『 やすらぎ通信 』ゆっくりじわぁ~っと

『 やすらぎ通信 』 第743号 2019.7.16

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は今日も雨・・・。

一日中晴れていたのは、
いつだったか思い出せないくらい、
梅雨らしい天気が続いています。

今朝は雨だったので、
散歩をやめて目覚めのヨガに。

太陽礼拝でしっかり身体を目覚めさせてから、
呼吸法と瞑想。

太陽礼拝にアレンジを加えて、
汗ばむ程度に身体を動かします。

シャバーサナでひと休みして、
「4・7・8呼吸」をしてから、
5分間の瞑想。

その後、少し瞑想の説明をして、
さらに10分間の瞑想。

雨の音で心が静まるな~。
( ̄m ̄)

しっとり雨に濡れる伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】ゆっくりじわぁ~っと

【2】秋の実りと感謝の新月リトリート
9月28日1泊2日・本館にて

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】ゆっくりじわぁ~っと

高原館の館長のくさむら先生。

女性らしい細やかな気配りで、
ゲストのみなさんに、とても人気があります。

高原館のブログもコツコツアップしていて、
優しさあふれる文章で、心に響く方も多く、
コメントもよくいただきます。

今回は、そんあ高原館のブログから、
「ゆっくりじゅわ~っと」を紹介します。

こんにちは、高原館のくさむらです。

習慣化する、というのは、
なかなか難しいことだと思います。

「からだに優しいものを食べよう」

やすらぎの里にいるときは、
自然とそう思えます。

お家に帰ってからも、
数日、長い方は数か月、
からだに優しい食事を意識して生活をされます。

でも、さらに時間がたってくると・・・

加工品が多くなったり、
外食が増えたり、
お菓子を食べすぎてしまったり。

だんだんともとの生活に戻ってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それは当然のことだと思います。

何十年と続けてきた習慣が、
数日の体験で書き換わる。
それは難しいこと。

でも、それは、
「忘れてしまっているだけ」だけだとしたら?

「思い出せばいいだけ」です。

本当に地道な作業になりますが、
「忘れる→思い出す→忘れる→思い出す」
これを、たんたんと繰り返す。

思い出す瞬間、気づく瞬間。
この回数を日常で増やしていくことが、
地味でつまらないかもしれませんが、
習慣化への近道なのかな?
と思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ポテチの袋を開ける瞬間、
「(ハッ!)わたしからだに優しい食事したいんだったわ!」
と、思い出してみる。

話題のタピオカミルクティー屋さんの行列に並びながら
「(ハッ!)あたたかいハブ茶も美味しかったんだわ!」
と、思い出してみる。

思い出すと、今やろうとしていたことを、
冷静に見られるような気がします。

この「ハッ!」という瞬間が、
意外と大切なのではないかな?
と感じています。

もとの生活に戻ってしまう。
それは当然のことだよなぁ・・・、
と、心底感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゆっくりとゆっくりと。
時間をかけて、新しい習慣をつくっていく。

「ハッ!」という習慣がだんだんなくなって、
からだに浸透していく。

時間はかかるかもしれませんが、
ゆっくりゆっくり、
じわぁ~っと変えていく。

そんな風がよいのかな、と思いました^^

■ 高原館・スタッフ日記


【2】リトリートのお知らせ

静岡のカウンセリングセンターの
「心理カウンセリング想月・そうげつ」が、
やすらぎの里・本館でおこなうリトリート。

「秋の実りと感謝の新月リトリート」が
2019年9月28日1泊2日
やすらぎの里・本館でおこなわれます。

ドラマセラピー、アロマオイルワーク、食の話に、
タッピングタッチ、笑いヨガ・・・などなど。

講師もバラエティー豊かに、
秋の新月に合わせたスペシャルなリトリートです。

夏の疲れを癒しながら、
様々なワークショップを体験してみませんか。

一般の方も参加可能のリトリートです。

■秋の実りと感謝の新月リトリート


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は7月12日から高原館に滞在した皆さんの声です。

「断食が辛くなかった」という感想を
多くいただきます。

改めて思い出してみると、
断食しているのに、皆さんの表情は、
日に日に晴れやかになっている。

もちろんお腹は空いているはず。
だけれど、
「お腹すきましたぁ~・・・」と言う
ゲストさんの表情は笑顔。

ずーっと何も食べない、では、
笑顔になんかなれないはずです。
でも、期間限定で、あえて食べない、
ということを選択すると、
空腹も笑顔で乗り越えられます。

そして、断食中の空腹をいやしてくれる、
種類豊富なドリンク。
これも強い味方です。

温泉や岩盤浴に入って、
のんびりお散歩して、
美味しいドリンクを飲んで、
ぐっすり眠って。

やすらぎの里の断食は辛くない。

嬉しいご感想です。
ありがとうございます^^

くさむら

・・・・・・・・・・・・・

「原点はここだ」 70代 女性

心のこもった対応感動しました。
78年間夢中で生きてきましたが、
むだなく、原点はここだ、
と感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「また来ます!」 50代 女性

定期的に来て、リラックスと余計なものを
除くことをしたいです。
(予約がとりづらくなって残念・・・)
今回もゆったりとすごせました。
ありがとうございました。
また来ます!

・・・・・・・・・・・・・

「自分の素のままで」 50代 女性

今回も心地良い時間を過ごすことが
出来ました。

“100点を取らなくても良い”
という大沢先生のメッセージが、
とても心にひびきました。

頑張らずに自分の素のままで
生活していこうと、
改めて感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「自然と向き合う時間」 40代 女性

自分のことを今後はもう少し
計画的にすすめていきたいと思いました。
やはり自分には、
自然とゆっくり向き合う時間が、
とても大切と感じました。

・・・・・・・・・・・・・

「あ~ここに来て良かった」 女性

高原館に着いたときに、
ふっときもちの良い風が体にあびて、
あ~ここに来て良かったと感じました。

ただなにもしなくていい時間を過ごせて
感謝です。
スタッフの皆様、他のゲストの方、
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・

「また来たいです」 20代 女性

半年~一年に一度、
リフレッシュのために来ます。
毎回来るたびに、
お茶や献立も変わっていて楽しい。
食べることの嬉しさ、喜び、
身に染みました。
また来たいです。

・・・・・・・・・・・・・

「楽しみながら断食」 50代 女性

初めての一人旅で、時間を上手に
使えるかな、等、少し心配していましが、
自分の心と体の状態に、
耳を傾けることができ、
自然に「動く」より「休む」を選ぶことが
できました。

断食も飲み物が色々あって、
楽しみながら苦なく行うことができ、
ちょっとびっくりしています。

・・・・・・・・・・・・・

「断食中辛くないです!」 30代 女性

断食中の食事もバリエーションがあって
辛くないです!
毎日の食事、具だくさんのお味噌汁から
はじめます!

日頃いかに脳を使い過ぎていたか
気づきました・・・。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

今度「やすらぎの里の小冊子」
を作ることにしました。

その小冊子に一週間の食事を掲載するため、
本館で出している食事を撮影し、
毎日、その食事を食べています。

今までもゲストに出した、
残りのものは食べていましたが、
きちんと盛り付けされて、
一人前になっているものは、
食べてなかったな~。

丁寧に盛り付けされた、
一人前の適量の食事。

一週間の養生食のコースに、
参加している人の気持ちになって、
味わって食べていると、
気づくことがたくさんあります。

うん、やすらぎの里の食事って、
改めて「素晴らしい!」って、
実感してます。d(⌒ー⌒)

大沢

コメントをどうぞ