『 やすらぎ通信 』自分に優しくする時間

『 やすらぎ通信 』 第813号 2020.11.07

~ 心と体をリセット ~
断食リトリート・やすらぎの里から、
伊豆高原の爽やかな風をお届けします。

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは
高原館のくさむらです。

この一週間で、
わたしがが家を出る早朝は
暗くなってしまいました。
朝晩ともに鍵穴が見えづらいです。

世の中は色々なことがありますが、
そのような変化に惑わされることなく、
季節は着々と進んでいますね。

大室山が黄金色に色づき始めた
伊豆高原から
やすらぎ通信をお届けします。

【目次】━━━━━

【1】自分に優しくする時間
【2】朝のお出かけ散歩
【3】寄せ書きから
【4】編集後記

━━━━━━━━━━━
【1】自分に優しくする時間
━━━━━━━━━━━

こんにちは、高原館のくさむらです。

自分の気持ちを言葉にすると、
心身が軽やかになります。

どうしても日常では頭の中だけで
考えてしまうことが多くなります。

自分の気持ちを
「話す」「書く」というのは、
意外にエネルギーを使うので
面倒なことです。

言うとなれば、相手が必要。
話を聞いてもらうというのも、
「申し訳ないな・・・」
なんて気持ちがわいてきて、
気軽に出来なかったりします。

では心の中でしっかりと
言葉にするのはどうでしょうか。

その瞬間に感じていることを、
しっかりと心の中で言葉にする。

実際にやってみたところ、
「なかなか難しいなぁ・・・」
というのが正直な感想です。

数秒から数分は感じられますが、
長く続けることが難しい。

心の中はいつもさまよっていて、
集中し続けるのが
難しいのかもしれません。

「話す」「書く」というのは、
その感情に集中しやすい状態を
作っているのだろうなと思います。

日常では自分の感覚や感情に
意識を向けられていないことがほとんど。

自分の感覚や感情に
意識を向けられている時間は、
自分を労わる時間になります。
ストレスケアの時間になると思っています。

反対にその感覚へ
意識を向けられていない時間は、
自分が思っている以上に、
気力体力を使っている気がします。
ストレスを感じる時間に
なっているのかもしれません。

一日の大半、
自分の感覚へ意識が向かなかったら、
ストレスは緩和されないまま。

日々言葉にすることを
意識しているわたしでも、
「全然足りないんだろうなぁ・・・」
と感じています。

「話す」「書く」という行為自体
もちろん大切です。
でもそれにかける時間というのも
大事なんだろうなと思います。

自分の内側に
意識を向ける時間を増やす。
そしてその言葉が
「正直な気持ち」であるかも大切です。

自分の内側に「集中」するために、
「話す」「書く」ことは効果があるようです。

ストレスをためやすい人ほど、
「話す」「書く」の時間を
増やしていただきたいなと思います。

その時間は
ストレスケアになると感じるからです。

ストレスが大きいと最初のうちは
何も効果を感じないかもしれませんが、
じっくり続けているとある時
軽やかさが得られると思います。

「話す」「書く」という方法は、
こうして書けば書くほど、
地味で地道な作業だなぁ・・・
と気づかされます。

でも「話しているその時間」
「書いているその時間」は、
自分に優しくできている時間だと思います。

劇的な変化は望めないですが、
優しい時間を増やすことで
穏やかさを取り戻せるかもしれません。

高原館の「今!」(裏側も?!)を公開中です~♪
⇒高原館のFacebook

高原館の空き室状況はこちら>>>

空き室状況

━━━━━━━━━━━
【2】朝のお出かけ散歩
━━━━━━━━━━━

大沢先生からの投稿です。
本館では定番の
お散歩コースになっている一碧湖。
もう少し寒くなると、
きれいな紅葉が見られます^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝は本館のみんなを連れて、
一碧湖へ朝のお出かけ散歩。

風がなかったので、
湖面が鏡のようになって、
青い空が映えて、
とってもきれいでした。

よく見ると、
湖面から湯気が上がるように、
もやがかかっています。

一碧湖の周りは
紅葉も始まってきました。

周囲の遊歩道は
整備された土の道で、
海ちゃんもうれしいらしく、
イキイキと歩いていました。

朝のお出かけ散歩は、
運動としての効果だけでなく、
朝日を浴びることの
体内時計の正常化、
自然の中を歩くことによって、
心を安定させる
セロトニンの分泌が活性化し、
心身をリフレッシュするなど、
疲れた心にも効く散歩です。

美しい一碧湖の写真と
イキイキうみちゃんの写真は
こちらから>>>

朝のお出かけ散歩

大沢先生に会える!
本館の空き室状況はこちら>>>

空き室状況

━━━━━━━━━━━
【3】寄せ書きから
━━━━━━━━━━━

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は10月26日から
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シンプルに生きる。
大事だなぁとゲストの方から教わりました。
色々やりすぎてしまうのをやめてみると
なくても意外と平気なんだと、
安心を感じる方が多いです。

そもそもなくても大丈夫だったし、
既にあったんだ。
そんな発見があるのが
リトリートの醍醐味です。

深澤

「シンプル」 40代 女性

何もかも、シンプルに。
シンプルを楽しみながら生きようと思った。

食べ物
→味付けもシンプルに。
食材の味を生かす。
本当に必要な量だけ
ゆっくり味わって食べる。


→家を断捨離して、
本当に必要なものを大事に使う

家族に対して
→あれこれ求めすぎてイラつかない。
健康で生き生きとしていれば
それでいいと思うようにする。

自分に対して
→あれもやらなきゃ、
これもやらなきゃと思わない
やりたいことを楽しんでやる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いい習慣を」 40代 女性

久しぶりにやすらぎに来て、
頭も体もすっきり、
とてもリラックスできました。
もっと自分の心や体に耳をかたむけ、
本当に必要なことをたくさん
与えてあげたいと思いました。

少しずつ食事に気をつけたり、
体を動かしたりするなど
いい習慣を身に着けたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「脱成果主義」50代 女性

体を大切にする。
無理をしない
心を喜ばせる
脱成果主義
自然の癒し効果

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の身体に優しく」40代 女性

自分は今まで自分の身体に
優しくしてあげることが
できていなかったんだなぁと感じた。

食べ過ぎ、飲みすぎはわかっていたけど、
自分が思っていた以上にひどい状況でした。

気付いた事。
私はそんなに食べなくても元気だ!!
食べ過ぎて活動している方が
しんどかった。

(最終日の日に参加された皆さんと
仲良くできてよかったです。
仲間になれた気がします。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「食事を楽しく空腹をおそれず!」50代 女性

一週間がとても短く感じられました。
空腹が全く辛くありませんでした。
お食事がおいしく
皆さんとても穏やかで優しかったです。

食事を楽しく
空腹をおそれず!
ケガが治ったら
ウォーキングを始めたいです!
徐々に体質改善を目指したい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優しく爽やかなイケメンはるか先生が
養生館でお待ちしています>>>

空き室状況|養生館

━━━━━━━━━━━
【4】編集後記
━━━━━━━━━━━

高原館からは
金・土・日と
駅まで行くマイクロバスが出ます。

その運転手は、
なんと大半が大沢先生。

高原館で待っている皆さんは
最初気付かなかったりします。

しばらくして小声で私に

「あのぉ・・・
あれはもしかして・・・
大沢先生ですか?」

と聞いてこられ、
「そうですよ!」とお答えすると、

「えーーーー!!!!
バスの運転までされてるの?!」

と驚かれます。

高原館で大沢先生の講座は
ありませんが、
大沢先生の運転するバスに
乗ることが出来ます^^

━━━━━━━━━━━

大沢先生の個人ページです(^^)/
皆さんからのメッセージが、
大沢先生の力になります!
https://www.facebook.com/yasuragi.osawa

━━━━━━━━━━━

コメントをどうぞ