「季節のエネルギー」

5月に高原館をオープンしたのには理由がありました。
春夏は草木の芽が伸びるように、
伸びていくエネルギーが満ちています。
そのエネルギーを使って、一気に立ち上げて、
軌道に乗せていきたかったからです。
そして、夏が終わって、
秋、冬に向かうこれから。
秋冬は、静まるエネルギーが強くなります。
これからの時期は、そのエネルギーを使って、
内を固めていく時期です。
そう、スタッフや運営のシステムなど、
マネージメントに力を入れていかなければ。
と、かっこいいこと言ってますが、
実は、内向きの仕事は苦手な私。
スタッフに助けてもらいながら、
気長にやっていこうと思ってます。


「今日のやすらぎ」
高原館の近くから見える“大室山”
夏の間は、鮮やかな緑だった山も、
少しずつ色づいてきました。
大室山

コメントをどうぞ