書いてすっきりする

こんにちは、養生館の深澤です。
(写真は、橋立つり橋です。)

最近何かスッキリしない…そう感じている方も多いのでは?と思います。

じゃあどうしたらいいか。

人間の基本的な働きであるインとアウトの事を考えると
「外へ出す」が良いのではと思っています。

具体的には、話す、書く、動くなどです。
特に今の時期なら書くことがやり易いですよね。

これは昔からある方法で、今感じていることを(テーマに沿って)紙に書き出す、ジャーナリングと言う手法があります。
書く瞑想とも呼ばれています。

僕も最近、大沢先生、叢先生を見習って研究中です。

実際やってみると、最初はネガティブな事が出てきても、
ひたすら書き出していくと、スッキリするだけでなく、
どうしたいいのか、納得のできる自分なりの答えが見えてきたりします。

研究によると、ジャーナリングは
書いてスッキリよりも、これからどうするかのヒントにつながる可能性が高いとの事です。

会話も同じですよね。話すことで、何かのヒントが生まれます。
今は会話の機会が減り気味だと思うので、
そんな時は自分との対話を増やせる絶好の機会です。

なので、まずは溜め込まずにしっかり出す。
紙とペンを持って、5分間今感じていることをひたすら書いてみると
結果、スッキリ感だけでなくヒントも得られるかもしれませんよ♪

コメントをどうぞ