『 やすらぎ通信 』睡眠が脳を洗い流す

『 やすらぎ通信 』 第760号 2019.11.26

~ やすらぎの断食先生が教える
心と体のリセット法 ~

やすらぎ通信の登録・解除はこちらから↓
やすらぎ通信

こんにちは、
やすらぎの里の大沢です。

伊豆高原は朝から冷たい雨。

一気に秋を通り過ぎて、
冬になった感じがします。

外は寒いけど、館内は暖房も効いているし、
温泉や岩盤浴の熱もあるのでぽかぽかです。

床暖房で足元が温かい食堂から、
しとしと降る雨を眺めていると、
心が静まってきますね~。

サザンカの花が散り始めた伊豆高原から、
やすらぎ通信をお送りします。


【目次】

【1】睡眠が脳を洗い流す

【2】おすすめの本
「血流がすべて整う暮らし方」

【3】寄せ書きから

【4】編集後記


【1】睡眠が脳を洗い流す

9月からいろんな仕事が立て込んで、
寝る時間が遅くなる日が続いていました。

朝は5時に起きて、ワンコと散歩するので、
寝る時間が遅くなると睡眠不足になり、
10月頃から、朝の目覚めもちょっと悪く、
日中の集中力も落ちてきました。

ようやく、忙しいのもひと段落したので、
何があっても早く寝ようと、
2日続けて、早く寝てしっかり睡眠を取りました。

やっぱり、よく寝ると調子いい。
朝の目覚めもいいし、日中の眠気もなく、
気持ちまで前向きになってきます。

そんなときに、
「睡眠中に脳内で毒素の清掃作業が、行われている様子を映像で明らかに」という記事を見ました。

脳は脳脊髄液という体液に浸っていて、
脳の老廃物を洗い流しているというのは、
以前から知られていました。

脳脊髄液は深く寝ているときに、
脳の隅々にまで入り込み、
脳に溜まった毒素を洗い流してくれるのが、
MRIの画像で分かるのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝不足で、なんか調子が悪いときは、
脳が毒素だらけになっているかもしれません。

やすらぎの里でも、
滞在中にたくさん寝た人ほど、
帰りの日に、めっちゃスッキリした顔してます。
脳の毒が洗い流されたからですね。

やすらぎの里の滞在は、
断食で内臓を休め、
散歩と温泉で全身の血流が良くなり、
たくさん寝て脳の毒素を洗い流す。

究極のデトックス施設だなと、
再認識した、自分の寝不足体験でした。

■ 養生館のプログラム


【2】おすすめの本

「血流がすべて整う暮らし方」

子宝リトリートでご一緒する
出雲の婦人科漢方の堀江先生の新著です。

一日、一ヵ月、一年を
ていねいに積み重ねることで、
心も体も健康になる。

堀江さんの言葉って、
心に染み込むような
優しさが感じられるんだよな~。

毎日少しずつ、
ていねいに読んでいます。

■ 堀江薬局のオフィシャルサイト


【3】寄せ書きから

やすらぎの里では、
来ていただいた方がお帰りの際に、 
寄せ書きを書いてもらっています。

滞在中の感想から感謝の声まで、
すべてスタッフみんなの活力になっています。

今回は11月13日から、
養生館に滞在した皆さんの声です。

男性が多い週でエネルギッシュに、
過ごされている方が多かったです。

食べなくても動ける、
むしろ軽いし、ご飯が美味しい・・。

みなさんの清々しい表情が、
とても印象的でした。

養生館 深澤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分らしさや自信」 40代 女性

日頃は日常の色々に追われて、
ひとつのことをゆっくり考えたり
集中したりできる余裕を失っており、
ひいては自分らしさや自信を失いがちです。

この4泊5日で、
それを少し取り戻すことが出来たように思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自然豊か」 50代 女性

一日目少食でも全然大丈夫だったので
普段の食事をまた見直したいです。

今回は2泊だけだったので、
4泊とか長いコースも来てみたいなと思いました。

自然豊かで、とてもリフレッシュでき、
養生館スタッフの方も
参加者の皆さんも良い方ばかりで
楽しかったです。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生活に活かせたら」 40代 女性

三食を決まり通りに食べるのではなく、
自分の体の声を聞いて食べないという選択も
あるんだと気づきました。

心のあり方や、物事の捉え方についても
明日からの生活に活かせたらなと思います。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「爽快感」 50代 女性

運動の大切さと、それを楽しくすること、
その後の爽快感を体験できました。

食事はだしを効かせることで、
薄味にできるなと思いました。
お料理がおいしくて
家でできることは、マネしようと思いました。
ありがとうございました。

■ やすらぎの里の体験談


【4】編集後記

9月から忙しい日が続いていたので、
フェイスブックやインスタの投稿も、
滞りがちになっていました。

つい見てしまうと、
そっちに気を取られて、
やるべきことに集中できなくなるので、
できるだけ、見ないようにしてました。

離れてみると、
普段使いすぎていることが良く分かる。

SNSが悪いのではなく、
依存的に使いすぎることが良くないだけ。

いい睡眠を取って、
脳の毒を溜めないためにも、
たまには情報断食も必要性ですね。

■ やすらぎ日記

コメントをどうぞ