁと嬉しくなります。
でもなぜかこの日以来、なかなか白のパンツを履く機会がありません。
紺色のカットソーを着るときだけ、この白のパンツが登場します。

「普段あまり着ない紺色」を買った、と書きました。
A子さんが普段よく着ているのは、白系のトップスでした。
白のトップスに白のパンツもおしゃれですが、けっこう勇気が入ります。
白のパンツもったいないなぁと感じたA子さんは、思いつきました。
そうだ!この白のパンツに合うトップスを買おう!

洋服は洋服を呼びます。
洋服は洋服を呼ぶので、総量を決めない限り、
買い物は止まらなくなります。
でも、洋服の全体量、枚数を決めてしまえば、増えようがありません。

ここに入る分だけ。
ここにかかる分だけ。

そんなふうに、自分で全体の量を決めると、
洋服のリバウンドがなくなります。

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、温泉、講座、ヨガや瞑想などが含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る