やすらぎの里総合トップページ

口コミで人気の伊豆の断食道場・宿泊施設
日常を離れて、健康的なダイエットや食生活、体質改善に効果
温泉とマッサージがついているので、楽しく断食ができます。

トップ |  やすらぎの里について |  代表から |  断食について |  人気の秘密 |  利用案内 |  アクセス 

ご予約・お問い合わせ

自らを食べる

孫を抱くおじいちゃんのようになっている大沢です。

海ちゃんの迷惑そうな顔がまた可愛いのよ。


「自食・オートファジー」

断食で身体が若返るとか、
断食が身体の大掃除になる
という話を聞いたことはありませんか?

今回は断食が身体にいい理由のひとつである、
オートファジー(自食)について取り上げてみます。

Auto はギリシャ語で「自分」、
phagyは「食べる」の意味です。

Wikipediaによると、
“オートファジー (Autophagy)とは、
細胞が持っている、
細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つで、
自食(じしょく)とも呼ばれます。“

「オートファジーとタンパク質」

この自らを食べるオートファジーの働きは、
空腹になったときに活発に働くようになります。

食べられないという、
生命にとっての危機を感じると、
身体は生き延びようと、
必死の適応を始める。

細胞は自らの細胞の中にある、
傷ついたり、老化したタンパク質を食べて、
必要なたんぱく質の素を作るのです。

ちなみに、成人男子は一日に、
200gのタンパク質を合成しています。

しかし、食べ物として取り込むタンパク質は、
平均60~80g。

毎日140~120gも足りない分、
どうしているかというと、
オートファジーで作り出された、
リサイクルされたタンパク質なんです。

タンパク質を取らなければ筋肉が減ると、
お腹も空いていないのに、
タンパク質をただ取り込むだけだとダメなんです。

入れる前に空っぽにして、
オートファジーの働きで、
ゴミのタンパク質を使い切ってから、
良いタンパク質を適量入れる。

空腹で運動すると、
オートファジーの働きは、
さらに活発になります。

これって、断食しながら散歩してる、
やすらぎの里の生活そのものじゃないですか。

断食はただ痩せるだけでなく、
オートファジーの働きで、
細胞の中の大掃除をして、
体の内側からきれいになれる方法なのです。

「オートファジーと断食」

オートファジーの機能は、
誰でも、同じように働いてくれるものではありません。

その人の体質や疲労や
ストレスなどの状況によって、
常に変化しています。

だから、ただ食べなければ、
オートファジーが働いて、
健康になるのかというと、そうではない。

その人の体質に合っているかどうか、
期間はどれくらいが適切なのか、
そこをきちんと見分けてやらないと、
返って逆効果になる場合もあります。

ほとんどの人が無理なく出来て、
体にいい刺激になるのが、
1~3日の断食です。

それ以上の長い断食は、
体の代謝を落とす原因にもなります。

また、断食だけやればいいのではなく、
基本は普段の食生活をきちんとする。

それが出来ない人は、
何か月かに一度、
断食で体の大掃除をする。

むやみにストイックにならず、
かといって、欲望のままでなく、
適度な節制と食の楽しみの、
バランスが大事ですね。

「断食×リトリート」という休日

コメントをどうぞ