する贅沢から、しない贅沢へ

やすらぎ通信

2019 7/16 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』ゆっくりじわぁ~っと

『 やすらぎ通信 』 第743号 2019.7.16

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は今日も雨・・・。

一日中晴れていたのは、
いつだったか思い出せないくらい、
梅雨らしい天気が続いています。

今朝は雨だったので、
散歩をやめて目覚めのヨガに。

太陽礼拝でしっかり身体を目覚めさせてから、
呼吸法と瞑想。

太陽礼拝にアレンジを加えて、
汗ばむ程度に身体を動かします。

シャバーサナでひと休みして、
「4・7・8呼吸」をしてから、
5分間の瞑想。

その後、少し瞑想の説明をして、
さらに10分間の瞑想。

雨の音で心が静まるな~。
( ̄m ̄)

しっとり雨に濡れる伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】ゆっくりじわぁ~っと

【2】秋の実りと感謝の新月リトリート
9月28日1泊2日・本館にて

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】ゆっくりじわぁ~っと

高原館の館長のくさむら先生。

女性らしい細やかな気配りで、
ゲストのみなさんに、とても人気があります。

高原館のブログもコツコツアップしていて、
優しさあふれる文章で、心に響く方も多く、
コメントもよくいただきます。

今回は、そんあ高原館のブログから、
「ゆっくりじゅわ~っと」を紹介します。

こんにちは、高原館のくさむらです。

習慣化する、というのは、
なかなか難しいことだと思います。

「からだに優しいものを食べよう」

やすらぎの里にいるときは、
自然とそう思えます。

お家に帰ってからも、
数日、長い方は数か月、
からだに優しい食事を意識して生活をされます。

でも、さらに時間がたってくると・・・

加工品が多くなったり、
外食が増えたり、
お菓子を食べすぎてしまったり。

だんだんともとの生活に戻ってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは当然のことだと思います。

何十年と続けてきた習慣が、
数日の体験で書き換わる。
それは難しいこと。

でも、それは、
「忘れてしまっているだけ」だけだとしたら?

「思い出せばいいだけ」です。

本当に地道な作業になりますが、
「忘れる→思い出す→忘れる→思い出す」
これを、たんたんと繰り返す。

思い出す瞬間、気づく瞬間。
この回数を日常で増やしていくことが、
地味でつまらないかもしれませんが、
習慣化への近道なのかな?
と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポテチの袋を開ける瞬間、
「(ハッ!)わたしからだに優しい食事したいんだったわ!」
と、思い出してみる。

話題のタピオカミルクティー屋さんの行列に並びながら
「(ハッ!)あたたかいハブ茶も美味しかったんだわ!」
と、思い出してみる。

思い出すと、今やろうとしていたことを、
冷静に見られるような気がします。

この「ハッ!」という瞬間が、
意外と大切なのではないかな?
と感じています。

もとの生活に戻ってしまう。
それは当然のことだよなぁ・・・、
と、心底感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆっくりとゆっくりと。
時間をかけて、新しい習慣をつくっていく。

「ハッ!」という習慣がだんだんなくなって、
からだに浸透していく。

時間はかかるかもしれませんが、
ゆっくりゆっくり、
じわぁ~っと変えていく。

そんな風がよいのかな、と思いました^^

■ 高原館・スタッフ日記


【2】リトリートのお知らせ

静岡のカウンセリングセンターの
「心理カウンセリング想月・そうげつ」が、
やすらぎの里・本館でおこなうリトリート。

「秋の実りと感謝の新月リトリート」が
2019年9月28日1泊2日
やすらぎの里・本館でおこなわれます。

ドラマセラピー、アロマオイルワーク、食の話に、
タッピングタッチ、笑いヨガ・・・などなど。

講師もバラエティー豊かに、
秋の新月に合わせたスペシャルなリトリートです。

夏の疲れを癒しながら、
様々なワークショップを体験してみませんか。

一般の方も参加可能のリトリートです。

■秋の実りと感謝の新月リトリート


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月12日から高原館に滞在した皆さんの声です。

「断食が辛くなかった」という感想を
多くいただきます。

改めて思い出してみると、
断食しているのに、皆さんの表情は、
日に日に晴れやかになっている。

もちろんお腹は空いているはず。
だけれど、
「お腹すきましたぁ~・・・」と言う
ゲストさんの表情は笑顔。

ずーっと何も食べない、では、
笑顔になんかなれないはずです。
でも、期間限定で、あえて食べない、
ということを選択すると、
空腹も笑顔で乗り越えられます。

そして、断食中の空腹をいやしてくれる、
種類豊富なドリンク。
これも強い味方です。

温泉や岩盤浴に入って、
のんびりお散歩して、
美味しいドリンクを飲んで、
ぐっすり眠って。

やすらぎの里の断食は辛くない。

嬉しいご感想です。
ありがとうございます^^

くさむら

・・・・・・・・・・・・・

「原点はここだ」 70代 女性

心のこもった対応感動しました。
78年間夢中で生きてきましたが、
むだなく、原点はここだ、
と感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「また来ます!」 50代 女性

定期的に来て、リラックスと余計なものを
除くことをしたいです。
(予約がとりづらくなって残念・・・)
今回もゆったりとすごせました。
ありがとうございました。
また来ます!

・・・・・・・・・・・・・

「自分の素のままで」 50代 女性

今回も心地良い時間を過ごすことが
出来ました。

“100点を取らなくても良い”
という大沢先生のメッセージが、
とても心にひびきました。

頑張らずに自分の素のままで
生活していこうと、
改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「自然と向き合う時間」 40代 女性

自分のことを今後はもう少し
計画的にすすめていきたいと思いました。
やはり自分には、
自然とゆっくり向き合う時間が、
とても大切と感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「あ~ここに来て良かった」 女性

高原館に着いたときに、
ふっときもちの良い風が体にあびて、
あ~ここに来て良かったと感じました。

ただなにもしなくていい時間を過ごせて
感謝です。
スタッフの皆様、他のゲストの方、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・

「また来たいです」 20代 女性

半年~一年に一度、
リフレッシュのために来ます。
毎回来るたびに、
お茶や献立も変わっていて楽しい。
食べることの嬉しさ、喜び、
身に染みました。
また来たいです。

・・・・・・・・・・・・・

「楽しみながら断食」 50代 女性

初めての一人旅で、時間を上手に
使えるかな、等、少し心配していましが、
自分の心と体の状態に、
耳を傾けることができ、
自然に「動く」より「休む」を選ぶことが
できました。

断食も飲み物が色々あって、
楽しみながら苦なく行うことができ、
ちょっとびっくりしています。

・・・・・・・・・・・・・

「断食中辛くないです!」 30代 女性

断食中の食事もバリエーションがあって
辛くないです!
毎日の食事、具だくさんのお味噌汁から
はじめます!

日頃いかに脳を使い過ぎていたか
気づきました・・・。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今度「やすらぎの里の小冊子」
を作ることにしました。

その小冊子に一週間の食事を掲載するため、
本館で出している食事を撮影し、
毎日、その食事を食べています。

今までもゲストに出した、
残りのものは食べていましたが、
きちんと盛り付けされて、
一人前になっているものは、
食べてなかったな~。

丁寧に盛り付けされた、
一人前の適量の食事。

一週間の養生食のコースに、
参加している人の気持ちになって、
味わって食べていると、
気づくことがたくさんあります。

うん、やすらぎの里の食事って、
改めて「素晴らしい!」って、
実感してます。d(⌒ー⌒)

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/9 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』生きている実感を取り戻す

『 やすらぎ通信 』 第742号 2019.7.9

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は梅雨らしい曇り空。

今朝は雨だったので、
散歩をやめて目覚めのヨガに。

太陽礼拝でしっかり身体を目覚めさせてから、
呼吸法と瞑想。

太陽礼拝に、英雄のポーズも入れて、
汗ばむ程度に身体を動かす。

シャバーサナでひと休みして、
声を出す「あおん呼吸」で発散してから、
5分間の瞑想。
( ̄m ̄)

梅雨寒でもやっとしてた体と頭が、
スッキリした~。

紫のアガパンサスの花が咲きだした伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】生きている実感を取り戻す

【2】やすらぎのレシピ
「野菜たっぷり味噌汁」

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】生きている実感を取り戻す

自然の中で暮らしている動物は、
食べ物を得るというのは大変なことです。

簡単に手に入るときもあれば、
なかなか手に入らなくて、
死にそうな思いをすることもあるでしょう。

そんな中で食べ物にありつけたときは、
やった~!
これで生き延びられるという、
動物の本能としての喜びが実感できます。

それに比べて人間はどうか?

日本のように豊かな国では、
食べるということが、
保障されているようなものです。

それは幸せなことですが、
食べられる喜び、
感動はあまり感じられなくなります。

普通に食べられる、
何事もなく生きていられる。

動物にとっては夢のような暮らしが、
生きている実感を失わせ、
生命力までも低下させています。

かといって、大昔のように、
食べられない時代が、
よかったというわけではありません。

この豊かな時代に暮らしながら、
自然の中で生きる動物と同じように、
生きている実感を高めて、イキイキと生きる。

断食はそのための強力な方法です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

当たり前にあるものを一時的に断ってみると、
そのありがたさがよく分かります。

食べ物の命を頂いている。
食べ物を作ってくれている農家さん、
それを運んでくれている人、
調理してくれている人・・・。

自分がいかにいろんなものに支えながら、
生かされているかということが、
理屈ではなく、身に染みて分かるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

断食をすると、気分がとても爽快になったり、
イキイキした感じが蘇るという方が多くいます。

それは、命の喜びを取り戻し、
生きている実感が、
ありありと感じられるようになったからです。

この頃、気分が晴れない。
すっきりと爽快な気持ちになってみたい。
生きている実感を取り戻したい。

断食は、そんな方にもおすすめです。

■ 断食について


【2】やすらぎのレシピ

お味噌汁を毎日飲んでますか?

家族と一緒に手作りの食事をしている人は、
毎日飲むという方が多いと思いますが、
一人暮らしの方は、
たまにしか飲まない方も多いようです。

忙しい毎日で、
食事を作っている時間もないし、
材料も無駄にすることが多いから、
料理もしないんですという方にこそおすすめしたいのが、
具だくさんの味噌汁です。

「野菜たっぷり味噌汁」

今回は養生館の定番の、
野菜たっぷり味噌汁のレシピを紹介します。

●材料 2人前
キャベツ 60g
人参 5mm位の輪切りで4枚
さつま芋 5mm位の輪切りで2枚
ネギ 小口切りで薬味に
油揚げ 1枚
煮干しのだし汁 400cc

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●作り方

1、鍋に煮干しと水を入れ、少し煮てだし汁を取る。
2、油揚げにお湯をかけ、油抜きする。
3、だし汁に人参を入れて柔らかくなるまで煮て、
 次にキャベツを入れ、最後にさつま芋と油揚げを入れて煮る。
4、さつま芋が煮えたら、味噌を溶き入れ、
 ひと煮立ちしたら、器に盛ってネギをのせて出来上がり。

※お野菜はあらかじめ下ごしらえして、
タッパーに入れておけば、遅く帰ってもすぐ出来ます。

■ やすらぎの里の食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は6月29日から
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「時々は、こういう場所で
原点に戻ることを現代人にすすめたいです。」

よくいらっしゃっているリピーター方から、
そんな声がありました。

何度来ても原点に戻り、
その都度気づきが深まっていく。

やすらぎの里はそんな良さがあるよと、
今週もゲストの方に教わりました。

深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分自身と向き合う時間」 30代 女性

日常の忙しさに流されることなく、
たまには自分自身と向き合う時間を作ろうと思いました。

体にいいものをとるように合成甘味料など
日常的に控えてはいましたが、
自然に近い食事がこんなにおいしいんだと
あらためて実感しました。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気づきの多さに感動」 30代 女性

自分の内側に目を向けることでの
気づきの多さに感動しました。

今回も断食反応の嘔吐がしんどかったですが…
また来たいです。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「健康になれる」 20代 男性

・食の重要さ
・普段の生活がどれだけ自分に負荷をかけているか
・アトピーが少し良くなった気がします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「一対一で向き合おう」 20代 女性

普段の生活の中で
見直せることはたくさんあるなと感じました。

丁寧につくられたごはんは
こんなに美味しいのかと感じたので、
自分自身もご飯をつくるところから
食べ終わるところまで、
一対一で向き合おうと思います。

とても気持ちの良い五日間でした。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「原点に戻る」 40代 女性

時間の過ごし方について改めて考えました。

電子機器類に囲まれて少しの間でも
スマホを見ないと気が済まない生活は
やはり健康から大きくかけ離れるものなのだなと。

時々は、こういう場所で原点に戻ることを
現代人にすすめたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お腹がすいても大丈夫」 40代 女性

・お腹がすいても大丈夫、
 普通の生活レベルなら活動できることを発見しました。

・すぐに眠くなる。気を抜くと落ちている。

・日頃、どれだけ今に集中できていないか、
 食べ物を味わっていないか
 早く食べ過ぎて満腹感を量で作り出していたかを実感しました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

NHKの「ドキュメント72時間」の放送で、
かなりの反響がありました。

予約も混み合っていて、
リピーターのみなさんにはご不便をおかけします。

年明け頃には、
予約も落ち着いてくると思いますので、
早めにご予約いただけるとありがたいです。

また、混んでいるときは、
キャンセルも出るので、すぐに来たいという方は、
是非、キャンセル待ちいただければ、
空きが出たら、すぐにご連絡させていただきます。

やすらぎの里は23年やっているので、
いろんな浮き沈みを経験して、
今があります。

いい時も悪い時も、
支えてくれているのが、
リピーターのみなさんの存在。

そのことを心にとどめて、
みなさんがやすらげる場を
ていねいに整えていきます。

みなさんに感謝。(^人^)

大沢

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 7/2 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』自分をいたわる場所

『 やすらぎ通信 』 第741号 2019.7.2

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は梅雨らしい曇り空。

今朝は散歩は、
田園風景が広がる「池の里」

しっとり雨に濡れたアジサイと、
田んぼの緑がみずみずしい。

ちょうど散歩のときだけ雨が上がって、
山からホトトギスの声が響く。

里山の静けさと、
涼しい風が気持ちいい~。
このところのバタバタで、
高ぶっていた心が静まるな~。
(^^;)

ヤマモモの赤い実が落ちる伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。

【目次】━━━━━

【1】自分をいたわる場所 

【2】ドキュメント72時間・再放送
7月6日(土)NHK総合 11:25~

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記

━━━━━━━━━━━
【1】自分をいたわる場所
━━━━━━━━━━━

「ドキュメント72時間」の放送で、
強く感じたのが「やすらぎの里」のような場が、
多くの人に求められているということ。

清潔で心地いい施設で、
安心して断食や食養生ができる場所。

自然の中の静かな環境で、
自分の心と向き合う場所。

疲れた人が、忙しい観光ではなく、
ひとつのところにゆっくり滞在して、
心と身体をいたわれる場所。

そんな場所が、
今までの日本にはなかった。

断食道場?
療養所?
保養所?
リゾートホテル?

どれも違う。

・・・・・・・・・・・・・・・・

やすらぎの里が23年前に八ヶ岳で始めた時は、
「ライフスタイル改善センター・フォルス」という名称でした。

ライフスタイルを改善する場所、
フーズとヘルスを合わせて「フォルス」

今思うと、ちょっと固いね。

真面目にがんばらないと、
という力みがある。

八ヶ岳で5年やって、
徐々に心境の変化がありました。

がんばって改善するのではなく、
そこにいるだけで心が落ち着き、
生活が自然と整ってくる場にしよう。

施設も手狭になってきて、
伊豆高原に移転することが決まったので、
その際に「やすらぎの里」という名称に変更しました。

今の時代を生きる人が一番求めているもの。

それは、心と身体の「やすらぎ」

もっと早く、
もっと良くなろう、
もっと正しくあろう・・・。

そんな、もっともっとと、
求める続けることをいったん断って、
今、自分が心地よく感じることに没頭する。

自分の力だけで何とかしようとせず、
自然の力に任せ、自然の流れに委ねる。

ドキュメント72時間・今回のテーマが、
「断食 空腹の向こうがわ」

NHKさん、よく分かってるわ~。

NHKの受信料が高いなんて言ってたの、
撤回いたします。( ̄▽ ̄)

■ 断食について

━━━━━━━━━━━
【2】ドキュメント72時間・再放送
━━━━━━━━━━━

6月28日に放送された、
NHKのドキュメント72時間。

ゲストの声を中心に、
ありのままのやすらぎの里が、
映し出されていました。

「先日、見逃した~」
という方は、再放送がありますよ。

7月6日(土)11:25~11:54
NHKドキュメント72時間「断食 空腹の向こうがわ」

この放送、予想をはるかに上回る反響で、
もう、うれしい悲鳴です!

スタッフのみんなで、
「こんなにも多くの人に求められていたんだ」と、
忙しいけど、みんな生き生きしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

リピーターの方で、
テレビで取り上げられたので、
混み過ぎて雰囲気が変わるんじゃないか、
と心配される方もいますが、
大丈夫です!

やすらぎの里は、
もともと混んでいるので、
いつものペースで淡々とやっていますよ。

ただ、直前の予約が取りにくくなっているので、
予約は早めにお願いしますね。

また、予約が多くなると、
キャンセルも多くなるので、
すぐに来たいという方は、
是非、キャンセル待ちを申し込んでください。

■ 3館の予約はこちらから

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は6月19日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

20代から70代まで、
様々な方が滞在した週でした。

最後のシェアリングも、
みなさん思わず笑ってしまったり共感したりと、
数日間ともに過ごしたからこその
最高の場と時間になりました。

養生館 深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・

「価値観がひっくり返りました」 40代 女性

今までの価値観がひっくり返りました。
苦しまなくていい。
(そんなバカな!そんなこと許されるの??)

今までどれだけ体を正直に(適正)に
使っていなかったかが分かった。

無駄な物ばかりをため込んでいた。
体の機能をちゃんと使っていなかった。
ヨガでだいぶ本来の体に近づいたように思う。
体が軽く感じられる。

ぐっすり眠れたのも久しぶり。
まさか21時に寝られるなんて思わなかった。

TVがなくても平気だった。
TVの存在を忘れた。
面白い4泊でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「今年30才」 20代 女性

今までは、食べることに対する意識と
食べたことによる身体の変化を
見てみないフリをしていたのですが、
今年30才になるので、
もっと真剣に考えないといけないと思いました。

お菓子ばっかり食べずに、
ちゃんとごはん食べます!

・・・・・・・・・・・・・・・・

「来月かその後かに又」 70代 女性

自分のベスト体重まで、
もう少しがんばりたいので
来月かその後かに又、
来させていただきたいと思っております。

なかなか時間の調整が難しいが、
楽しかったですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「悩みもふきとびました」 50代 女性

ほんとうにお腹が空くとは、
こういう事かと身をもって体験しました。

頭の中が「食べ物」だけとなり
悩みもふきとびました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「とっても楽しい毎日」 30代 女性

5日間乗り切れるか不安でしたが、
終えてみると、とっても楽しい毎日でした。
ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・

「心はスッキリ」 50代 女性

仕事の事が全く気にならなくなってしまった。
(良いのか悪いのか不明だが、
心はスッキリしているから良いと判断した)

・・・・・・・・・・・・・・・・

「人間らしい生活」 30代 女性

人間らしい生活の大切さ
ゆったり自然の光と風の中ですごすことの大切さ
食事が少量でも意外とやっていけること

■ やすらぎの里の体験談

━━━━━━━━━━━
【4】 編集後記
━━━━━━━━━━━

今回のNHKの取材は、
かなり前からお話しがありました。

個人的にも好きな番組だったので、
受ける方向で話が進んでいたのですが・・・。
続きはこちらで>>

取材の週に滞在してくれたゲストのみなさん。
いや、すべてのリピーターのみなさん。

いつも、やすらぎの里を支えてくれて、
本当にありがとうございます!!
(^人^)

大沢

━━━━━━━━━━━

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 6/25 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』断ちごはん

『 やすらぎ通信 』 第740号 2019.6.25

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は雲の間から、
青空も見える穏やかな日。

今日は午後からみんなでお出かけ。

さくらの里で満開のラベンダーを見て、
城ケ崎の吊り橋を渡って、
老いも若きも、少女のようにはしゃぐ。

その後、神祇大社で「夏越の祓い」
茅の輪をくぐって、
お参りしてきました。

一週間で心も体もリセットして、
伊豆高原のいいところを全部回る、
癒しとお楽しみが盛りだくさんの、
ウェルスネスツアーです。

あじさいが咲き乱れる伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】断ちごはん

【2】ドキュメント72時間に出ます
6月28日(金)NHK総合 10:50~

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】断ちごはん

昨夜、家でテレビをつけたら、
BS日テレで「断ちごはん」
という番組をやっていました。

「断つ」「ごはん」というタイトルなので、
興味を引かれ、最後まで見てしまいました。

この番組はゲストに大好物を一週間、
完全に断ってもらった後に、
食の雑誌「dancyu」の編集長が、
名店の中から最もふさわしい一皿を出すという番組。

大好物を一週間、
完全に断ってから食べたら、
そりゃ美味しいですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その番組は、
食べものバラエティー番組ですが、
バラエティー番組でも「断つ」
という切り口が使われていたのが、
今の時代を反映している気がしました。

世界中の美味しいものが、
手軽に食べられるようになったおかげで、
美味しいものを食べても、
感動するような美味しさが、
感じられなくなっている。

それが「断つ」という体験を通して、
最初に食べた時のような、
感動的な美味しさが蘇ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が好きなものだからこそ、
あえて一週間「断つ」

ラーメンを一週間断つ、
お酒を一週間断つ、
お菓子を一週間断つ、
パンを一週間断つ。

一週間後には、感動的な美味しさと、
生きる喜びが感じられると思いますよ。

いや~、自分では無理です。

そんな方は「断ち」仲間と一緒に、
やすらぎの里で楽しく、
「一週間断ち」してみませんか。

■ 断食について


【2】ドキュメント72時間に出ます

やすらぎの里が、6月28日(金)の
「ドキュメント72時間」で放送されます。

本館と高原館で72時間がっつり取材を受けて、
たくさんのゲストの方にご協力いただきました。

NHKの番組なので、
やすらぎの里の名前は出ないで、
「静岡の断食道場」という紹介になるようです。

NHKが今の時代の切り口で、
どんな風に編集しているだろう。

個人的にも好きな番組なので、
とっても楽しみです!


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は6月9日から6泊7日で、
本館に滞在されたみなさんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨真っ只中、ずっと雨の予報が、
始まってみれば、いい天気の日も多く、
ホタルも見れて、
気持ちのいい週でした。

年齢、性別、職業、国籍、
いろんな価値観の人たちが、
一緒に過ごすことで、
自分の大切にしたいことにも、
深く気づけるようです。

大沢

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「気持ちの変化を感じられた」30代 女性

日常を離れて自分の体と心と向き合い、
病気や体調不良のことを考え直す、
きっかけになりました。

ヨガやマッサージ、食事で、
確実に体は健康的に変化しましたが、
何よりも気持ちの変化を感じられたことが、
私にとっては大きく、
前向きに生きていく元気が湧いてきました。

体調を良くすることにしか、
目を向けていなかったため、
気持ちが変化したことに、
自分でも驚いています。

先生やスタッフのみなさんに、
心から感謝します。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「サポートもしっかりして」30代 女性

先生もスタッフさんも愛情たっぷりで、
とても幸せな気分で過ごさせていただきました。

断食も仲間がいて、
サポートもしっかりしていて、
とても安心してできました。

どうしたら健康でいられるのか、
私には何が必要で、
何は十分なのかがよく分かりました。
来てよかったです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「体を内と外からケア」40代 女性

自然の中で過ごすことの良さを
改めて感じました。

第二の実家だと思っています。
ホントに。

体を内側からと外側からケア出来て、
自分をよ~く見つめられました。

頭も休まって、スッキリしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「健康的な生活をすると」30代 女性

食事が不規則だったり、
お酒の量がかなり多いので、
体を休ませたくて参加しました。

みんなで出かけたり、
朝から健康的に運動もできて、
遠足気分で楽しかったです!

健康的な生活をすると、
気持ちも体も軽くなって、
小さな幸せもたくさん感じるようになって、
とてもいい経験でした。

年に1、2回は参加したいです。
妹や友達も誘って、また来ますね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の新たな面を発見」40代 女性

大勢の方と一緒に断食し、
プログラムをしていると、
自分の新たな一面を発見できて驚きました。

自分と他人との違いに気づき、
すべての出会いは愛の始まりだと感じました。

他人を愛すること、自分を愛すること。
他人に感謝すること、自分に感謝すること。
他人の個性を愛すること、自分の個性を愛すること。

至福の時間をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「糖質依存の改善」70代 女性

糖質依存の改善と、
減量のために参加しました。

参加されているみなさんが、
同じ目的を持って参加されているのが、
とても印象に残りました。

事前に一人で参加することに、
抵抗がありましたが、
心配の必要はなかったと感じました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

先週、東京の目黒雅叙園で、
娘の結婚式の衣装合わせをしてきました。

生まれて初めてタキシードを着て、
借り物のネコのようになって、
かみさんに笑われました。

まだあまりピンとこないんだけど、
本番になったら、
やっぱり泣いてしまうんだろうか・・・。

大沢

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

2019 6/11 (火曜日)

『 やすらぎ通信 』梅雨ダル

『 やすらぎ通信 』 第738号 2019.6.11

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は久しぶりに青い空が広がりました。

本館のテラスからは、真っ青な海と、
みずみずしい緑が一面に広がり、
とっても気持ちいい。

本館のテラス

昨日は一日中雨だったので、
太陽の光がより鮮やかに感じられます。

山の沢筋にホタルが舞う伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】梅雨ダル

【2】本館・年末年始特別プラン
12月28日(土)~7泊8日

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記

■ 養生館・しっかり動いてリフレッシュ


【1】梅雨ダル

梅雨のこの時期、
雨や曇りが続いて、
心も体も重だる~い。

やらなければいけないことが沢山あるけど、
なかなかやる気になれない。

そんな梅雨時の心身の不調を
「梅雨ダル」といいます。

低気圧や湿度が高くなると、
体がむくみやすくなるので、
血や水のめぐりが悪い人に、
よく出る症状です。

ダルイ

「梅雨ダルの解消法」

1、お風呂で下半身を温める

この時期は、下半身は冷えていることが多いので、
お風呂に入るか、足湯で、
下半身をよく温めてあげましょう。

2、目覚めにシャワーを浴びる

朝の目覚めが悪い人は、
熱めのシャワーで交感神経に刺激を与え、
全身を目覚めさせましょう。

3、目覚めの体操

朝、体を目覚めさせる体操をして、
全身に血液をめぐらせましょう。
おすすめは「太陽礼拝」
こちらの動画がおすすめです。

ヨガはちょっと苦手という方は、
やすらぎの朝の体操「練功十八法」もおすすめです。

4、歩く

天気がいいときは、空を見上げて、
お日様のエネルギーをいっぱい受けましょう。
天気が悪いときは、
明るい音楽でも聴いて歩きましょう。

5、早く寝る

朝にスイッチを入れるために、
夜は早めに寝ましょう。

調子が悪いときは、
遅くまで起きていると、
いろんなことを考えて、
余計に気分が落ち込むことも多いので、
夜は、ゆっくりお風呂に入って、
早めに寝てしまいましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どれもできない、
やる気が出なくて、
ダメですという方は、
今は充電の時間だと思って、
ごろごろしてましょう。

何もしないことに、
罪悪感を持たないのがポイントです。

寝ている間に、
体の自動修復機能が働いています。

この時期にしっかり充電と修復しておけば、
梅雨が明けて、暑くなった頃に、
きっと元気に動けるようになります。

■ 養生館で運動を始めるきっかけを


【2】本館・年末年始特別プラン

~心と身体に溜まった垢を落とし、
スッキリと新年を迎えてみませんか~

神祇大社

やすらぎの里の予約が、
一番混みあうのが年末年始。

ここ何年か、ほとんどの予約が、
一週間プランに前泊を付けた日程で、
埋まってしまう状況でした。

そこで今年は、
通常の一週間プランに前泊を付けた、
12月28日(土)から7泊8日の日程で、
「年末年始特別プラン」をつくりました。

予約の受付は6月28日(金)9:00から、
電話での受付となります。

やすらぎの里・本館
TEL 0557-55-2660

なお、年末年始の期間は、
特別プランのみの受付とさせていただきます。

今年の年末年始も、晦日詣出や初日の出、
玄米のお餅つきに養生おせちなど、
楽しくて、美味しいイベント盛りだくさんの予定です。

やすらぎの里で清々しい、
年末年始を過ごしてみませんか。

■ 本館・年末年始特別プラン


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は5月22日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「明るく前向きな気持ち」 40代 女性

当初ダイエット目的でしたが、今は定期的に来て
心の中の雑念を払い落し、
明るく前向きな気持ちを取り戻しています。

1月に来てから4ヵ月しかたっていませんが、
また新たな気づきもあり、
今後の生活の改善のヒントを頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食事への考え方が変わった」 60代 男性

食事に関する考え方が大きく変わりました。

普段は、あまり意識せずに、
食事していたことに気づかされました。
今後は体調の事を考え、
ここで教えてもらったことを
普段の生活に取り入れられるように
考えていきたいと思います。

最後の朝食は、色々な種類の野菜があり、
とても美味しくいただきました。
これからの食生活の参考にさせて頂きます。
5日間お世話になりありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お手本を頂いた気分」 50代 女性

シンプルに丁寧にすごしたいです。
お手本を頂いた気分です。
心のデトックスにもなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「時間に追われる事がない」 50代 女性

日常生活での仕事、食生活、
人付き合い、テレビなどを忘れる事によって
脳がおだやかになり、
ぐっすり眠ることが出来ました。

また一つ一つをゆっくり丁寧にすることが出来ました。
時間に追われる事がないのは
リラックスでき良かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ストレスをいかに解消していく」 60代 女性

やはり、ストレスをいかに解消していくか、
そこだと思いました。
同じテーブルの皆さんとも話しました。

土曜日の最後の先生の話を聞いて、
身体を動かすこと等、実行したいと思います。
ありがとうございます。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今朝の散歩は「池の里山」コース。

雨上がりの朝だったので、
雨に濡れたアジサイが、
朝日に照らされ、輝いていました。

池の里山

何日か太陽が出ていなかったので、
太陽の光が気持ちいい。

この時期は、晴れたら何より、
お日様の下を散歩ですね。

大沢

■ やすらぎ日記

  • LINEで送る
  • 感想を送る
  • ページを印刷

  • お手軽プラン

    2泊3日 29,400円(税別)

  • 基本プラン

    3泊4日 44,100円(税別)

料金には、宿泊、食事、面談、マッサージ、カッピング、岩盤浴、講座、温泉、入湯税が含まれています。

空き室状況&ご予約

  • ページを印刷
  • 感想を送る
  • LINEで送る
  • 初めての方へおすすめ!やすらぎの里無料メール講座
  • ページの先頭へ戻る