信じて、ゆだねる

今朝の散歩はバスで一碧湖へ。

散歩の相棒の柴犬の海も連れて行くので、
運転席の隣に、座らせます。

きちんとお座りをして、
運転する僕の顔をじっと見つめて、
お利口にしてます。

信じて、ゆだねる。

いいことがあろうとなかろうと。

自分の期待通りにならなくても。

自分の思うような対応をしてくれなくても。

ただ、ただ、
信じて、じっと待っている。

信頼って、
そうやって育っていくんだな~。

大沢

コメントをどうぞ