食べる瞑想

食べる瞑想。

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

食べる瞑想は、滞在中のプログラムのひとつになっています。

することは、いたってシンプル。

五感をフル動員して食べ物をいただく。
それだけです。

それも断食中、静かな空間で、姿勢を正し、呼吸を整えてから。
忙しい現代社会では、あまりない体験になります。

シェアリングの時間では、
みなさんで感じたことを共有します。

「こんなに味がしたのは初めてだ」
「今まで何を食べていたんだろう」
「こんなにレーズン一粒がおいしいなんて初めて」

生まれてから何十年と繰り返してきた食べる行為。
慣れてしまって気にも留めないかもしれません。
ですが、そこに生まれて初めての発見がたくさんでてきます。

食べる事を改めることは、「あぁ、生きている」と原点に帰る体験になると感じています。

「忘れないように、冷蔵庫に食べる瞑想のポストカードを貼っておきます。」
今週はそんなゲストもいらっしゃいました。

色々な情報があふれる食。
分からなくなってしまったときは、
断食、食べる瞑想を通して
原点に今一度立ち返る。

あらためて大事な体験だと今週は感じました。

コメントをどうぞ