『 やすらぎ通信 』秋の養生法

『 やすらぎ通信 』 第749号 2019.8.28

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝から、
雨が降ったりやんだりの不安定な天気。

今朝は目覚めのヨガをやってから、
呼吸法と瞑想をしっかりやりました。

シーンとした中に雨の降る音、
雨がやんで虫の鳴く声が響きます。

朝からしっかり瞑想すると、
思考が静まり、落ち着いて仕事できるな~。

パンパスグラスが満開の伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】秋の養生法

【2】やすらぎのレシピ
「蓮根のきんぴら」

【3】やすらぎの体験談

【4】編集後記


【1】秋の養生法

東洋医学の古典「素問」には、
それぞれの季節の養生法が書いてあります。

その中で秋の養生法は、
次のように書かれています。

原文は漢語なので、
小曽戸丈夫先生の新訳を載せますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「秋の三か月を、容平(ようへい)という。
それはものの形が定まる季節である。

この期間は、
天地の気が引き締まって澄んでくるように、
すべてのものが収斂してくる。

この時にあっては、
早く寝て早く起きることが、
ちょうど鶏の寝起きのようであるべきだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

志を安らかにして、
あれもしなければならなかった、
これもしなければならなかったと、
心の中に欲望を押し込めるようなことはせず、
遂げ得なかった志を悔やむことなく、
心をゆったりとさせる。

精神を落ち着かせて
秋の天地の粛殺の気が身体を損なうことのないようにし、
志を遂げようとしてやたらと動き回り、
冷えを受けて肺の臓を
冷やすことが無いようにしなければならない。

そのようにできれば、
それが秋における収斂を特徴とする
天地の気に相応じる所以であって、
これこそ、秋時の養生法というものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしこの養生法に従わず、
むやみに精神を動揺させたり、
あるいは秋の冷えに当たりながら過労したりすると、
秋に盛んに活動している肺の臓が傷害されて病となる。

たとえすぐに発病しなくても、冬が来ると、
これが因となって下痢を起こす病となる。

それは、秋に受けた傷害が元になって、
冬の蟄蔵(ちゅうぞう)の気力が減少する結果、
病が表面にでてくることになるのだ。」
(素問 新訳 小曽戸丈夫)

これをザクッとまとめると、

「秋は志を安らかにし、
心をゆったりさせ、
早寝早起きをして、
体を冷やさないようにすること」

秋は、夏の陽から、冬の陰に、
エネルギーが切り替わる時期。

だから、外に広がる活動よりも、
内を充実させる活動に切り替え、
エネルギーを充電しなさいということです。

■ やすらぎの里について


【2】やすらぎのレシピ

東洋医学では、秋は、
肺の季節と言われています。

そして、肺を養う食べ物が「蓮根」

そこで今回は、蓮根を使った、
簡単な「蓮根のきんぴら」を紹介します。

「蓮根のきんぴら」

~ 材 料(5人分)~

・レンコン     300g
・塩        ひとつまみ×2
・日本酒      適量
・薄口しょうゆ   適量
・濃口しょうゆ   少々
・七味       少々
・白すりゴマ    適量
・油        少々
・酢(酢水用)   少々

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ 作り方 ~

1、レンコンは薄めの半月切りにして、
酢水につけておき、炒める前にざっと水洗いし、
ザルにあげて水切りをする。

2、熱したフライパンに多めの油をひき、
1のレンコンを入れ、
塩をひとつまみ加えて炒める。
※変色防止のため、油は多めに入れてください。

3、レンコン全体に油がまわったら、
日本酒をひとまわし入れ、
蓋をして弱火で5分間蒸し焼きにする。

4、歯ごたえが残る程度になったら、
塩ひとつまみ・薄口しょうゆを入れ、
水分を飛ばすように炒める。

5、香り付けに濃口しょうゆを入れ、
最後に七味とすりゴマを加えて、
混ぜ合わせたら、出来上がり!

■ やすらぎの食事


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は8月14日から養生館に滞在した皆さんの声です。

養生館は、とても静かで、
緑がたくさん感じられる場所ですが、
今週は屋上の露天風呂が大人気。

朝は日の出、
夜は月を見ながらお風呂でのんびり。

それだけでも来る価値ありだと、
シェアリングでも盛り上がった週でした。

養生館にいらした際には、
是非屋上へ~♪

深澤

「毎年一回は」 50代 女性

心と身体のリセットができたことは勿論、
人と人との出会いや、新しい自分自身との出会い。

新しいリラクゼーションの方法、
マッサージの技術など、
多くを得ることができました。

参加者の皆様が、
各々が幸せな時間を過ごしていて、
それを共有、共鳴させることで
自分自身が更に幸せを感じることができました。

昨年、心に決めた通り、
これから質の高い人生を送れるよう
毎年一回は必ず「やすらぎの里」で
生活をしたいと今年も感じました。

スタッフの皆様、
あたたかいおもてなしありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「涙があふれました」 50代 女性

食べることを改めて考えました。
(おなかが満たされたら食べる事をやめる)

体を動かし汗をかくことの大切さ
野生動物としての生き方を見つめると、
不思議と生きるパワーがでてくる。

最終日のヨガの時間の「感謝のめいそう」の時
ハルカ先生の声に自然と涙があふれました。

「幸せになれますように」
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今、ここ」 50代 女性

頭と体がすっきりして
今、ここを感じて生きていこうと思いました。

ありがとうございました。
またきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「浮山温泉郷自体が非常に静か」 50代 

環境を変えることの大切さを改めて実感。
毎朝ランしても食事は、
今回の量で十分ということがわかった。

浮山温泉郷自体が非常に静かであり、
4泊を過ごすに非常によかった。

深澤先生は若いのにも関わらず、
全員年上の強者をうまくコントロールしていました。

ありがとうございました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「音がない状態」 50代 女性

今回は、時間をゆっくり過ごせました。
音がない状態で過ごすことの大切さ。
大事なことに気づかされた日々でした。

これからの生活で、取り入れて行きたいのと
「続けること」をポイントに
生活を変えていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「意識が変わりました」 50代 夫婦

これからの食生活を
もっと見直していけたらと思います。

家ではやせることができないのですが
こちらに来させてもらって、
主人は4kg私は3kg落とすことができました。

自分の体に対する意識が変わりました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「主体的に人生を生きる」 50代 女性

主体的に人生を生きる!!(特に食行動)

気持ちがしずんでいるときほど
体を動かすって大切。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(妻)
意識して、日常生活から距離を置き、
流れを変えていくこと。

食事、運動、呼吸、施術、自然、温泉、人との交流、
それらすべてを通じて自分の心の動きを見つめること、
そして意識していきたい方向へ流れを変えていくことの
重要性を再認識しました。

(夫)
このような環境に身を置くことでもいいし、
自宅でもホテルでも実践できることが
たくさんあるなと感じました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】 編集後記

NHK効果もあって、
養生館も大賑わいの週が続いています。

場所もプログラム自信をもっておすすめできるので、
知ってもらうって大事だなって痛感しています。

大人のゲストのみなさんにもまれて、
やすらぎの里のイケメン王子のはるか先生も、
堂々としてきました。

秋の養生のために、
養生館でリトリートしてみませんか。

大沢

コメントをどうぞ