『 やすらぎ通信 』歩きながら考える

『 やすらぎ通信 』 第775号 2020.4.10

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は薄曇りの空。

昨日まではちょっと暑いくらいだったけど、
今日は少し冷えています。

今年はつつじの花も早くて、
かなり咲いてきました。

朝、海と散歩してると、
ほのかにつつじの爽やかな香りがしてきます。

葉桜がきれいな伊豆高原から
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】歩きながら考える

【2】おすすめの本

「大阪天神橋昆布問屋の昆布水レシピ」
天満大阪昆布 喜多條清光著

【3】寄せ書きから

【4】編集後記


【1】 歩きながら考える

今回は、細やかな気配りで人気の
高原館のくさむら先生の記事を紹介します。

こんにちは、高原館のくさむらです。

お家の中で過ごす時間が
長くなっていることと思います。

ずっと室内にいると、
気分がしょんぼりとしてくる。
みなさん、そんなことを感じているのではないかな、
と思います。

そんなときは、少しの時間でも、
お散歩に出かけるのがオススメです。
人との接触が気になる場合は、
時間や場所を工夫してみてください。

マインドフルネス的には、
歩くことだけに集中するのが良いとされますが、
なかなかこんな時に難しいことです。

マインドフルネスの講座を受け持っているわたしが
こんなことを書くのはまずいのかもしれませんが、
あえて言ってしまうと…

わたしは「考えるため」に歩いています。

ぜんっぜん、
マインドフルネス的ではないですね。
苦笑

わたしは、歩く時に、
思考の整理整頓をしています。
なので、むしろ積極的に考えて、
考えることに集中します。

普段はあれこれしながら
頭の中でもあれこれ考える、
という状態なので、
考えることに集中なんて、とても出来ません。

でも、歩いている時だけは、
考えることに集中出来ます。

そして歩きながら考えることの最大のメリットは、
ネガティブな考えになりづらいことだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

家の中でソファーに腰掛けながら悶々考えていると、
どうしてもネガティブな思考回路になってきます。

それが不思議なことに、
歩きながら考えていると、
ネガティブになりづらくなります。

グルグル思考から抜け出し、
建設的に考えられるように思います。

お家の中で気分が落ち込んで来ちゃったな…、
と感じたら、少しの時間、
外を歩いてみてください。

頭の中がちょっとスッキリするかもしれません。

■ やすらぎの里の営業について


【2】おすすめの本

「大阪天神橋昆布問屋の昆布水レシピ」
天満大阪昆布 喜多條清光著

自宅にいることが多くなり、
自分で料理を始めていますという声もよく聞きます。

お料理の基本は「お出し」
だけど、出汁を取るのは手間がかかって、
そう思っている方多いですよね。

この本で作る「昆布水」は、
水に入れて置くだけで、
冷蔵庫で一週間くらい持ちます。

さらに、いろんなお料理に使えるので、
作っても無駄になりません。

一番のおすすめは、
ご飯を炊く時のお水を昆布水にする。

ご飯が料亭のご飯みたいになりますよ。

どんなものか試してみようという方は、
喜多條さんのお店をチェックしてみて。

■ 天満大阪昆布


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は3月18日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リピーターの方が多い週でした。
ここに来ると自然とゆるむ、
自分としっかり向き合える、
考え事が集中してできるなど、
色んな方がいらっしゃいます。

ここに来たらこのモードになる。
それってとてもシンプルで大事なことだと
改めて感じた週でした。

養生館 深澤

「食をたのしみながら健康的に過ごす」 40代 女性

今回は、皆さん明るく、
途中若干具合が悪くなりましたが、
みなさんのおかげで、
最小限のダメージですんだのかな、と思います。

気の持ちよう、心のもちようも
行動に現れると思いました。

コロナウイルスがありましたが、
やっぱり来てよかったなと、心から思います。

教えていただいた呼吸法や、瞑想、ヨガ、運動…
これからも少しずつでも続けていきたいです。
丹田タンデンタンデン…も、やってみます。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あっという間の5日間」 40代 女性

普段いろんなことを考えてしまうが、
瞑想やここで過ごした事によって
一旦やめて「今ここ」を意識することができた。

参加されたみなさんと楽しく過ごすことが出来て、
あっという間の5日間でした。
また参加したい。

■ やすらぎの里の体験談


【4】編集後記

「こんなときこそやすらぎの里に駆け込みたいのに、
行けなくて残念!」という声をたくさんいただきます。

僕もどんな形でもいいので、みんなの力になりたい。

昨日は若いスタッフとzoomで、
僕らに何ができるのか、ミーティングしました。

まずは、すでにやっているメルマガをこまめに配信しよう。
そして「自宅でプチ断食」のサポートもしてみようか。
今まで撮りためた、やすらぎの里の食事の写真も
アップしてみようとか、いろんなアイディアが出ました。

そんなことで、いつもは週一回の配信ですが、
これからは、ちょくちょく配信しますね。

■ 高原館のゆるゆる日記

コメントをどうぞ